不安が蔓延すると増える犯罪...1日に600件以上も発生する「空き巣」の防犯策を徹底ガイド

テレ東プラス

現代日本人の身近に起こるさまざまな社会現象をテーマに、"今"を捉える知的エンターテインメント「たけしのニッポンのミカタ!」(毎週金曜よる10時)。4月10日(金)は、ゲストに武井壮藤田ニコル、折元洋巳(防犯アドバイザー)を迎え、「春先が危ない!最新防犯対策教えます」を放送する。

「テレ東プラス」では、元警察官が伝授する「空き巣VS元警官!どうすればドロボーに入られない?空き巣対策」を先取りでご紹介。

社会に不安が蔓延すると増えるとされるのが犯罪。特に春に急増するのが、全国で1日に600件以上も発生している「空き巣」。「留置場の看守を経験し、檻の中で犯罪者から(手口を)教えてもらうことにより、普通の警察官が知らない防犯上の大事なことを勉強した」と語るのは、元大阪府警の巡査部長・折元さん。キャリアを生かし、退職後は防犯をPRする一般社団法人を設立。いわば犯罪者の心理を熟知した「防犯のスペシャリスト」である。

現在は、防犯アドバイザーとして活躍する折元さんと共に都内の住宅街を歩き、街の中に潜んでいる危険について解説してもらった。どのような家が狙われるのか?

mikata_20200409_2.jpeg
折元さんが立ち止まったのは玄関が奥まった場所にあるアパート。ベランダ側には視線を遮ることができる高い壁がある。「人目につくのを恐れる」という泥棒側の心理からすると、奥まった玄関や中が見えない高い塀はちょうど死角となり、侵入するにはベストな場所となる。次に確認するのは「侵入する家の住民が留守か在宅しているか」という点だ。

mikata_20200409_3.jpeg
【留守の判断方法】
①カーテンが閉まっていて電気が消灯

②窓に石をぶつけて反応を見る

③インターホンを鳴らして応答を確認

不在を確認し、空き巣に入るパターンが多いという。しかし、犯行の手口は進化しており、在宅中に侵入されるケースも......。窓や扉を壊して侵入するという基本的な方法は変わっていないが、泥棒がチームを組んで住民を騙すこともある。

mikata_20200409_4.jpeg
市役所の職員を装って「明日からゴミの集積場が変更になる」と住民を外に誘い出し、その間に空き巣に入るといった手口が急増。ちなみに役所などの職員は、事前連絡なしで訪問することはないそう。安易に信用しないようにご注意を。

mikata_20200409_1.jpeg
また、マンションの雨どいは構造がしっかりしているため、泥棒が登ることができるという。そこで紹介するのが「忍び返しバンド」。忍者も登ることができない鋭いトゲで威嚇し、侵入に時間がかかるのを嫌う泥棒を撃退する。雨どいに設置する防犯アイテムなのだ。

そして、泥棒に狙われやすいのが「駐輪場の荒れたマンション」。荒れた駐輪場を見ただけで、住民同士のコミュニケーションが薄いと判断され、万が一、住民以外の異物が侵入しても誰も意識しないからだという。駐輪場の整理を忘れずに。

近所付き合いが希薄になった今、積極的にコミュニケーションをとれば、空き巣を未然に防ぐ確率もアップするとのこと。「まさか我が家が...」となる前に徹底した防犯対策を!

この他番組では、「最新の犯罪と防犯...SNS、QRコード決済、フリーWi-Fiには落とし穴がある!?」「泥棒もお手上げ!?"あるモノ"がない、究極の防犯住宅」などをお届けする。

明日よる10時放送「たけしのニッポンのミカタ!」をどうぞお楽しみに!