「ONE PIECE」は、あと〇年で終わる!? 尾田栄一郎の家にATM!? 「週刊少年ジャンプ」都市伝説の真相:やりすぎ都市伝説

テレ東プラス

yarisugi_20210324_01.jpg
3月26日(金)夜6時59分から、「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説 2021春3時間スぺシャル」を放送。今回も完全新作! 都市伝説テラーには前回に続き武田鉄矢、絶好調のおいでやすこがチョコレートプラネット長田庄平空気階段鈴木もぐらニューヨークら人気芸人や、おなじみの島田秀平らも登場し、大予言スペシャルをお届け。もちろんMr.都市伝説 関暁夫も、大激動の予感が漂う2021年にふさわしい都市伝説を。

新作放送に先駆け、2020年12月25日(金)に放送した「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説 2020冬」から、週刊少年ジャンプにまつわる都市伝説をプレイバック!

1968年創刊以降、あらゆる時代で社会現象を巻き起こした週刊少年ジャンプ。50年以上多くの人に愛され続けている一方で、後を絶たないのが「ジャンプ都市伝説」。有名漫画の伝説、噂は本当なのか? スピードワゴン小沢一敬生駒里奈がジャンプ編集部に潜入し、真相に迫る。

「ONE PIECE」尾田栄一郎の家にATMがある!?

yarisugi_20210324_02.jpg
まずは、編集担当の岩崎さんに話を聞く。岩崎さんが担当している「ONE PIECE」は、世界一売れているコミックスとしてギネス記録を持つ国民的漫画だが、様々な都市伝説が後を絶たない。

そこで小沢が、「ONE PIECE作者の尾田栄一郎の家にはATMがある」という都市伝説の真偽について直撃すると......岩崎さんは「ないです(笑)」と即答。尾田も「(家に)ある意味ないだろ」と笑っていたそう。

続いて「歴代担当者は物語の結末を知っている」という都市伝説について聞くと、答えはYES。なんと岩崎さんは、自身の誕生日にプレゼントとして結末を知らされたそう。結末についてファンの間で様々な考察がされているが、そのどれもが真相には辿り着いていないとか......。

「120巻で終わるように計算されている」という都市伝説もあるが、巻数は決まっていないものの、あと何年で終わるのかはわかっていると岩崎さん。物語はラストに向けて走り出しているという。

yarisugi_20210324_03.jpg
次に話を聞かせてもらうのは、メディア編集長の大西恒平さん。ジャンプ作品のアニメや商品を統括している。大西さんは、社会現象となった「鬼滅の刃」の作者・吾峠呼世晴が新人作家の頃に担当。大西さんによると、以前は何度も会議で落とされていて、「鬼滅の刃」も満場一致で連載が決まったわけではなく、当時の編集担当が「ジャンプらしさ」を取り入れたことで伸びていったそう。

yarisugi_20210324_04.jpg
大西さんは、実写映画化された「銀魂」も連載当初から担当。作者の空知英秋は原稿が遅く締め切りを守らないため、何度も喧嘩になったそうで......原稿を持って行こうとすると「まだ描いてるから」と原稿の引っ張り合いになったことも。印刷に間に合わないからと、印刷所に向かうタクシーで描いてもらったこともあるとか。

少年ジャンプが伝説を生み出し続ける理由

小沢は、「伝説のジャンプ」という都市伝説について話を聞くことに。

yarisugi_20210324_05.jpg
都市伝説の一つ「大震災で支えになったジャンプ」は、東日本大震災の際、仙台の子供たち100人以上が回し読みした少年ジャンプ。震災で物流がストップし、仙台の書店に1冊だけ届けられた少年ジャンプが、避難生活を送る子供たちの娯楽となったのだ。まさに「ジャンプ史上最も愛されたジャンプ」と言えるだろう。

「伝説のジャンプ」は他にもある。赤塚不二夫や永井豪も描いていた1968年の創刊号に始まり、鳥山明のデビュー作掲載号、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」最終話掲載号など......。「なぜ長年大ヒットを続けられているのでしょうか?」という生駒の問いに、大西さんは、新しい作品、新しい作家をどんどん試していくことが理由だと語る。

