<ネタバレあり>「歴史迷宮からの脱出」から出題 信長のもとに届いた手紙の暗号を解け!<謎解き>

テレ東プラス

rekishi_meikyu_20201002_01.jpg

ここでは謎解きの正解を表示しています。これから謎解きを楽しみたい方はご理解の上、お読みください。

10月2日から放送が開始したドラマ25「歴史迷宮からの脱出 〜リアル脱出ゲーム×テレビ東京〜」(毎週金曜深夜0時52分〜)。

未来において改竄された歴史を修正するため、福本莉子演じる主人公・谷田純と同級生の江畑伶人が過去に遡り、必要な暗号(=謎)を制限時間内に解き明かす新感覚 SF コメディドラマ。単体のドラマとして楽しめるだけでなくニュースアプリ SmartNews と連携、アプリ内にて視聴者がリアルタイムで解答を入力し出演者とともに全国の参加者と解答順位を競い合う視聴者参加型のドラマとなっています。

"謎"の制作は謎解きイベント"リアル脱出ゲーム"の仕掛け人・SCRAP。ドラマ第1話では、桶狭間の戦い前日に織田信長のもとに届いた手紙。その手紙が暗号になっていました。

【第1話の謎】この郵便番号に入る数字を導き出せ。

rekishi_meikyu_20201002_02.jpg
正解はこの下





















【正解】604-8237(本能寺跡地の郵便番号)

【解き方】
左にある「信長公生誕日」は織田信長の誕生日なので、1534年6月23日。これを数字に直すと15340623で「15」「34」「06」「23」の4つの数字に分けられる。

次にこの数字を羅列表に当てはめてみる。

まず最初の数字を縦、次の数字を横に当てはめてみると...

<横><を><先><に>

この読み方ではなく、最初の数字を横、次の数字を縦に当てはめて読むよう指示される。指示通りにやってみると...

<最><期><の><地>

「最期の地」と導き出される。

信長最期の地といえば本能寺。本能寺の郵便番号が分かれば正解!

ここで検索して「604-8091」だと思った方。実はそれは間違いです。現在の本能寺は実は移転したもの。信長の最期の地となった場所は、現在の本能寺跡地と呼ばれている場所になります。

なので正解は「604-8237」。ひと筋縄ではいかない、謎解きです。

今回謎が解けた人、また謎は解けなかったけれどもっと問題を解いてみたい方は次週の『歴史迷宮からの脱出』をご覧ください!

第2話あらすじ

歴史研究部の部室で谷田純(福本莉子)に歴史を教えている江畑伶人(飯島寛騎)。すると再び、2520年からタイムスリップしたビル・フジタ(要潤)が現れる。

「今から3年後、ある国の独裁者がうっかり核ミサイルの発射ボタンを押してしまい東京は崩壊する」とフジタから聞かされた純は、成人してお酒を飲みながら騒ぎたいという強い執念のもと、江畑を連れてバグが発生している1830年へタイムスリップすることに。

そこには、お寺の壁に絵を描いている葛飾北斎(渡辺哲)が...。果たして2人は暗号を見つけ、葛飾北斎を救うことができるのか...!

<クイズへの参加方法>
この番組は皆さんが謎解きに参加できるドラマです。ドラマの登場人物が挑む謎解きに、番組を観ながら同時に挑戦できます。

【ステップ1】
SmartNewsのアプリをダウンロードしてください。ダウンロード時に『歴史迷宮の謎』チャンネルが追加されます。

ダウンロードはこちらから!

こちらのQRコードからもダウンロード可能!

rekishi_meikyu_20201002_03.jpg
【ステップ2】
解答をアプリ内の『歴史迷宮の謎』チャンネルにある解答フォームに入力、送信!

※すでにダウンロード済みの方は、『もっと』チャンネル上で『歴史迷宮の謎』チャンネルをご登録のうえ解答を入力してください。

※チャンネルを登録するにはSmartNewsの最新版へのアップデートが必要です。