大のお気に入りの「死んだ目」を披露! 栗山千明×馬場徹対談・前編:サイレント・ヴォイス

テレ東プラス

人が嘘をつく瞬間に0.2秒間だけ現れる、その人固有の"マイクロジェスチャー"を読み取り「被疑者の嘘を見破る」女刑事・楯岡絵麻が、事件を解決していくミステリー「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」。待望のSeason2が、4月11日(土)夜9時BSテレ東にてスタートします。

今回は、泣く子も黙る"閻魔さま"こと楯岡絵麻を演じる栗山千明さんと、絵麻の新たな相棒・東野浩介を演じる馬場徹さんの対談を慣行! 前後編の2回にわたり、動画でお届けします。

前編では、Season2への思いや、それぞれの役柄、お互いの印象などについてトーク。

Season2制作決定と聞いて、「もちろん『嬉しい!』っていう気持ちと、『うわっ、また撮影するんだ』っていう恐怖と、正直ありました」と栗山さん。それはなぜ? 栗山さんにとっての「サイレント・ヴォイス」という作品とは「〇〇」だった!?

一方、前作は視聴者としてドラマを楽しんでいた馬場さん。「サイレント・ヴォイス」という作品の面白さは、「めくられていく感じ」。その心は?

silentvoice_20200404_01.jpg
共演してみてのお互いの印象は? 馬場さんは、「栗山さんはスタイリッシュなイメージがあったんで。でも、現場に入らせていただいて、話すと......」イメージが大きく変わったという。現場での栗山さんの姿って!? そして、馬場さんは「優しー!」と叫ぶ栗山さん。一体何が!?

また、絵麻の新たな相棒・東野のコメディシーンも必見! 現場では東野のリアクションシーンで大爆笑。立ち位置的に東野の表情を見られない栗山さんは、カットがかかった後、「何やってたの? やってやって!」とお願いして、馬場さんに再度やってもらっていたのだそう。

中でも、栗山さんが大のお気に入りの東野の「死んだ目」を、この場で馬場さんが披露! ドラマスタート前、一足お先に大公開。ぜひご覧ください! 動画はこちら! 

警視庁のエリート刑事の嘘を見抜け!

BSテレ東 開局20周年特別企画「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻 Season2」(毎週土曜夜9時放送)は、4月11日(土)スタート!

Season2に登場する被疑者は、"警視庁のエリート刑事"や"天才音楽家"、"ネット社会に絶大な支持を得る若手政治家"......など嘘を得意とする強力キャラクターが続々。また"ゴーストライター問題"や"アイドル暴行事件"、"運動部での体罰問題"...など昨今世間を騒がせたタイムリーな事象を取り込んだストーリーで、最後にはアッと驚くドンデン返しが待っています。

silentvoice_20200404_02.jpg
4月11日(土)放送の第1話は?

CASE1 間違った正義
行動心理学で嘘を見抜く女刑事・楯岡絵麻(栗山千明)が取り調べるのは、数々の事件を解決してきたエリート捜査官・宮出(筧利夫)。宮出が捜査の中で強盗殺人犯を正当防衛で射殺した件で事情を聞くと、嘘をついていることが分かる。
警察全体が宮出に同情的な中、絵麻だけは事件に裏があると睨む。警察の動きを熟知する警察官である被疑者は絵麻をも巻こうと工作。そこで絵麻はある仕掛けで対峙する。すると驚きの真相が暴かれる!