「夫のカツラ姿に抵抗感があり、生理的に嫌で涙が出そうになります...」:生きるとか死ぬとか父親とか

テレ東プラス

「さりげない日常の出来事を取り上げているんだけど、飽きさせないし見ていて心地がいい。こういう生き方がいいとも感じさせる素敵なドラマ」「疲れた心にすっと入って泣けてきた。主人公が父親に寄り添う姿...葛藤がありつつ、それでもちゃんと関わって前に進むところとか。いいドラマだなぁ」など共感の声続々! ドラマ24「生きるとか死ぬとか父親とか」(毎週金曜深夜0時12分)。原作は、ラジオパーソナリティー・コラムニスト・作詞家と多彩な顔をもち、女性からの圧倒的な支持を集める"独身のカリスマ"ことジェーン・スーが、自身の家族の出来事と思い出を描いたリアルストーリー。主人公のモデルはジェーン・スー自身であり、そんな主人公を吉田羊が演じている。

ikirutoka_20210429_01.jpg
主人公・蒲原トキコ(吉田)は20年前に母を亡くし、今では父の蒲原哲也(國村隼)がたった一人の肉親。愛嬌はあるが破天荒な70代の父、独身で勝気な40半ばの娘。ひとたび顔を合わせればギクシャクし一度は絶縁寸前までいった二人だが、今では時々外食しながら話をする関係になっている。そんなある日、トキコは父についてのエッセイを連載することになった。ネタ集めのため父に会うたびいろいろな家族の思い出を聞く。しかしそれは楽しい記憶ばかりではない。母との出会い、全財産の喪失、そして他の女性の影...。父への愛憎と家族の表裏を描く、普遍にして特別な家族の物語をおくる。

さらなる今作のみどころは、トキコがパーソナリティを務めるラジオ番組「トッキーとヒトトキ」の人気コーナー"晴れときどきお悩み"。ジェーン・スー自身もラジオ番組でのお悩み相談コーナーが大人気! 今作のラジオシーンのセリフはすべてジェーン・スーによる監修のもと制作。夫婦関係や友人関係、SNS社会や見た目の悩みまで、様々なお悩みをキレ味のよい言葉でスパッと解決していく!

「テレ東プラス」では、毎週"晴れときどきお悩み"で紹介されるお悩みを紹介。爽快で心が軽やかになるトッキー節、トッキー語録の数々をあますことなくお届け!

ikirutoka_20210429_02.jpg
※以下、ドラマのネタバレを含みます。

旦那さんの気持ちを理解する方向の努力を...

リスナーからのお悩み「私は48歳の夫と6歳の娘の3人暮らしの主婦です。夫は出会った当時から頭髪がさみしく、最近は坊主頭が板についていたのですが、数日前に突然、カツラ姿で帰ってきたのです。急に知らない人が家に入ってきたと思い、驚いて叫んでしまいました。娘も『それ、お父さんの新しい帽子?』と困惑気味。最初はパーティーグッズ的に私たちを驚かせようとノリで被ってきたと思っていたのですが、どうやら今後、これで通すつもりらしいのです。

坊主頭を見慣れた身からすると、黒々フサフサとした頭が似合っているとは思えず、嫌で嫌でたまりません。夫の友人や会社の同僚たちも困惑するでしょうし、近所の人やママ友だって、口には出さなくても、相当ざわつくことでしょう。『坊主頭の方が似合っているよ』と言っても、『君だって化粧して外出するだろう』と頑なな姿勢を崩しません。いくら夫婦でもデリケートな問題なので、それ以上は何も言えませんでした。

私はありのままの姿でいてほしいのですが、周りを困惑の渦に巻き込むリスクを冒してでも、頭髪がコンプレックスだとしたら、認めてあげた方がいいのでしょうか? でも、夫のカツラ姿にはどうしても抵抗感があり、生理的に嫌で嫌で涙が出そうになります。トッキーさん、私どうしたらいいんでしょう?」(ラジオネーム:おかめソーダ 42歳)