ジャンプ編集部には年間5000本以上の読み切り作品が送られ、そのほとんどが新人作家によるもの。その中から、新連載作品を毎年10本以上打ち出しているからこそ、ヒットを続けているという。

yarisugi_20210324_06.jpg
今回は特別に、新人作家の持ち込み現場を見せてもらえることに。打ち合わせスペースでは、まさに編集担当の橋本さんが原稿についてアドバイスをしているところ。新人作家の持ち込みに関しては、電話を受けた人が担当するため早い者勝ちなのだとか。橋本さんによると、原画、画力、展開、キャラなど、何かこの人は違うなと思わせるようなものが一つでもあるかどうかを見ているそう。

「努力・友情・勝利」は公式ではない

yarisugi_20210324_07.jpg
ここまで多くの貴重な話を聞いてきた2人だが、最後に重要人物とのコンタクトに成功。その人物とは、週刊少年ジャンプ第11代編集長・中野博之さん。数々の名作を世に送り出してきた中野さんに、ジャンプのテーマと言われる「努力・友情・勝利」について直撃!

創刊当時から掲げているのか聞いてみると、なんと「公式にこれがテーマだと言ったことはない」という答えが。もちろん「努力・友情・勝利」を大事にしている編集担当もいるが、現場の編集担当それぞれにテーマはあるそう。

yarisugi_20210324_08.jpg
その他、漫画のタイトルロゴは作者ではなく専門のデザイナーが作っているなど、貴重な話をうかがった。

最後に、中野さんは「新連載を用意してます」と極秘情報を! 歴代のビッグネームなのか、新人作家なのかは秘密だというが、中野さんは「皆さんが見たことがない新しい漫画がまたジャンプで始まると思います。期待していただければと思います」と締めくくった。

心躍るジャンプ都市伝説の数々。漫画家という一握りの才能はもちろん、編集者の漫画愛と弛まぬ努力があればこそ、そこに伝説が生まれる。

yarisugi_20210324_09.jpg
「週刊少年ジャンプが伝説であり続けるかどうかは、読者であるあなた次第です」

完全新作「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説 2021春3時間スぺシャル」は、3月26日(金)夜6時59分放送! お見逃しなく!

そして、3月27日(土)夜7時から、オンラインイベント「生でやりすぎ都市伝説ナイト」開催! Mr.都市伝説 関暁夫が、テレビでは話せない都市伝説をお届け。
【開催日時】3月27日(土)よる7時開演(アーカイブ:4月3日(土)よる11時59分まで)
【出演】Mr.都市伝説 関暁夫 ほか
【チケット】1,800円(税込)
販売期間:3月18日(木)よる8時~4月3日(土)よる8時
チケットぴあ


「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説 2021春3時間スぺシャル」
【放送日時】2020年3月26日(金)夜6時59分~夜10時03分
【出演者】<司会>今田耕司、東野幸治、千原兄弟、野性爆弾
<都市伝説テラー>おいでやすこが、学天即・奥田修二、空気階段・鈴木もぐら、号泣・島田秀平、武田鉄矢、チョコレートプラネット・長田庄平、ニューヨーク、パンサー・向井慧、藤本淳史、Mr.都市伝説 関暁夫、見取り図・盛山晋太郎(※五十音順)
<ゲスト>磯村勇斗、井上咲楽、生見愛瑠、堀潤、的場浩司、丸山桂里奈(※五十音順)
<ロケ出演>アポロン山崎、紅蝶、さらば青春の光・森田哲矢、ちかみつ、濱口善幸、武良信行(※五十音順)
【番組内容】
各界から豪華テラー陣が再び集結! 禁断の都市伝説が紐解かれる!
★米軍が恐れた"リアルサイボーグ"日本兵
★私の人生を変えた予言者からの言葉
★未来が見える男 長嶋茂雄
★世界が注目するエコノミストの予言
★サルが人を超える日 ほか

PICK UP