文原聡による新作ショートアニメーション「Amebas!(アミーバス)」をテレ東公式YouTubeチャンネルで配信!

公開: 更新: テレ東プラス

アニメ「The World of GOLDEN EGGS」や、ディズニー「キュービックマウスシリーズ」などで知られる、人気CGアニメクリエイター・文原聡(studio crocodile)による新作ショートアニメーション「Amebas!(アミーバス)」のテレビ東京公式YouTubeチャンネルでの配信が決定しました。

【動画】新しいクレイアニメ!?食いしん坊少年の胃袋に暮らす謎の微生物

記事画像
「Amebas!」は言語を問わず、世界中の人々が楽しめる作品として制作されたアニメーション。子どもたちを魅了し、子どもたちに愛されるクレイアニメを、CGを使って疑似的に表現することで、コマ撮りでは不可能だった新しい表現を実現しました。クレイアニメらしい、キャラクターの形の変化や、クレイ独特の色味や肌触りを映像や音で表現しています。

言葉がわからなくても、動きや音楽で楽しませてくれる新感覚なショートアニメーションです!≪スタッフコメント≫
■番組プロデューサー・小林史憲(テレビ東京 報道局)
テレビ野郎ナナーナでタッグを組んだ文原聡監督に再び声をかけたのは2年前。「人種も国籍も言語も超えて、世界中の子どもたちを笑顔にしたい」そんな思いからでした。“セリフなしのアニメ”をお願いしたのに、文原監督が生み出したキャラクターたちは喋りまくります。それは世界中の誰が聞いてもわからない言語。でも・・・世界中の誰でも楽しめるアニメが完成しました!「ナカモトくん」という食いしん坊の少年の胃袋に暮らす謎の微生物「アミーバス」が大暴れする、1話1分ほどのショートアニメ。子供から大人まで、勉強や仕事の合間に、電車・バス・トイレの中でも、いつでもどこでも気軽に楽しんでいただけたら嬉しいです。

■アニメクリエイター・文原聡(studio crocodile)
”言語の違いを気にせず、世界の子どもたちが楽しめるクレイアニメを作りたい”という思いで、Amebas!の企画はスタートしました。と言っても、我々には実際のクレイアニメをつくる経験もなければ、時間や予算的な余裕もありません。そこでクレイアニメの自由で楽しい要素を残しつつ、技術的には3DCGで制作することにしました。
結果として、クレイアニメのようでそうではない、ハイブリッドな新しい感覚のアニメを作り上げることが出来きたと思います。
不思議な生き物”Amebas”のショートストーリーを、沢山の子どもたちが楽しんでくれたら、大変嬉しいです。

≪放送内容/あらすじ≫
主人公はテリーとスモールという2体の微生物。アメーバ状の体を粘土のように自由に形を変えられる。2体が生息しているのは、食いしん坊の男の子、ナカモト君の胃袋の中。だが、ナカモト君は微生物の存在に気づいていない。この微生物は善玉なのか? 悪玉なのか??中立なのか???詳しい生態はまだ明らかにされていない。分かっているのは、とにかく食べることと、遊ぶことが大好きだということ。「Amebas!」はそんな謎の微生物たちが繰り広げるドタバタコメディ。

≪配信概要≫
【タイトル】「Amebas!(アミーバス)」
【配信日時】2024年3月29日(金)夕方6時~配信開始
【配信】YouTube テレ東公式チャンネル

PICK UP