「ダンボールを殴ってみたり」日向坂46・佐々木美玲のネガティブ解消法

公開: 更新: テレ東プラス

あちこちオードリー」(毎週水曜夜11時6分)1月31日(水)の放送は、日向坂46から佐々木美玲松田好花森本茉莉山下葉留花が来店。オードリーにガチ悩み相談!

【動画】日向坂46・佐々木美玲はお風呂場で泣いてる!?

日向坂46おしゃべり大好きメンバー


記事画像
日向坂46から、1期生~4期生の“2024年にバラエティで活躍しそうな4人”が来店。

活動9年目を迎えた日向坂46は、紅白歌合戦4年連続出場、2022年には結成以来の目標だった東京ドームライブを成功させるなど大活躍。

記事画像
しかし、昨年は紅白落選。これをきっかけに、メンバー全員で今後を考える話し合いを開催し、今年のテーマを「Let‘s be happy」に決定。前回の東京ドームライブはコロナ禍で歓声禁止だったため、「もう一度東京ドームに立ちたい」「ドームで歓声を浴びたい」と、目標に向け頑張っているそう。そんな4人が、オードリーにお悩み相談!

グループの活動に加え、「ZIP!」(日本テレビ系)コーナー出演などでも活躍中の"みーぱん"こと、1期生の佐々木の悩みは…

記事画像
「みーぱんもそういうことあるの?」と驚くオードリーに、「意外にダークな部分を持ってるんです」とみーぱん。夜の帰り道などで「上を見ながらバラードを聴きながらリフレッシュしてると、どーんってなります」と、突然ネガティブスイッチが入ってしまうことがあるそう。

これまで「ダンボールを殴ってみたり」「海を見に行ったり」と、自分なりの解決法を試してみたというみーぱん。結果、一番効果があったのは「お風呂場で泣く」ことだったそう。

他メンバーもネガティブになってしまうことが。松田は、クイズ番組への出演が決まると必死に勉強するが、付け焼き刃の知識では太刀打ちできず、「向いてないんじゃないかな…とネガティブになっちゃう」と。

これを聞いた若林は、松田がオードリーの例えについていくため「キン肉マン」の勉強をしてきたエピソードを。「山里亮太以来だな、こんな勉強する人」と、松田の努力に感心する。

記事画像
森本は、ネガティブになるとフワちゃんのYouTubeを見るそう。自分の中にフワちゃんの要素を取り入れると「違う人になれた気がして」楽になれるのだという。

どんな風に要素を取り入れるのか聞いてみると、「おはピヨ」と挨拶をするとのことで、春日からは「そのままじゃん!」とツッコミが。

山下は、寝る前にその日の発言などを後悔するタイプ。解決法は独特で「宇宙を思い浮かべる」とのこと。

「宇宙から見た地球って本当に小さくて、私がいるのかどうかも分からない小ささ。その小さな人が悩みを抱えてたって、明日は来る」とポジティブに切り替えるという山下に、若林は「全く同じことをTAIGAさんが言ってた」と苦笑し、一同爆笑!

4人の話を聞いた若林は、「『ネガティブでだいぶ稼いだ』と思ったら、平気なんだよね」と。テレビに出始めの頃は“人見知り”や“じゃない方芸人”として声がかかることが多かった若林。「"ネガティブじゃなければ今の自分はいない"と思えば、ポジティブな人を羨ましく思うこともない」と、自らの経験からアドバイスを送った。

記事画像
その他、松田は「仕事の悩みを話せる相手はいますか?」という悩みを。「ガヤを上達させたい」という山下は、アドバイスをもらいながらガヤに挑戦! 森本は若林と目を合わせる特訓を、みーぱんは「ツンツンしたい」を実践し、若林大困惑!? 「ネットもテレ東」で!

PICK UP