感染症専門医一家の”感染症とは関係なさすぎる”衝撃の日常に密着:家、ついて行ってイイですか?

テレ東プラス

homii_20200407_01.jpg

テレビ東京では、明日4月8日(水)よる9時から、『家、ついて行ってイイですか? 2HSP!~今年は家のTVでお花見楽しもう! 訳あってOAしなかった...1年前の「日本のお花見」』を放送いたします。

今年は桜が満開なのに、お花見をできなかった人が多いはず。でも、桜は日本人の心! 春に桜を見ると、希望をもらって明るい気持ちになれるのも事実です。そこで、今回は特別編。「訳あってOAしなかった1年前のお花見SP」を放送! 1年前の春は、今年とは全然違う景色でした。そして、そこで出会った人の家についていき出会った「人生ドラマ」の数々をご紹介します。「桜」にまつわるエピソード6本。1年後にまた、1年前のお花見に戻れるように! 今年はお家に、お好きな飲み物や料理を用意して、4月8日(水)よる9時〜テレビの前でお花見!(全て初公開エピソードです!)

<ワケあってOAしなかった...1年前の「日本のお花見」>
1:「群馬の花見で見つけた! 美人3姉妹」【群馬・赤城南面千本桜まつり】(取材日・2019年4月14日)

やたら明るい美人3姉妹と母! 家の中でもカラフル。トイレで「トイレの神様」ごっこ...風呂で「ウォーキングデッド」ごっこ...一体なぜ、そんなに明るいの?...そこには涙の理由が...

2:「あだ名はトトロ! 栃木・トンカツ一族の花見」【栃木・八幡山公園桜まつり】(取材日・2019年4月3日)

60歳を過ぎて、東京から栃木へ移住した「トトロ」と呼ばれるおじさん。彼は一族でトンカツ店を営む、トンカツ一族の社長の兄なのだが...実は40年以上、東京でうなぎ料理店で働いていた。60歳を過ぎて、栃木へ帰ってきた訳とは? そこには、ひたすら明るい妻の支えがあった!

3:「40年の茨城で! 最先端だったデザイナーズ農家ハウス」【茨城・きらくやま桜まつり】 (取材日・2019年4月2日)

「新元号は令和」...ちょうど1年前、新元号が発表された翌日の4月2日に茨城のお花見で出会った75歳・農家のお嫁さん。いまは、みるからに古民家! 立派な日本家屋だが...じつは「当時は最先端だった」! 姑との同居...厳しかった農業...いまとは違いすぎる「昭和の日本」を生き抜いた老夫婦が、1年前、平成が終わる直前に語った「これからの夢」...それは1年後のいま胸に刺さる一言だった。

<ワケあって今年の春にOAしたかった!「桜」にまつわる人生ドラマ3連発>

1年半~半年前にロケして...どうしてもこの春OAしたかった初出しVTR3連発! そのわけとは!?

1:「国立感染症研究所で...インフルエンザの万能ワクチン開発した男」【深夜の浦和駅】(取材日・2019年3月1日)

庭には1木の大きな河津桜が満開! 家の中から、絶景の夜桜ビュー! そんな素敵なおうちに...なんとも不思議なイケメンおじさんが住んでいた! 趣味はリコーダー...。自室にバーカウンターを作り、カウンターにバイキンマン座らせ...。部屋には大好きなイチゴのお菓子だらけ...この「少し変わった人」の正体...東京大学医学部卒、ハーバード大学へ留学。国立感染症研究所でインフルエンザの万能ワクチンを開発したすごすぎる人だった。

息子は慶応大学・医学部卒...専攻は父と同じく感染症! エリートすぎる一家かと思いきや...夫婦ゲンカ勃発寸前...そして子が仲裁。感染症専門医一家の、感染症とは関係なさすぎる、衝撃の日常。

2:「狂い咲いてくれた...亡き夫が植えた庭の1本桜」【岡山・井原鬼祭り】(取材日・2018年10月28日)

秋祭りで出会った69歳の美容室営んでいた女性。美容室をたたんで、故郷へ戻り...1年前に建てた家の庭に行くと、そこには桜の木が。「足腰が衰えても、大好きだった桜を楽しめるように、夫が植えてくれた」亡き夫が植えたその桜は...なんと、ロケ日(10月)に2輪だけ、狂い咲き。一体なぜ? 夫の死後に起こった、いくつかの奇跡とは?

3:「桜の咲く頃...もう一度会いたい女子大生」【深夜の亀戸駅】(取材日・2019年9月21日)

マスコミ業界目指す22歳の法政大生! 実は「家、ついて行ってイイですか?」の制作会社に内定しています! でも、今悩み始めていて、「家、ついて」を作りたいけど...他の選択肢もあるのかな...果たして、今年4月から新社会人になる彼女が選んだ会社とは!?

【出演者】
ビビる大木矢作兼(おぎやはぎ)、森香澄(テレビ東京アナウンサー)
<ゲスト>佐藤二朗百田夏菜子