池上彰が徹底解説!蠢くアジア~もしも朝鮮半島有事が起こったら…:池上彰の激動!世界情勢SP

公開: 更新: テレ東プラス

日曜夜6時30分からは「池上彰の激動!世界情勢SP~蠢くアジア~もしも朝鮮半島有事が起こったら…」を放送!

記事画像

【動画】池上彰がまさに動いているニュースの現場を実際に見て分かりやすく解説

中国と台湾、韓国と北朝鮮など蠢くアジアの現状と未来を池上解説やシミュレーションドラマ、そして現場取材で解き明かす。2024年は、中国・台湾と韓国・北朝鮮を軸にアジアが蠢く!1月には北朝鮮の金正恩総書記がこれまで統一を目指していた韓国を“敵国”と発言し、韓国延坪島周辺海域に200発を砲撃。4月には極超音速ミサイルの試射に成功と発表するなどきな臭さが漂う。一方日本に対しては与正氏が談話で「岸田総理が正恩氏と早期会談の意向」と秋波を送る。

記事画像
こうした中、4月15日には北朝鮮で最も重要な祝日太陽節(金日生の誕生日)があり、出方が注目される。中国は5月に発足する台湾の新政権に早くも揺さぶりをかけている。台湾が実効支配する金門島の禁止水域に中国海警局が初めて進入するなどプレッシャーをかける一方で福建省アモイでは台湾出身の起業家向けに税制面などで優遇措置をとるなど、台湾世論の分断を狙うような動きを見せている。

記事画像
ロシアによるウクライナ侵攻など「起こるはずがない」と思っていたことが起こってしまう時代。朝鮮半島有事や台湾有事は起こる可能性はないのか?もし起こったらどんなことに注意しなければならないのか。蠢くアジアの現状と未来を池上解説やシミュレーションドラマ、そして現場取材で解き明かす。

記事画像