志田未来演じる弁護士が法廷でも熱演!?風間俊介演じる黒澤には「闇が深そう」の声『勝利の法廷式』第3話

公開: 更新: 読みテレ
志田未来演じる弁護士が法廷でも熱演!?風間俊介演じる黒澤には「闇が深そう」の声『勝利の法廷式』第3話

志田未来主演の連続ドラマ『勝利の法廷式』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第3話が4月27日に放送された。トラウマを抱えた弁護士・神楽蘭(志田未来)が、偏屈な天才脚本家・黒澤仁(風間俊介)と組んで現代社会の闇を暴く、劇場型リーガルミステリー。最新話を見た視聴者からは、「まさか未来ちゃんが、演技の中で演技をするとは思わなかった」「びっくりだ! そういうことなのか!?」「風間くん演じる黒澤さんの闇、すごく深そうだな」などのコメントが寄せられた。

蘭の事務所に、母の弁護をしてほしいという青年・光(福山翔大)が訪れる。母・洋子(宮崎美子)は洋食店を営んでいたが、お店の継承をめぐって料理人の清水と口論となり階段から突き落としてしまったという。だが、洋子は清水から詐欺被害に遭っていた可能性が高い。そこで蘭たちは、詐欺を立証して情状酌量を狙うことに——‼

第3話で話題となったのは、志田未来演じる蘭が法廷で “演技”をするシーンだ。それは、真実を明らかにするために必要なことだったのだが、視聴者はこの展開にとても驚いたようだ。

Twitterでは、「まさか未来ちゃんが、演技の中で演技をするとは思わなかった」「蘭が法廷で、天才子役に戻ったように見えた!」「現実の演技力はもちろん、作中の演技力もピカイチだね!」「ラストのどんでん返し面白かったな~」「びっくりだ! そういうことなのか!?」という反響が上がった。

また、少しずつ明らかになっていく黒澤の過去についても、「蘭を利用してどうするつもりだろう?」「風間くん演じる黒澤さんの闇、すごく深そうだな」「ラストに映った、たくさんある指輪はどういう意味!?」「暗闇で寝そべる風間くんが美しすぎる」「黒澤に翻弄される蘭は、この先どうなってしまうのだろう?」と、早くもこのドラマの結末が気になるといった声が多く寄せられた。

毎回発生する事件だけではなく、黒澤が抱える闇に蘭がどのように関わっていくかについても注目が集まっている。このドラマ、同時に2つの事件を追いかける面白さがあるようだ。次回はどんな進展があるのだろうか?

【文:齋藤めぐみ】

PICK UP