愛おしいほど不器用な拓郎(眞島秀和)たちにエールの声!中田青渚の演技には「彼女の魅力が大きかった」と称賛も『しょうもない僕らの恋愛論』最終回

公開: 更新: 読みテレ
愛おしいほど不器用な拓郎(眞島秀和)たちにエールの声!中田青渚の演技には「彼女の魅力が大きかった」と称賛も『しょうもない僕らの恋愛論』最終回

眞島秀和主演の連続ドラマ『しょうもない僕らの恋愛論』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の最終回が3月23日に放送された。40代独身で人生の停滞期に入った男・筒見拓郎(眞島秀和)と、彼を取り巻く2人の女性・森田絵里(矢田亜希子)、谷村くるみ(中田青渚)による切なくも優しい物語。視聴者からは、「拓郎の振り絞ったセリフ、ズッシリきました!」「くるみちゃんの魅力が本当に大きかった」「みんな愛しくて素敵な人たち」という声が多数上がった。

絵里と別れて3年。拓郎は、フリーのデザイナーとして忙しい日々を送っていた。だがある日、酔った勢いで転倒し大けがをしてしまう。一方、20歳になったくるみは、出版社のバイトに明け暮れていた。そんな2人がたまたま鉢合わせした時、再び互いの「やり残したこと」が動き出して——!?

最終回で反響を呼んだのは、拓郎とくるみの曖昧な関係性の行方だ。物語全体を通して「この2人は結局どうなるの?」と気になる視聴者が多かっただけに、その結末についても様々な感想が寄せられた。

Twitterでは、「拓郎が、くるみちゃんに“本当の気持ち”をちゃんと言えてよかった」「拓郎の振り絞ったセリフ、ズッシリきました!」「一途だった絵里は、別れの時も再会の時もかっこよかった!」「矢田亜希子さんの演技はほんと最高だったなぁ」「くるみの胸中を思うと…でも、これでいいんだよね!?」「この最終回だからこそよかったのだと思う」「このドラマ、くるみちゃんの魅力が本当に大きかった」「中田青渚さんの清涼感と瞳の輝きは、これからも追いかけたくなる存在」と、それぞれの登場人物とキャストに大きな反響があった。

また、ドラマ全体を通じて、「たとえそのときは悲しくても、ちゃんと人生の一部となって一緒に生きていけることを学びました!」「日常のしょうもない事が、なぜだかとても大切な、優しい魅力を放ってた」「拓郎もくるみちゃんも、2人をとりまく人々も、しみじみよかった」「筒見さんたちの未来が幸せなことを願う!」「みんな愛しくて素敵な人たちでした」という声も上がった。

しょうもなくていい、後悔があってもいい。それこそが人生の味わいであり、年を重ねることなのだと、拓郎に教えてもらった気がする。絵里もくるみも、彼女たちらしく前向きに生きていくのだろう。彼らのその後を追えないのは寂しいが、これからは迷った時にそっと拓郎たちを思い出し投影しながら日々を大切に過ごしていこう。

【文:齋藤めぐみ】

PICK UP