眞島秀和演じる主人公に“等身大の自分”を重ねて見ずにはいられない!?優しくも切ないヒューマンドラマ『しょうもない僕らの恋愛論』第1話

公開: 更新: 読みテレ
眞島秀和演じる主人公に“等身大の自分”を重ねて見ずにはいられない!?優しくも切ないヒューマンドラマ『しょうもない僕らの恋愛論』第1話

眞島秀和主演の連続ドラマ『しょうもない僕らの恋愛論』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第1話が1月19日に放送された。不器用な男女が織りなす、等身大のヒューマンドラマ。共演を矢田亜希子中田青渚が務める。初回を見た視聴者からは、「眞島さんの雰囲気、良いよな~」「懐かしい気持ちにさせてくれるドラマだった」「大人の物語なのに、瑞々しい感じもあって好き」という声が上がった。

41歳独身の筒見拓郎(眞島秀和)は、デザイン事務所で働くベテランデザイナー。最近は後輩の面倒を任されることも多くなり、「仕事も人生もこのままでいいのか……?」と漠然とした不安を抱えている。ある日、帰宅した拓郎のもとにSNSから友達申請の通知が入る。相手は、20年前に愛した大学の同級生・谷村安奈で——!?

第1話で注目が集まったのは、主人公を演じる眞島秀和の“哀愁漂う大人”の演技だ。筒見拓郎という憂いを帯びた40代の独身男性は、一見どこにでもいそうな気がする。そして、自分の中にもいそうな気がする……。そんな気持ちを多くの視聴者は感じたようだ。

Twitterでは、「眞島さんの雰囲気、良いよな~」「主人公の職場でのポジション、今の自分と全く一緒!」「眞島さん演じる筒見って、人生だけ俺かと思ったw」「懐かしい気持ちにさせてくれるドラマだった」「なんだか、昔の頃を思い出した」「大人の物語なのに、瑞々しい感じもあって好き」「シュールな笑いもあって面白かった」「全体的に穏やかだけど、切ない要素が散りばめられてていい感じ」「筒見の恋自体は終わったんだよね?」「これからどうなるんだろう?」と、主人公に共感する声や今後の展開が気になるといったコメントが寄せられた。

また、「矢田さん、相変わらずお綺麗すぎる」「こんな友達いるなんて、筒見が羨ましい…」「中田青渚ちゃん、可愛いし演技にも魅力がある」「この女性2人が筒見をどうかき乱していくのか、楽しみ!」と、共演する矢田亜希子と中田青渚に期待する声も上がった。

葛藤する男と、純粋な少女、そして素直になれない女が織りなす、ちょっぴり切なくも心温まる物語が始まった。自分にもある「やり残した想い」と重ね合わせて、楽しみたい。

【文:齋藤めぐみ】

PICK UP