往復5時間!テレワークを機に海辺の町へ移住。マリンスポーツやり放題!ウッドデッキ付き絶景ハウス”驚きの価格”

テレ東プラス

7月2日(金)夜9時からは、「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」を放送。「テレ東プラス」では、6月4日に放送された番組の中から、「遠距離通勤始めました!」の内容をプレイバックします。

tokoro_20210701_01.jpg
リモートワークが浸透する昨今、都内から遠く離れた田舎に移住し、スローライフを満喫しながら遠距離通勤する人たちがいます。
移住に踏み切った方に密着するべく、リポーターのワタリ119が訪れたのは、東京・港区芝浦。企業に必要な人材をヘッドハンティングする会社で働く、イギリス出身のジョージ・ジョンソンさんは、遠距離通勤を始めたそう。
以前はオフィスまで約30分という田園調布に住んでいましたが、一体どこに移住したのでしょう。

tokoro_20210701_02.jpg
午後4時に帰宅開始! 日本に来て20年ほどになるジョージさん。会社を出て歩くこと約5分、JR田町駅から大宮行の京浜東北線に乗り、巨大ターミナルの東京駅で下車します。
ここで新幹線に乗り換えかと思いきや、東京駅〜安房鴨川駅間を走るJRの特急列車「わかしお」に乗るとのこと。「特急に乗れば確実に座れるので、遠距離通勤はそこまで大変じゃない」とジョージさん。蘇我駅や九十九里浜にほど近い上総一ノ宮駅を通過し、「嘘でしょ」とたじろぐワタリ。

会社を出てから2時間以上が経過し、千葉県南東部にあるJR御宿駅で下車。ここがジョージさんの最寄り駅です。気になる定期代ですが、「定期はないんです。去年のコロナ以降、会社に行くのは週の半分ぐらい。だからその都度払っています」とのこと。週の半分通勤すると、電車賃はおよそ月6万円。割安の回数券を利用すると、約3万円で済みます。

tokoro_20210701_03.jpg
最寄駅からは車で移動。妻・知佳さんと、生後8ヵ月の娘さんが迎えにきてくれました。夫妻は職場で出会い、去年の3月に結婚したばかり。ジョージさんが遠距離通勤していることについて、「以前は週5日通勤で夜も遅かったので。今は週の半分ぐらい家にいてくれるのでありがたい。家事も子育ても手伝ってくれる」と知佳さん。娘の誕生をキッカケに移住を決意したのことですが、その理由とは?
田舎道を走ること10分、ようやく自宅に到着しました。会社がある田町駅から約2時間半、往復5時間の遠距離通勤です。すでに夜遅いため、翌日改めてお邪魔することに。

tokoro_20210701_04.jpg
翌朝ジョージさん宅を訪れたワタリ。広々とした玄関には、夫婦の趣味であるロードバイクが2台。およそ24畳のリビングダイニングの他、寝室とトレーニングルーム、2階にはゲストルームと仕事部屋があり、延べ床面積はおよそ150平方メートル。家は購入したと聞き、ワタリも「すごっ、めっちゃ広い! 羨ましい」と驚きます。

tokoro_20210701_05.jpg
ジョージさん一家がこの家を選んだ最大の理由が、オーシャンビューのウッドデッキ。太平洋の絶景を一望でき、「この景色だからこの家を買いました」とジョージさん。
さらに驚きなのは、家の価格。目の前が海、広いウッドデッキがついた4LDKの一戸建てが、なんと土地代込みで超格安の1000万円!

tokoro_20210701_06.jpg
家以外にも、ここに住む特別な理由がありました。徒歩3分の部原海岸は、都内からも多くのサーファーが訪れるビーチ。この辺りの海はダイビングも盛んで、その透明度の高さは関東でも屈指。近くには「日本の渚100選」に選ばれた鵜原海岸もあり、マリンスポーツ好きの夫妻にとって、勝浦はもってこいのスポットなのです。
さらに、ゴルフも趣味のジョージさん。自宅から車で15分圏内に5つもゴルフ場があり、アクティビティが楽しみ放題!

tokoro_20210701_07.jpg
自宅から10分の場所で「勝浦朝市」が開かれているのも、移住を決めた理由のひとつ。勝浦朝市は約430年続く日本三大朝市の1つで、多い時は50以上の店が出店。勝浦の漁港に上がった新鮮な魚介類や、地元で採れた野菜などが並びます。
そんな朝市の魅力は、都会では見られない人情味あふれる店の人との交流。この日は生姜をひとつサービスしてもらい、「おまけも結構あります」と知佳さん。

料理が大好きなジョージさんは、赤ちゃんのお世話で手が離せない知佳さんのため、普段から料理を作っているそう。この日のメニューは、地元で獲れたキンメダイを使った本格的なアクアパッツァ。ウッドデッキで海を見ながら食べる食事は格別!
ジョージさんはロンドン、知佳さんは横浜出身で、2人とも都会育ち。夫婦共通の趣味を楽しみながら、自然豊かな環境で伸び伸び子育てをしたいと、出産を機に東京から勝浦へと移住しました。そしてもう1つ、移住を決断した理由が。

tokoro_20210701_08.jpg
勝浦市では、市内に転入した夫婦のどちらかが40歳以下の家庭に60万円を支給。さらに中学生以下の子供1人にき、5万円が支給されるのです。市から支援金、豊かな自然環境に恵まれ、「遠距離通勤もつらくない!」とジョージさん。房総の大自然と雄大な海風が、一家の新生活を優しく見守っています。

2021年7月2日(金)夜9時からは、「所さんのそこんトコロ」【遠距離通学&有名企業の秘密に仰天SP】を放送!

▽驚きの遠距離通学!
自らの夢を叶えるために、驚くほどの遠距離
通学をする、18歳の女学生に密着!それでも通い続けたい理由とは?

▽芸人DIY大作戦
サンシャイン池崎の自宅にある家具を、あふれるお笑いアイデアとプロのアドバイスで劇的リメイク!

▽プロが自慢したい"あの有名企業"のうんちく
湖池屋、ムヒ、キャラメルコーン、カップヌードルのうんちくを大連発!
どうぞお楽しみに!