東京五輪直前!増田明美も注目する金メダル目指す南スーダン陸上代表YOUたちが激変!新事実も?:YOUは何しに日本へ?

テレ東プラス

日本を訪れる外国人たちを、空港や街でアポなしインタビュー! そのまま密着取材を行う「YOUは何しに日本へ?」(毎週月曜夜6時25分~)。今回のテーマは、「夏本番!近づいたらヤケドするぜ!YOUのハートがアッチッチSP」。 愛するモノへの熱量がハンパないYOUだらけの95分で、はたしてどんな面白YOUに出会えるか?

you_20210705_01.jpg
「東京2020オリンピック・パラリンピック(以下、「東京五輪」)」開催まであとわずか。群馬県前橋市のご厚意で、コロナ禍以降も長期合宿を続けるあの南スーダン代表たちはどうしているだろう?

追跡する前に軽くおさらいしておこう。

出会いは2019年11月14日の成田国際空港。YOUたちは、南スーダン共和国から「東京五輪」出場のための来日直後だった。母国は2011年に独立したばかりの世界一新しい、いまだ紛争が続く「世界で最も貧しい国」。五輪も初出場で、YOUたちはそんな厳しい情勢の母国を背負って立つトップアスリートなのだ。メンバーは、前列左からマイケル(当時29歳・パラリンピック100m)、ルシア(当時18歳・女子100m、アブラハム(当時20歳・1500m)、アクーン(当時17歳・400mハードル)と、後列コーチのジョセフさん(当時58歳)の5名。前橋市は、筋トレや体幹トレーニングの経験もなかったYOUたちに、日本式の特訓や語学の習得なども提供してくれている。

you_20210705_02.jpg
五輪の延期後も、市長の山本 龍さんは、継続的なトレーニングの全面サポートを約束してくれた。アクーンもこう決意し、番組はその後の1年も密着し続けた。さぁ、ここから先はメダル獲得に燃える、未公開のラストスパート編へGO~!

you_20210705_03.jpg
2020年7月17日、やって来たのは立派な「正田醤油スタジアム群馬」(前橋市)。これまで黙々と練習を続ける日々だったが、ついに日本での初レースへ。それも群馬県ナンバー1を決める「群馬県陸上競技選手権大会」に特別参加し、実戦経験を積むのだ。とはいえ大会経験が浅いみんなは緊張で無言に...。

you_20210705_04.jpg
まずは、アブラハムが男子1500mの決勝戦に挑戦。自己ベストは「リオ五輪」の金メダリストより6秒以上速いアブラハムは、300m付近で先頭へ躍り出て独走状態で優勝! しかし、タイムは3分48秒58と、自己ベスト更新ならず。「スピードがまだ足りない。メダルを狙うためにも速く走るための筋力をつけたい」と、今後の課題が浮き彫りになった。

you_20210705_05.jpg
次は女子100mのルシア。家族と離れ不安だらけの中、「東京五輪」で勝って母国の人を喜ばせたい一心でがんばってきた。くじける日もあったが、自己ベストの12秒69を更新して11秒台を出すことが課題。今回のレースは2位だったが、12秒43と自己ベストを更新! とはいえ負けて落ち込み、コーチから「練習の成果は出ている」と元気づけられても、やっぱり悔しさがこみあげるのだった。

you_20210705_06.jpg
そんなYOUたちは、来日後から本格的な筋トレをスタートさせた。ウエイトトレーニングではルシアは最初10㎏が限界だったが、今や50㎏も持ち上げられるほどバキバキに筋力アップしている(この時点で「東京五輪」まであと255日)。

you_20210705_07.jpg
2020年の冬には、2度目のインフルエンザ予防接種が巡ってきた。監督から励まされるマイケルやルシアだが、注射の恐怖は克服できず、この日ばかりは始終へたれ顔のまま(笑)。

you_20210705_08.jpg
そんなルシアの休日にも密着。

この日おしゃれして車で向かったのは、なんと初のネイルサロン! 外国でがんばるルシアを、「シェアサロン 前橋市」のみなさんが招待してくださったのだ。まるでお姫様気分で受けた施術中に描かれた国旗ネイルがかわいくて、ルシアはボーイフレンドに見せたいと思わず告白。って、カレシがいた!? 南スーダンにいる恋人のジョルジさんとは、今は会えず寂しいという。

you_20210705_09.jpg
そこで、ネイリストさんに提案され、彼のイニシャル「G」を爪にあしらってもらい、大満足のルシア。いい息抜きになって良かったね!

