風間トオル“衝撃の貧乏時代”カマキリの足をかじり、洗濯機を風呂代わりに…:じっくり聞いタロウ

公開: 更新: テレ東プラス

じっくり聞いタロウ~スター近況㊙報告~」(毎週木曜深夜0時)。2月1日(木)の放送では、風間トオルが衝撃の貧乏話を告白した!

【動画】風間トオル衝撃の貧乏時代!「日が当たる壁に体をくっつけて熱をもらっていた」

記事画像
風間は19歳の時にモデルデビューし、浅野温子、三上博史主演の月9ドラマ「世界で一番君が好き!」をはじめ、さまざまな人気ドラマに出演。還暦を過ぎた現在も爽やかなイケメン俳優である彼には、想像を絶する貧乏時代があった。5歳の時に両親が離婚。父と父方の祖父母と住むようになるが、父親は新しい恋人ができて出て行ってしまう。風間は未熟児として生まれ、「1週間で亡くなる」と言われていたそうで、兄も未熟児で亡くなっていた。
一緒に暮らすことになった祖父母の家は長屋で、トイレは隣家と共同だったとか。

成長期を迎えると、お腹が空いた時は、おやつ代わりに多摩川の河川敷にあった草を食べていたそう。多摩川沿いをロケした風間は、「片っ端から口に入れて、痺れるものはすぐに吐き出していた」と当時を振り返る。「気を紛らわすためにひたすら走っていた」とも。

記事画像
カマキリが家の中に入ってきた時は、「あまりにきれいなグリーンで美味しそうだな(笑)」と思い足をかじったものの、苦かったそう。
空腹を満たすため、夏場になると、河原にあった日焼けした石を舐めていたと話し、「焼き芋の味がした」と衝撃の告白! 同じく実家が貧乏だったMCの名倉潤、河本準一も「さすがにその経験はない」と苦笑いした。

画像ギャラリー

PICK UP