「渋谷」に出没! 和風スパ発祥の店&伝説のライブハウス...昭和から続く名店の数々を紹介

テレ東プラス

adomachi_20210212_02.jpg
2月13日(土)夜9時からは「出没!アド街ック天国 ~昭和の渋谷~」を放送!

adomachi_20210212_01.jpg
今回は「昭和の渋谷」と題し、再開発が進む渋谷で昭和から続くスポットのみをランキング。若者の流行を発信し、熱いムーブメントを生み出してきた渋谷。昭和の時代、最先端の服を着て「ジァン・ジァン」や「屋根裏」に通う...そんな青春の記憶が今夜蘇ります! 和風スパ発祥の店や、文化人が愛したうなぎ店、数多くの芸能人を魅了した絶品ラーメンなど、美味しい名店の数々もまだまだ健在! アド街ならではの珠玉の映像で送ります。

●壁の穴
「和風スパ」の元祖。西新橋で創業し、昭和38年に渋谷へ移転。イタリア料理に馴染みの薄かった時代に、日本人の味覚に合わせて、ウニや納豆、タラコといった和風スパが誕生した。スパゲッティをフォークで巻く時、スプーンを使うスタイルはここが発祥といわれる。厨房でスパゲッティと具材を混ぜる時に使ったフォークとスプーンを、お皿に刺したまま提供したのがきっかけ。

●BAR 門
まだ日本が連合軍の支配下にあった昭和24年に創業したバー。創業当時は、安く飲めるジンロックや、赤玉スウィートワインを使ったオリジナルカクテルが人気だった。"ラムソーダ"は昭和のスター・松田優作が愛したことでも有名。

●渋谷公会堂
昭和39年に完成。東京五輪では重量挙げの会場にもなった。様々な番組の公開収録やコンサートが行われてきた。老朽化により2015年から建て替え工事が始まり、2019年に「LINE CUBE SHIBUYA」として新たに生まれ変わった。

その他、注目のスポットが続々登場! お楽しみに!

PICK UP