トキコ「んー突然のカツラってことは相談はなかったわけだよね」

TBX東アナウンサー(田中みな実「反対されると思って、言い出せなかったんですかね?」

トキコ「うーん、ってことは確信犯だよね。デリケートなことだからこそ、奥さんは相談して欲しかったんだろうけど、あえてそれをしなかったところに......」

「ご本人の強い意志が感じられます」

トキコ「そうだよね。若いころは頭髪に悩んでいたけど、最近はその話も出てこなくて、むしろそれを活かしたスタイリングをしてお洒落になってたのに、それでも被るってことは、よっぽど思い詰めてたのかもよ。素敵な坊主姿よりも、わざとらしくてもいいから頭に毛が生えてる状態の方がいいっていうことなわけでしょ。これはねぇ......難しいなぁ......おかめソーダさんは何がそんなに嫌なんだろうか?」

「生理的に嫌で嫌で涙が出そうになるんです、って......」

トキコ「生理的にか......これって結局、〝ズラ被ってる男の妻〟っていうのが嫌なんじゃないのかな。おかめソーダさんは。つまりおかめソーダさんの自意識の問題ですよ。だって、旦那さんは意を決して職場や友達の前でも被る覚悟を決めたわけでしょ? いや、周りも最初はざわつくかもしれないけど、慣れると思うよ。だから、おかめソーダさんも旦那さんの気持ちを理解する方向の努力っていうか......時間はかかるかもしれないけど、受け入れるのがベストだと思うな

ikirutoka_20210429_03.jpg

他人の旦那がカツラつけてることは何とも思わなくても、自分の旦那のことになるとどうしてもね...モヤモヤする

リスナーからのお悩み「先日は、夫が突然カツラになったという私の相談を取り上げてくださり、ありがとうございました。実は夫がカツラで帰った日から夫婦仲は最悪の状態でした。当日、私はあまりのショックに何を言ったのか覚えておらず、ただただネガティブな感情をぶつけてしまい、それを受けた夫は傷つき、へそを曲げ、ほぼ一週間冷戦状態で過ごしていました。しかし、このまま口もきかないのは良くないと思い、思い切って話し合いました。

私は『何の相談もなく、突然カツラはひどいじゃないか。あなたが思っているよりも、その姿は私の生活にも影響がある。似合っているとも思えないし、私は素頭の方が好きだ』と伝えました。一方の夫は『私が思っているよりも軽い気持ちで、ファッションアイテムのひとつとしてカツラをしたのに、私の反応に傷ついた』とのこと。ちなみに職場やいきつけの飲み屋の仲間など、夫の周りでは、爆笑する人、触れちゃいけないと静観する人、質問攻めにする人など、反応は様々なれど、概ね好評だったと自己申告がありました。

どうやら、毛嫌いしているのは私だけという圧倒的に不利な状況です。トッキーさんのおっしゃった『ズラ被ってる旦那の妻と思われるのがイヤ』というのは真理です。結局は私の気持ちの問題なんですよね。突然、夫が好みではない見た目になってしまいましたが、カツラで離婚なんて冗談みたいなことにはなりたくありません。ちなみに、夫は毎朝、鏡の前で、何年もしたことのなかったヘアセットを楽しんでいるようなので、その点は良かったなぁ、と思っています」(ラジオネーム:おかめソーダ 42歳)

トキコ「いやぁ、ハートが強いね」

「周りは概ね好評だった、と」

トキコ「夫も妻もハートが強いよ。まあ、旦那さんなりのセルフケアなわけだし、おかめソーダさんとしては最終的には納得していくんだろうね」

「自身を肯定するために必要な行為だったのかもしれませんからね」

トキコ「はい。私も偉そうなこと言っちゃったけど、他人の旦那がカツラつけてることは何とも思わなくても、それが自分の旦那ってことになるとどうしてもね、モヤモヤするっていう......これはどうしようもない感情だと思うに至りました」

果たして4月30日(金)深夜0時12分放送、ドラマ24「生きるとか死ぬとか父親とか」第4話では、どんなお悩みが寄せられるのか?

あらすじ

ikirutoka_20210429_04.jpg
トキコ(吉田羊)のエッセイが掲載された銀座のタウン誌『銀座百点』。それを探しに父(國村隼)と二人で銀座を訪れたトキコ。しかし、最近の銀座はすっかり様変わりしてしまい、思い出の店がいくつも移転したり、なくなったりしていた。何とかお目当ての『銀座百点』を見つけ喜ぶ二人は早めの夕食を取ることに。店に入るなり早速、掲載されたトキコのエッセイを読む父。そこには、父と母(富田靖子)の出会いの話が書かれていて...。

PICK UP