浅香航大と船越英一郎の親子対決「見応えすごかった!」飯豊まりえ主演『オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~』第9話

公開: 更新: 読みテレ
浅香航大と船越英一郎の親子対決「見応えすごかった!」飯豊まりえ主演『オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~』第9話

連続ドラマ『オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第9話が9月1日に放送された。感情を「色」で見ることができる刑事・心野朱梨(飯豊まりえ)が、エリート崩れの刑事・風早涼(浅香航大)とバディを組んで真相を解き明かすサスペンス。今回注目が集まったのは、風早が父である平安次長(船越英一郎)と本音でぶつかり合うシーン。Twitterには、「親子の2人芝居、見応えすごかったわ!」「まるで浅香さんと船越さんの演技対決のようだった」といった声が上がった。

朱梨は、両親が殺された15年前の事件について調べる。当時の捜査資料を読んで辛い記憶と改めて向き合う朱梨と、そんな彼女が心配でならない風早。そんな中、元刑事・棚田雅彦(モロ師岡)の事情聴取を行う。しかし、質問されてもはぐらかして答えようとしない。朱梨は、彼の目に「恐れ」を表す緑色を見る。そして、風早はすべてを明らかにするため、事件当時に署長だった平安と対峙することに——。

そんな中、今回は浅香航大演じる風早が父親と正面から本音でぶつかり合うシーンに反響が寄せられた。尊敬し背中を追いかけていた父の裏の顔に失望しながらも、家族として愛情を隠し切れない演技に思わず胸を詰まらせた視聴者が多かったようだ。

Twitterには、「親子の2人芝居、見応えすごかったわ!」「涙なしには観られませんでした」「まるで浅香さんと船越さんの演技対決のようだった」「風早の『これ以上幻滅させないでくれよ!』って言葉、刺さったなぁ~」「平安次長に後悔の念があるということは真の悪人ではないのね」「次長に良心が残っていたのはせめてもの救いだな」「父の胸で泣く風早くんは、まるで幼い子供のよう(涙)」「今回はいつになくふっきれて達観したような朱梨が、とても聡明で頼もしく見えた」「風早さんが朱梨に『勝手に行くなよ』って言ってたところ、めっちゃキュンとした!」といったコメントが寄せられた。また、15年前の事件についても「真犯人の殺害動機が気になる」「まだまだわからないことが多すぎる〜!」と真相が気になる視聴者の声が上がった。

朱梨たちは長年隠されていた警察内部の秘密にたどり着く。さらに、今回のラストでは真犯人と思しき人物が自首してくるというまさかの展開に。果たして、かつて朱梨が見た「黒い感情」の正体とは? すべての伏線が回収される次回が待ち遠しい!

【文:齋藤めぐみ】

PICK UP