西島秀俊×濱田岳 対談!「岳くんは、師匠・西田敏行さんを継ぐ人」:シェフは名探偵

テレ東プラス

このレストランに行くと、おいしい料理を食べながら悩みも解決! 西島秀俊主演ドラマ「シェフは名探偵」(毎週月曜夜11時06分放送/初回5分拡大)が、5月31日(月)スタート。

小さなフレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」を舞台に、謎解きも料理の腕も超一流で風変わりなシェフ・三舟忍が、店にやってくる客の悩みを解き明かしていく。西島演じる三舟をとりまくメンバーも、個性派ぞろい。ギャルソンの高築智行を演じるのは、濱田岳。スーシェフ(副料理長)・志村洋二に神尾佑、ソムリエの金子ゆきに石井杏奈がふんする。チーフ監督は、数々の人気作を手掛け、クセの強いキャラクターを作り出すことでおなじみの木村ひさし。

chef_20210529_01.jpg
このドラマの撮影現場は、いろんな意味で異例尽くしだった!? 西島秀俊さん、濱田岳さんに撮影現場の様子を語っていただきました。

笑いの絶えない現場、共演者の新たな扉が開く!?

chef_20210529_02.jpg
――この作品に出演が決まった時の感想からお聞かせください。

西島「木村監督にまた声をかけていただけたのは、うれしかったですね。岳くんとは1年ぐらい前に共演しましたが全然絡みがなくて。もう一回、一緒にやりたいと思っていたので、実現できてよかった」

濱田「木村組は楽しいです。僕も、また木村監督とお仕事できるのは、ぜひお願いしますという感じで。西島さんとガッツリお芝居できるのも、すごくうれしいことでした」

――今回、ガッツリ共演したいというお二人の念願がかないましたが、実際に共演してみての印象は?

西島「岳くんは、天才でしょう。僕より年齢は若いですが、すごいと思いますね。僕と岳くんは西田敏行さんを"師匠"と呼んでいるのですが、岳くんは西田さんの後を継ぐ人のような気がします。物語の中でいろんな言葉、いろんなものを作り出していく力を感じますね。何よりも、一緒に演技をしていて楽しいです」

濱田「大変ありがたいお言葉です。西島さんが魅力的な俳優さんなのは言わずもがな、皆さんが認めていると思います。三舟シェフのセリフ量の多さは尋常じゃなくて、スケジュールも本当に大変な現場でしたが、それを日々こなされる姿を見て感動しました。

ハードな役柄の印象もありましたが、実際の西島さんは現場でずっとニコニコしていて、すごくゲラで。なんでもないことで笑い始めて現場がちょっと止まったり(笑)。すごく人間味があって、より一層好きになりましたね」

chef_20210529_03.jpg
――今回のご自身の役については、どのように捉えていますか?

西島「三舟は、フランス料理については天才的ですが、ちょっとおせっかい。お店に来たお客さんたちの悩みを勝手に汲み取って解決するという、変わった人です(笑)」

濱田「高築は、勤めていた会社をクビになって絶望してしまい、人生の区切りを付ける最後の記念として、以前、営業がうまくいった店『パ・マル』を訪れ、三舟シェフと出会います。高築が前に来た時のメニューを全部覚えていたことや、三舟シェフに気に入ってもらえたことで、ギャルソンとして働くことになりました」

――今回は、レストランの中で物語が進むという1シチュエーションのドラマですが、お芝居する上で意識したことはありますか?

西島「1シチュエーションであるということを意識したことはあまりないですが、セリフの量はものすごいです。食べる以外はずっとしゃべっているので(笑)。そんな大変な状況だったのにキャストの皆さんが本当に素晴らしく、ゲストの方もテストから完璧でした。キャストとスタッフに恵まれていたので、結果的に1シチュエーションでやれたことが作品にとっては良かったし、とても良い現場になったと思っています」

濱田「このドラマでは1話の中で2つ解決しないといけない問題が起こるんです。撮影スケジュール的に毎日クライマックスのシーンを撮らなければいけない状態。映画の場合、クライマックスの長いシーンの撮影は1ヵ月に1日あるかどうかのペースですが、今回、僕らは毎日問題を解決していて、毎日がクライマックス(笑)。1日にこれだけの分量の撮影は僕らも初めてですし、そういう意味でも視聴者の方にとって観たことのないドラマになると思います」

――かなりハードなスケジュールで撮影していたんですね!

