「獅郎(犬飼貴丈)と総理(板尾創路)の関係にドキドキ」鈴木伸之主演『ケイ×ヤク-あぶない相棒-』第3話

公開: 更新: 読みテレ
「獅郎(犬飼貴丈)と総理(板尾創路)の関係にドキドキ」鈴木伸之主演『ケイ×ヤク-あぶない相棒-』第3話

鈴木伸之が主演、犬飼貴丈が共演を務める連続ドラマ『ケイ×ヤク-あぶない相棒-』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第3話が1月27日に放送された。公安捜査官・国下一狼(くにしたいちろう/鈴木伸之)は、ヤクザの若頭・英獅郎(はなぶさしろう/犬飼貴丈)のマンションに転がり込み、同居しながら先輩捜査官・莉音(栗山千明)の失踪事件を探る。そんな中、大物たちが事件に絡んでいることに気づく。Twitterでは、「一狼と獅郎の絶妙な距離感好き」「獅郎と総理の関係にドキドキしてしまった」といったコメントが寄せられた。

一狼と獅郎の様子は仲睦まじい同棲カップルのように見え、獅郎の舎弟たちはザワつく。そんな中、獅郎のもとに里親からのプレゼントが届き、誕生日が近いことがわかる。実は、獅郎の誕生日は一狼にとっても複雑な意味を持つ日で……。

失踪前に莉音が追っていたのは、大須総理(板尾創路)をはじめとした4人の政治家だ。彼らはいずれも子どもが同じ中学校の同級生だった。一狼は、子どもたちの出身校の創立記念パーティーが開かれるという情報を入手し、卒業生から情報を得るため協力者Sを潜入させる。しかし、何者かによって潜入者の存在に気づかれ、逆に一狼が付け狙われることに。一方、獅郎は大須総理と密会。親密な雰囲気の中で、大須は息子・匡(吉村界人)のことを話し始める。事件は複雑さを予感させた。

Twitterでは、「一狼と獅郎の絶妙な距離感好き」「オープニングからイチャイチャしててテンション上がった」「誕生日が一緒とか運命じゃん!」「一狼が過去の話をするシーンしんどかった…」「小さい頃の獅郎と莉音かわいい」「獅郎と総理の関係にドキドキしてしまった」「2人の共通点や繋がりが分かってきて面白い」「自政党の大須匡…やっぱそこか」「田口警視監も大須総理も今後大きく事件と絡んできそう」「獅郎の父親がわりが爆弾犯って、どういうこと?」などという声が上がった。

シリアスなシーンが多い一方で、一狼と獅郎の関係性がより親密になっていくのも見どころだ。過去を探るにつれ、どんどん2人には接点が増えていくようにも見える。さらには一狼の上司・田口(徳井義実)もただならぬ秘密を隠し持っているようで……。ますます今後の展開にから目が離せない!

【文:齋藤 めぐみ】

PICK UP