テレ東ドラマ初主演の石原さとみに聞く「もしも余命を宣告されたら...どうしますか?」:新春ドラマスペシャル 人生最高の贈りもの

テレ東プラス

あなたは大切な人の余命が残り少ないことを知った時、どうしますか? 石原さとみがテレビ東京のドラマに初主演! テレビドラマ界の巨匠・石橋冠とヒューマンドラマの名手・岡田惠和がタッグを組んでおくる新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」を、2021年1月4日(月)夜8時より放送する。

余命わずかであることを隠し、突然父のもとへ里帰りしたゆり子(石原)。そんな娘に戸惑いながらも、共に生活を始める父・亮介(寺尾聰)。父と娘の温かく穏やかに過ぎていく日常を、岡田惠和が丁寧に言葉を紡ぎ描いていく。

「テレ東プラス」では、主演を務める石原さとみにインタビュー! ドラマを通じて感じた日常の愛おしさ、憧れの岡田脚本について語ってもらった。

okurimono_20200103_01.jpg

大切な人と物事を共有できることの幸せや美しさ、尊さを表現し、伝えることができたら...と思います

――石原さんにとって、岡田惠和さんの作品は初となりますね。

「岡田さんの作品は、ものすごく憧れがありました。色んな作品がありますが、どれも温かく、クスッと笑えてリアリティがあるのにどこかファンタジーの要素もある。そこには確実に岡田さんの世界観があり、"いったいどんな台本で作られているのだろう?"とずっと思っていました。今回ご一緒できると知ったときは、本当に嬉しかったです」

――実際に台本を読んでいかがでしたか?

「最初のト書きから、吸い込まれるように一瞬にして想像力がかき立てられました。これまで感じていた、温かい世界観や登場人物が優しいところは変わらず。セリフとセリフの間に"......"が多く、その行間を演者に考えさせてくださる、委ねてくださる脚本になっていると感じました。とはいえキャラクターを作る難しさはまったくなく、ト書きを読んでいると自然と"こういう家に住んでいる、2人の間にはこういう空気が流れている"ということが伝わってきて、それがすべて人物描写につながるのです。台本を読んだインスピレーションを持ってキャストの皆さんと現場に入ったら、自然とゆり子になれるというか...。たとえセリフがなくても、その場で本を読んだり食べているだけで完結する...そんな素敵な世界でした。あえて核心を突かないけれど、大切な人と物事を共有することの幸せや美しさ、尊さを表現し、それを伝えることができたら...そう感じました」

okurimono_20200103_02.jpg
――父・亮介役を演じた寺尾聰さんとの共演シーンが多かったと思いますが、寺尾さんとのお芝居はいかがでしたか?

「寺尾さんはすごく温かい方で、娘としてすごく愛してくださいました。大変ありがたいことに、私が出演した作品を見てくださったようで、『今作のような石原さとみが見たかったんだよ』とおっしゃってくださって...それがものすごく嬉しかったです。現場でも色んなお話を気さくにしてくださるので、本当のお父さんと娘のような関係になれました。実は撮影後も何度かプライベートでお会いさせていただき、私の誕生日に開催された寺尾さんのライブにもご招待してくださったんです。ステージでの寺尾さんもすごく素敵で、本当にこの作品で寺尾さんとご一緒させていただいて良かった! と思いました。大きな愛で包んでくださるので、心強くなりました」

――ゆり子の夫・繁行役を向井理さんが演じました。今回が初共演となります。

「向井さんとは、初共演とは思えないほどたくさんお話をしました。面白くて紳士で、ナチュラルで気さく。とても自然体な人というイメージです。役柄もあったのかもしれませんが、一緒にいる時、あえて話をしなくてもすごく心地良かったです。私が好きなシーンは、夫婦で"白和え"を作るところ。白和えがめちゃくちゃ美味しかったというのもありますが、ご飯を食べて、お腹も愛情も満たされていくことがどれほど幸せなことか...。ゆり子は病気なので痛みもありますが、繁行とご飯を食べている時は、その痛みすら和らいでいたかもしれません。それくらい幸福度が高いシーンです。ご飯を食べる、作るシーンはたくさん登場しますが、そこに会話があるわけではないので、画面から感情が伝われば良いなと思います」

――石原さんがおっしゃるとおり、食事のシーンが象徴的ですね。作品を通して、改めて食事について感じたことはありましたか?

