一狼(鈴木伸之)と獅郎(犬飼貴丈)がホテルに潜伏!“最後の切り札”な人物と接近『ケイ×ヤク-あぶない相棒-』第9話

公開: 更新: 読みテレ
一狼(鈴木伸之)と獅郎(犬飼貴丈)がホテルに潜伏!“最後の切り札”な人物と接近『ケイ×ヤク-あぶない相棒-』第9話

連続ドラマ『ケイ×ヤク-あぶない相棒-』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第9話が3月10日に放送された。公安捜査官・国下一狼(くにしたいちろう/鈴木伸之)とヤクザの若頭・英獅郎(はなぶさしろう/犬飼貴丈)は、20年前に一狼の両親を失ったビル爆破事件に潜む陰謀を追ってバディを組んでいる。今回、一狼らはラブホテルに潜伏し、田口部長(徳井義実)と“最後の切り札”となる人物へ接近した。Twitterでは、「ホテル潜伏中の獅郎が情緒不安定すぎて、こっちまで泣ける」「一狼の慰め方がイケメンすぎて無理、好き!」「甘いものを食べている獅郎と、それを見て微笑んでいる一狼が最高」といった声が上がった。

事件へ関与していると思われる大須匡(吉村界人)を取り込む作戦は、諜報員“J”こと林(三浦誠己)に阻止され、先輩捜査官・莉音(栗山千明)まで撃たれてしまった。さらに獅郎が、匡を誘拐した容疑者として警察に追われるようになる。一狼と獅郎はしばらくの間、郊外のラブホテルに身を隠すことに。莉音の容体がわからず不安な中、互いを支え合うように時間を過ごす。

そんな中、一狼らは田口から、行方不明だった事件の証言者・東幸子(中田クルミ)が自殺を図り、病院に搬送されたことを知らされる。父親の東高茂(矢柴俊博)が幸子を秘かにかくまっていたのだ。高茂が事件について何かを知っているに違いないとにらんだ田口は、彼と会って交渉すると言う。一狼と獅郎も、別室で高茂を待ち構えることに——。

Twitterでは、「ホテルでは一狼が獅郎を気にかけ、高茂と話をする時は獅郎が一狼を気遣っているところがとてもいい」「ホテル潜伏中の獅郎が情緒不安定すぎて、こっちまで泣ける」「甘いものを食べている獅郎と、それを見て微笑んでいる一狼が最高」「一狼の慰め方がイケメンすぎて無理、好き!」「東父に迫る時、一狼を鼓舞して真っ直ぐ前を向く獅郎がかっこよかった」「遂に田口部長自身が動き出したね!」「かっこよかった部長!」「田口さんは一見冷徹そうだけど、実は部下想いの熱い上司なんだな」「東親子の事情も見ていて辛いよー(涙)」「幸子がこうなるとは想定外だった…」「莉音、やっぱり生きてた!」「獅郎と莉音の『ただいま』が胸熱すぎる!」などのコメントが寄せられた。

しかし、ラストでまたしても林が先回りし東高茂と幸子の口を塞ごうと画策する。“最後の切り札”が奪われた中、一狼と獅郎は果たして事件の真相を掴むことができるのか?

【文:齋藤 めぐみ】

PICK UP