未公開トーク! 年間20回ドッキリにかけられた男と、絶対に引っかからない男:自慢したい人がいます

テレ東プラス

街ゆく人に「自慢したい人」を聞きこみ調査し、スゴイ人を発掘していく「自慢したい人がいます~拝啓 ひねくれ3様~」(毎週土曜 夜10時30分放送)。番組MCは、"ひねくれ3"こと山里亮太(南海キャンディーズ)、岩井勇気ハライチ)、小宮浩信三四郎)、進行役は秋元真夏乃木坂46)。放送を振り返るとともに、残念ながらカットされた未公開トークもお届けする。

ザキヤマとフジモンがずっとしゃべっているワケは?

hinekure_20191210_02.jpg
12月7日(土)の放送は、「校長が和田アキ子さんとCDを出した」という女子高校生や、猫に関する本だけを集めた書店「にゃんこ堂」店主などの自慢したい人を聞き込み調査。

また、小宮が「水切りの達人」の元を訪れ、猛特訓を受けるロケ企画も。水切りとは、水面に向かって石を投げて跳ねさせる遊び。現在、水切りの大会は日本各地で行われており、アメリカやイギリスなど世界でも盛り上がりをみせているという。

hinekure_20191210_03.jpg
こちらが水切りの達人・森川さん、71歳。対面早々、小宮も「一杯ひっかけてます?」と口にしたほどの面倒くさ......面白キャラだが、全盛期は46回を記録したことがあるというスゴイ人。最初は3回しか石が跳ねなかった小宮も、達人による猛特訓によりひたすら投げ続けること1時間。最後に達人の石を使わせていただき挑戦したところ、なんと20回に成功! 「めちゃくちゃ面白い!」と大興奮だった。

hinekure_20191210_04.jpg
視聴者からの投稿コーナーでは、20代男性の「やってる感をアピールして、仕事をさぼるのが得意」という自慢から、ザキヤマ(山崎弘也)、フジモン(藤本敏史)らモンスターが揃う番組ひな壇での「ガヤのいれ方」についてのトークに。本番中だけでなく楽屋でもずっとしゃべっているザキヤマとフジモンに、小宮が「やってる感出しますね」と言ったところ、2人は「いざというとき声がでなくなるから、リズムを作るためずっとしゃべっている」と答えたそう。

hinekure_20191210_05.jpg
......だが、「アレはたぶん病気」との小宮の発言に、山里、岩井も爆笑しながら同意した。

【未公開トーク】年間20回ドッキリにかけられた小宮

hinekure_20191210_06.jpg
ここからは未公開トーク! 小宮が年間約20回は引っ掛けられているというドッキリについての話題に。「ドッキリから飛び出しで次の仕事に行って、『さっきドッキリにかかっちゃったんですよ~』と話していたら、それもドッキリだった」というドッキリはしごの経験もあるそう。

経験豊富なだけに、小宮はドッキリにビンカン。「打ち合わせの最中に、マネージャーに電話がかかってきて席をはずす」のは、ドッキリの疑い大だという小宮。ある日、マネージャーが部屋を出ていき、しばらく戻ってこなかったときは、ドッキリに間違いないと確信。ところが実際は、「相方のドラマのオファーがきて(電話が)長かっただけで、ドッキリではなかった(笑)」のだそう。もはや、ドッキリのマヒ状態!?

hinekure_20191210_07.jpg
かつてはよくドッキリにかけられていたという山里。忘れられないドッキリは、山里の乗ったセスナの操縦桿が抜けて墜落......と思ったら、最後は曲芸飛行をしてネタばらしというもの。山里は「しばらく飛行機乗れなかった」というほどの恐怖で、トラウマになってしまったそう。しかも、それは「山ちゃんは、死ぬと思ったとき、なんというでしょうか」というクイズを出題だったというオチ。ちなみに正解は「お母さん」だったとのこと。

hinekure_20191210_08.jpg
そんな中、ドッキリ企画に無縁の岩井は、「オレはあんまりリアクションが面白くないから」「(隠し)カメラに気づいたら口に出してしまう」と自己分析。以前、コンビ解散ドッキリを仕掛けられたものの、相方・澤部佑が「オレがひとりでテレビに出てること、どう思う?」と聞いてきた時点で、幼稚園の頃からよく知る澤部が「絶対にそんなことを言うはずがない」とドッキリ成立せず。岩井としては、番組スタッフに「(自分をドッキリに)かけさせてくれ」と思っているのだそう。

【未公開トーク】不本意ながらも謝る山里の心の中は!?

視聴者からの投稿は、20代男性の「どんなに相手が間違っていても、余裕で土下座ができます。黒と思っても、偉い人が白といえば即効『白』と言います。長いものに巻かれる私ですが、トラブルなく暮らせます」という自慢を紹介。ひねくれ3は、「これは自慢になる!」と意見が一致。岩井は「なかなかできない、プライドが邪魔して」と投稿者を評価した。

hinekure_20191210_09.jpg
ちなみに、3人は「相手によって意見を変えない派」。「長いものには巻かれるけど、長いものに巻かれなくていいように、みんな頑張っていくんでしょ」という山里は、不本意ながらも謝らなければならない場合、「こんなこと言った人たちを、全員この世界から消してやる......今日この日のことを忘れない......と思いながら謝る」と、ひねくれだからこそのモチベーションの上げ方を明かし、笑わせた。

hinekure_20191210_10.jpg
そんな中で、秋元は「長いものに巻かれても、ストレスを感じないタイプ」とのこと。普段はちやほやされているであろう秋元に対し、絶対に「かわいい」とは言わない3人。「こんな3人のことをどう思う?」と聞いたところ、秋元は「いつか"かわいい"って言わせてやろうと思っています」と笑顔で答え、一枚上手なところを見せた。

この放送は現在「ネットもテレ東」で配信中です!

次回12月14日(土)の放送は、ご当地自慢SP"群馬県編"。世界遺産をアートに変える鉄の芸術家、皇室も愛する水沢うどんの老舗、3年連続日本一に輝いた高校生鷹匠が登場!