you_20210705_10.jpg
そして2021年4月には、香川県高松市で行われる「ジャパンパラ陸上競技大会」へ。パラリンピックを目指すトップ選手たちが集う日本最高峰の大会に、マイケルも参戦することになったのだ。

会場では、「日本パラ陸上競技連盟」会長の増田明美さんが、マイケルが前橋の方にいただいたお守(まも)りをしっかり身に付けていた、と情報提供してくれた。さらに、好物は「日本のからあげ」とか、密着Dより情報通だ(笑)。増田さん、ありがとうございました!

you_20210705_11.jpg
当のマイケルは、昔は嫌いだったハンデのある右腕について、「神がこの腕を与えたんだ。でも走っているときは不自由だと感じない。神は速く走る才能も与えてくれていたんだ。僕はこのまま陸上を続けて、将来はコーチの仕事をしたい」と、教えてくれた。

you_20210705_12.jpg
この競技は、障がいの種類や程度によっていくつかのカテゴリーにクラス分けされている。マイケルがグラウンドに立つと、隣には同クラスの注目選手・多川知希選手の姿が。彼は「リオ・パラリンピック」4×100mリレーで銅メダルを獲得した強豪だが、「トップレベルの選手と競うことで、僕はもっと速く走れると思うんだ」と、決してひるまない。

そして試合の結果は...なんと0.02秒の僅差で多川選手をおさえ、マイケルが優勝! ところが、勝ったマイケルの表情は渋い。「今の自己ベストは遅すぎる。スタートが僕の欠点だ。そこを改善しなければならない」と、出遅れを冷静に分析。今回のタイムは11秒51だったが、「僕には10秒80が必要なんだ」。「リオ・パラリンピック」100mT47クラスでの銅メダルタイムは、10秒79なのだ。

you_20210705_13.jpg
数日後、前橋市大山運動場に多川選手の姿があった。高松市での大会以降、多川さんとは毎日チャットして、今やすっかり親友。この日もマイケルのスタートダッシュの弱点を改善したいと、わざわざ東京から教えに来てくれたのだ。

では、多川さんにはどんな秘策があるのか。それは"土台"。多川さんはスタート時、体が傾かずにダッシュできるよう義手をつけている。「マイケルは片腕が欠損しているので、体が曲がったまま出ちゃう。最初の3歩が出やすくなるなら、土台を使う価値がある」と指摘する。実際に試すと、「土台を使ったスタートはスゴくいい感触だった。台を使いこなせれば、スタートでもっと加速できるはずだ」と希望が膨らんだ。

you_20210705_14.jpg
一方、アクーンは「ワクワクしているよ」という。彼の課題のひとつはスムーズなハードルジャンプで、毎日ハードルを跳ぶリズム感を養う練習を必死で続けてきた。そして今回見せてくれたのは、克服して速くなった華麗なジャンプ。自己ベストも、来日前の55秒88→54秒08に更新!

you_20210705_15.jpg
筋力不足が課題だったルシアは、死ぬほど筋トレして全身の筋肉量が1.5㎏も増加した! そして100mのタイムは0秒26更新して12秒43へ。200m走でも、自己ベストを更新し24秒71へ。「五輪の目標は準決勝に勝ち上がることよ。準決勝に進めたら決勝も目指すわ」とたくましい。

you_20210705_16.jpg
最もメダルに近い1500mのアブラハムは、体幹ががっちりメリハリの筋肉の持ち主に。「東京五輪」を目指す日本人ランナーが出場する「東京陸協ミドルディスタンスチャレンジ」にも参戦し、2位ではあったが自己ベストを0秒37も更新させた! 「僕がいい成績を残すたびに、母国のみんなが笑顔になる。母国のためにも五輪でいい成績を残したい」と抱負を語ってくれた。

決戦まであとわずか。南スーダンのYOUたち、がんばれ!!