浅香航大の揺れ動く表情に「つらい」「こちらまで悶える」の声『オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~』第8話

公開: 更新: 読みテレ
浅香航大の揺れ動く表情に「つらい」「こちらまで悶える」の声『オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~』第8話

連続ドラマ『オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第8話が8月25日に放送された。人の感情が「色」で見える刑事・心野朱梨(飯豊まりえ)が、エリート崩れの刑事・風早涼(浅香航大)とバディを組むサスペンス。今回は、風早が父親との関係で葛藤する姿に反響が多く寄せられた。Twitterでは、「風早の揺れ動く様がつらい」「浅香さんの苦しい表情を見ていると、こちらまで悶える」といった声が上がった。

朱梨と風早は、暴行容疑で逮捕された大学生・戸田大知(濱田龍臣)を取調べる。その目から発せられるのは、「怒り」を表す赤。大和は朱梨たちに、自分の父親が15年前に殺人事件の容疑者として指名手配され、現在も行方がわかっていないことを明かす。しかし、最近、父親と見られる人物から「近いうちに会いたい」と手紙が届いた。大和は、それがストレスとなって暴力を振るってしまったという――。

そんな中、今回注目を集めたのは、浅香航大演じる風早が葛藤するシーンだった。殺人の容疑者となった父を持つ大和の苦悩と、15年前の事件について隠し事をする自分の父・平安(船越英一郎)に対する複雑な思いを重ねて、いつものようにまっすぐな風早刑事ではいられなくなってしまう。

Twitterでは、「風早さんが大和くんのことを受け止めてるシーン、めっちゃよかったなぁ~」「風早の揺れ動く様がつらい」「親に対するコンプレックスは私も相当なものがあるので今週のおオクトーはめちゃくちゃ刺さった…」「浅香さんの苦しい表情を見ていると、こちらまで悶える」「今までの事件がそんな風に絡んでいるなんて…」「伏線だらけのストーリーに見入ってしまう」「2つの事件が繋がって、真相に迫っている感じにハラハラドキドキが止まらん!」「朱梨が風早さんの感情をあえて見ないような、背中をむけたシーンにグッときた」「ラストのまりえさんの笑顔よかった!」「バディの結束力が更に高まったね」「いよいよ真相に近づいてきた感じ。来週も大きく動きそうで楽しみー!」といったコメントが寄せられた。

今回の事件は、朱梨の両親が殺された事件と同じ日に起こったことが判明。朱梨と風早それぞれが持つ“点”が繋がり、15年前の闇を解き明かす一本の“線”になっていく。その捜査線上に浮かぶ、真の黒幕とは?

【文:齋藤めぐみ】

PICK UP