濱田「西島さんがおっしゃった通り、キャストの皆さんの能力とお人柄、木村組の皆さんの人間力にも恵まれました。毎日、長時間、現場に閉じこもっているので、もしかしたら僕が一番イライラしていたかもしれません。曜日感覚もなくなるから、『曜日が分かるように金曜日はカレーを出してほしい』とか『俺たちみんな潜水艦乗りになれるな』(※注1)とか、そういう軽口をずっと叩いていました(笑)」
(※注1:海上自衛隊は、航海中、曜日感覚を保つために金曜日にカレーを食べる習慣がある)

chef_20210529_04.jpg
――大変な撮影現場で、印象に残っているエピソードを教えていただけますか?

西島「神尾さんが、疲れたからと普段は飲まない栄養ドリンクを飲んだら、ものすごくハイテンションになっちゃって。ただ、子供のような人なので、あっという間にそのテンションは下がっていましたが(笑)」

濱田「神尾さん、最年長なのに内臓が一番ピュアだった(笑)。現場では毎日大笑いしていて、学校に通っていた頃の感覚を思い出しました。みんなの話題に乗り遅れたくないから、"つらいけど現場に行きたい"みたいな(笑)。それだけ楽しかったのは皆さんの人柄もあるし、木村監督の演出もあるんですよね。杏奈ちゃんは『こんな役、初めてやった』と言っていましたし、神尾さんは『自分で生み出したアドリブだと思われたら嫌なんだけど......』とおっしゃっていました(笑)。神尾さんの新しい一面が見られるドラマだと思います」

西島「神尾さんと杏奈ちゃんが、『こんな人だったっけ?』と思うような今まで見たことのないキャラクターを演じていて、これが本当にチャーミング。本人たちが不安がる中、みんなで『大丈夫、全部カットされるから』と言いながらやっていたのですが、完成したものを観たら全部残っていて(笑)。それが、すごく素敵でした」

対談の【後編】は、放送スタート当日5月31(月)公開! 共演して気になった、お互いの"謎"を解決!?

(取材・文/伊沢晶子)

【プロフィール】
西島秀俊(にしじま・ひでとし)
1971年3月29日生まれ。東京都出身。A型。1994年「居酒屋ゆうれい」で映画初出演。近年の出演ドラマは、「メゾン・ド・ポリス」(TBS系)、「きのう何食べた?」(テレビ東京)、「ノースライト」(NHK)、連続テレビ⼩説「おかえりモネ」(NHK)など。公開待機作に、映画「シン・ウルトラマン」、「ドライブ・マイ・カー」、劇場版「きのう何食べた?」がある。

濱田岳(はまだ・がく)
1988年6月28日生まれ。東京都出身。A型。1998年、デビュー。近年の出演ドラマは、「釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜」シリーズ(テレビ東京)主演のほか、「フルーツ宅配便」(テレビ東京)、「インハンド」(TBS系)、「教場II」(フジテレビ系)など。映画「鳩の撃退法」が、2021年8月27日(金)公開予定。

「シェフは名探偵」は、5月31日(月)夜11時06分スタート(初回5分拡大)。
第1話
ある夜、製薬会社に勤める高築智行(濱田岳)は、かつて大口契約が取れたお祝いで行った小さなフレンチレストラン『ビストロ・パ・マル』を訪れる。実はリストラされ、次の仕事も決まっていない状態で、最後に思い出の味を堪能するために再訪したのだが、ひょんなことからシェフ・三舟忍(西島秀俊)の誘いで、『パ・マル』のギャルソンとして働くことに。スーシェフの志村洋二(神尾佑)と、ソムリエの金子ゆき(石井杏奈)に仕事内容を教わるが、飲み込みが早く、初日からミスもなく、接客も完璧。三舟も「適材適所」と太鼓判を押すほどだ。
そんな新生『ビストロ・パ・マル』に、ある雨の夜、粕屋孝一と桶谷百合子が来店。粕屋は好き嫌いが激しく、出す料理ほぼ手つかずで「下げろ」と指示。何かと注文をつけるわがままっぷりに高築らは頭を抱えるが、三舟の機転の利いたメニューが気に入ったのか、粕屋は『ビストロ・パ・マル』をたびたび訪れるようになる。ところが大人の素敵なカップルに見えた2人は、大きな問題を抱えていて――。「ロニョン・ド・ヴォ―の決意」とはいったい...。
別の日には、カップルらしき川出恵子と鶴岡正が口論を始め、店内が騒然となる出来事が。さらに鶴岡は店員たちにデザートのダメ出しを始める。「あんなまずいショコラを最後に出されたら一日気分が悪い」...暴言を吐き続ける鶴岡の隣で、ひたすら謝り続ける恵子。クレーマーのようにも思えたが、改めてショコラを食べた三舟は、鶴岡の指摘通り味が落ちていることに気づく。プロ並みの味覚を持つ鶴岡は一体何者なのか? そして「割り切れないチョコレート」の意味とは...。
そんな2組の謎が、三舟のお節介と洞察力によって次々と明らかになっていく。

PICK UP