「実は撮影と自炊の楽しさに目覚めた時期が重なっていて、舞台もあり、体調管理のために朝食をしっかりと作るようになったんですね。お腹や心を豊かにすることの大切さにちょうど気づいた時だったので、特に物語に共感することができました。また、お料理を丁寧に作ることの大切さもこの作品を通して教えていただきました。先ほどもお話ししましたが、ゆり子と繁行が一緒に作った白和えは本当に美味しくて(笑)。料理監修の先生にレシピと豆腐を漉すときに使用した布巾をいただいたのですが、それを使うと全然違います。豆腐の味がしっかりと濃く感じられて、こんなに変わるんだ...と驚きました。もちろん家でも作りました」

okurimono_20200103_03.jpg
――ぜひ、石原さんの得意料理を教えてください。

「自分でも"お店?"と思うくらいスパイスを常備していて、最近は、それを使ってスリランカやインドの本格的なカレーを作っています。スッキリさせたい、苦みを増やしたいなど、その日の気分によってスパイスの量を変えるのも楽しくて...。アジョワンというスパイスがあるんですけど、これを使うようになってから、より本場に近いスリランカ料理が作れるようになりました。クミンシードやヌクナムも好きなので、エスニック料理を作ることが多いです」

「この台本がコロナ禍以前に書かれていた」ということが奇跡だと思いました

――もしも石原さんが、ゆり子と同じように余命を宣告されたらどうしますか?

「私は、きっとすぐみんなに言ってしまうと思います。自分と一緒に戦ってくれる心強い味方と日々を過ごしたいので...。命にしがみついていくというか生きたい気持ちが強いので、ゆり子よりもっとがむしゃらになりそう。なかなか会えなかった友だちに会う、病気についてとことん調べたり...結構忙しいかもしれません」

――ゆり子の姿を通して描かれる、「当たり前の日常を送れることの愛おしさ」は、コロナ禍のいま、ものすごく心に響きます。

「そうですね。ただ一緒にご飯を食べて本を読んで散歩する...そんな当たり前のことがどれだけ尊く愛おしいものなのか。この台本がコロナ禍以前に書かれていたということが奇跡だと思うくらい、その大事さを伝えています。

コロナ禍でご飯を一緒に食べて目を合わせる、一緒に何かを作ることがどれだけ幸せなことなのか...改めて気づかされましたし、私自身も、家族や身近な人たちに対しての思いが強くなったと感じています。いま皆さんにこの作品がどのように映り、どんなメッセージを受け取ってくださるのか...すごく楽しみです」

okurimono_20200103_04.jpg
(取材・文/玉置晴子)

【石原さとみ プロフィール】
1986年12月24日東京都出身。A型。第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン 「ピュアガール2002」でグランプリを受賞し、女優に。ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(2020年)、「アンナチュラル」(2018年)、「地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子」(2016年)ほか、多数主演。CMにも出演中。

新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」は、2021年1月4日(月)夜8時放送! 気になるあらすじは...。

東京・豊島区。鬼子母神堂の裏手に佇む小さな洋館に、元大学講師の翻訳家・笹井亮介(寺尾聡)は暮らしている。妻に先立たれ一人暮らしとなった今は、家事も料理も完璧にこなすが、仕事は自由奔放。〆切を守らない亮介に、担当編集者・野村(勝地涼)はいつも隣で頭を抱えていた。さらに近所に住む原口光代(キムラ緑子)は、亡き妻から「主人をよろしく」と頼まれたのを口実に、毎日勝手に家に上がり込んでいる。

一方、亮介の一人娘・ゆり子(石原さとみ)は、長野県安曇野ののどかな町で、亮介の元教え子で教師の夫・田渕繁行(向井理)と暮らしていた。ところがある日、ゆり子が父のもとに帰ってくる。連絡もなく突然の帰省に驚く亮介は理由を尋ねるが、ゆり子は一切語ろうとしない。わかったのは家にいる期間を決めていないということだけだった。これまで「父と娘」の会話をろくにしてこなかったため、二人の間にはぎこちない雰囲気が漂う。こうして始まった父と娘の2人暮らし。緊張しつつも温かく穏やかに過ぎていくが...実は娘の人生に残された時間はわずかだった。娘が胸に秘めていた決意とは? そしてそんな思いを父が知る時が来るのだろうか。