「鳴くまで待とう」織田信長(永瀬廉)が目を閉じる「美しくて見惚れてしまった」『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』第8話

公開: 更新: 読みテレ
「鳴くまで待とう」織田信長(永瀬廉)が目を閉じる「美しくて見惚れてしまった」『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』第8話

永瀬廉(King & Prince)主演の連続ドラマ『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜よる10:30〜)の第8話が9月11日に放送された。徳川家康(小澤征悦)と学級委員・みやび(山田杏奈)が、家康のクローンを生み出した博士の息子(波岡一喜)に誘拐され、織田信長(永瀬廉)は2人の奪還を試みる。今回注目を集めたのは、機が熟するのを静かに待つ信長の戦いぶり。Twitterでは「待てるのも大将の器」「目を閉じる信長くん。あまりにも美しくて見惚れてしまった」「家康くんを信じる信長くんらしい作戦」との声があがった。

これまで恐怖で高校を支配してきた家康だったが、大将・信長は「これからの家康を信じたい」とクラスメイトの武将たちに語る。すると信長の言葉に特進クラスは一致団結。奪還しようと誓う。しかし軍議が開催されると、信長は「しばし時をくれ」との返答。武将たちは仕方なく、それぞれ自分たちができる策を考え始めた。

その後、奪還の策がまとまり、信長はクラスメイトらに「必ず全員でこの教室に帰ってくる。出陣だ!」と宣言。いよいよ、作戦が動き始めるのだが、果たして上手く行くのか――。

今回注目を集めたのは、史実になぞった武将たちの見事な戦いぶり。さらに大将・信長が「鳴くまで待とう」とつぶやき、驚きの賭けに出たシーンだ。

Twitterでは、「過去に旗印戦で戦った加藤清正(須賀健太)と豊臣秀吉(西畑大吾なにわ男子)の絆が胸アツ!」「ジャンヌダルクと伊達政宗(三浦翔平)がヤバい」「武田信玄(満島真之介)と上杉謙信(犬飼貴丈)が2人で手を取り戦う姿にウルっとする」「徳川四天王もみんな覚醒してるね。役者さんすごい!」「激しく戦ってはいたけども、ピースフルワールドだった」などの声があがった。そして信長の作戦に対しては、「待てるのも大将の器」「目を閉じる信長くん。あまりにも美しくて見惚れてしまった」「信長くんの想い、家康くんに伝われ~!」「家康くんを信じる信長くんらしい作戦」などの反響が見られた。

さらに、「いろんなところで武将たちが絆を強めていくのが見えている。回を重ねるごとにどんどん面白くなる」「新信長公記もいよいよ家康と戦うみたいだし楽しみ」といった次回に期待する声も多く見られた。

そして次回。家康を倒すために天下を獲ることを宣言していた信長が、改めて動き出す!

【文:高山惠】

PICK UP