挫折、ギリギリの状態で生活…コアラ小嵐はなぜ"筋トレYouTuber"になったのか

公開: 更新: テレ東プラス

 
毎週火曜〜金曜の深夜は、「ミュージックブレイク―美BODYの強化書―」を放送!

音楽×筋トレ!? 旬の楽曲を聴きながら、美BODYを誇る出演者と共に、ステキなカラダ作りを目指していく新感覚の音楽番組。1話につき1つ、筋トレメニューとミュージックビデオを紹介する。

コアラ
美BODYマンとして登場するのは、筋トレYouTuberとして活躍中のコアラ小嵐。自身が監修した筋トレメニューを、東京・六本木にあるショークラブ「バーレスク東京」のダンサー(Kazuki・Mirei・DC Sora・Sawa・Tiffany・Rumi・Rei・Remi・Choco)と共に実践する。

【動画】「バーレスク東京」ダンサーと筋トレ!セクシーすぎる“ボーナスタイム!!”も

「テレ東プラス」は、お笑いグループ・超新塾や筋肉集団・マッチョ29を経て、現在はフリーの筋トレYouTuberとして活動中のコアラ小嵐にインタビュー!

コアラ

芸人になり上京したものの…先行きが不安で眠れなくなった過去


――テレビで拝見する以上に、筋肉の迫力がすごいですね! まずはコアラさんが筋トレに目覚めたきっかけを教えてください。

「本格的に体を鍛え始めたのは12年ほど前ですが、実は体を鍛えようと思って始めたわけじゃないんです。
当時、超新塾の新メンバーオーディションに受かって上京しましたが、養成所にも行っていないド素人だったので、なかなかうまくいかず…。持ってきたお金なんてすぐになくなり、芸人としての活動があるのでバイトも入れず、ギリギリの状態で生活していました。
先行きが不安すぎて眠れなくなってしまったのですが、体が疲れたら寝られるかなと思い、ある夜、外に走りに行ってみたんです。するとその日はバッチリ眠れて、“これはいいぞ!”と。
それから夜中に走るようになり、途中にある公園で懸垂や腕立て伏せをしたら、めちゃくちゃよく眠れるようになって、それが筋トレの第一歩でした。
ある種の現実逃避だったと思いますが、体を動かすだけでポジティブな気持ちになり、運動の楽しさに初めて触れたような気がします。
お笑いで何一つ面白みが出せなかった自分が、腹筋が割れているだけでイジってもらえて笑いをとることができた…。そういう成功体験もあり、筋トレにのめり込みました」

――体を鍛えたことで、人生が好転しはじめたんですね。

「そうなんです。ただ、精神的に極限まで追い詰められていると、軽く体を動かすことすら困難だと思うので、決して筋トレが万能だとは思いません。僕がいつも思っているのは、“しょせん筋肉、されど筋肉”。筋トレをすることでのメリットはたくさんありますが、筋肉は万能ではないので、筋肉が絶対的なものだと思いすぎないようにしています。
筋肉だけにのめり込んでしまうと筋肉の奴隷になってしまうという面もあり、トレーニングが楽しくなくなるし、食事管理を徹底しすぎると、食べる楽しみも失われてしまう。僕としては、筋トレも楽しみつつ、人生も謳歌したいいので、あまり筋肉にとらわれすぎないようにという意味で、“しょせん筋肉”という思いは大事にしようと思っています。
とはいえ、やはり筋トレってめちゃくちゃすごいんですよ。体力的・精神的に持ち上げてくれるだけではなく、僕は筋肉のおかげで人生を切り拓くことができたので、やはり素晴らしいものであり、なくてはならない存在です」

コアラ
――食生活を楽しんでも、コアラさんのような筋肉を維持できるのでしょうか?

「意外と大丈夫なんですよ。マッチョはササミやブロッコリーばかり食べて塩すら使わないというイメージがありますが、それは極端な例で、初心者の方が真似をするのは危険です。やはりバランスよく食べることが大切で、僕はわりと好きなように食事を楽しんでいます。
ボディビルをやっているので、体重を増やしながら筋肉を増やす"増量期"には、ラーメンやハンバーガー、唐揚げもモリモリ食べます。
"チートデイ"という考え方がありますが、これも言葉が一人歩きしている印象。本来のチートデイは、減量中に計画的に摂取カロリーを増やす日のことを指しますが、減量中でもないのに『今日はチートディだから!』と、ただただ暴飲暴食する方も(笑)。健康を害さない程度なら、それも楽しくていいと思いますけどね」

――「チートデイ」という言い訳、私にも思い当たる節が…(笑)。バランス良く食べて運動すれば、筋肉は保てるんですね。

「意識してほしいのは、筋肉ってそんなに簡単になくならないということ。例えば風邪をひいた時、僕は躊躇なく筋トレを休みます。でも、トレーニングを始めたばかりで燃えている時期って、つい無理をしてしまうんですよね。僕も何回かえらい目に遭いました。
一番酷かったのは親知らずを抜いた時。歯医者さんに止められていたのにジムでトレーニングをしてしまい、翌日とんでもない高熱が出てしまったんです。後で聞いたら『それはほんまに危ない! 絶対したらアカンことや』と…。幸い大事には至りませんでしたが、最悪の場合、手術の可能性もあるそうで、今の僕なら絶対にやりません。
かつての僕のように筋トレを1日も休めないというのは、まさに先ほど言った筋肉の奴隷という状態なんです。例えば旅行に行ったら、友達や家族をほったらかしてまで筋トレしなくてもいい。みんなで思い出を作ることが優先で、数日休んでも筋肉は無くなりません。そこもやはり“しょせん筋肉”という考え方です」

“筋肉を大きくすることができた”という成功体験が自信につながっている

――個人的な相談になってしまいますが(笑)、筋トレって少しサボると、一気にモチベが下がるというか、全てを投げ出したくなってしまうというか…。三日坊主にならないためには、どうしたらいいのでしょう。

「三日坊主でもいいんですよ。三日やって休んで、また三日やればいい。一週間できれば大したものだし、一カ月できれば超ラッキー! いきなりすごい目標を掲げるのではなく、続けるために、とにかくハードルを低く設定することが大事です。
例えば出勤する時に一駅分歩くとか、簡単なことから習慣化していくこと。全部を完璧にこなすのは難しいので、毎日60〜70点くらいでも、ゆるりとやっていけばいいと思います」

――「もう筋トレをやめたい!」と思ったことはありますか?

「これが、幸いなことに一度もないんですよ。健康な限りずっとやっていたいですし、80歳になってもボディビルの大会に出たいと思っています。
僕の人生は挫折続きで、これまで何も成し遂げたことがありませんでした。でもこうやって筋肉を鍛えて、ボディビルの大会で優勝させてもらったこともありますし、“俺は筋肉を大きくすることができた”という成功体験が自信につながっています。
例えば誰かに怒られて猛烈に落ち込んでも、“いや待てよ。俺、筋肉あるしなぁ”って(笑)。心の拠り所になったり、ある種の逃げ場になったり、筋肉が人生の助けになっている。筋肉を大きくすることやボディメイクって、達成すると大きな自信につながるんだと思います」

――最後に、今後の展望を教えてください。

「今は国内のボディビル大会に出ていますが、いずれ世界の大会に出てみたいです。簡単なことではありませんが、やはり筋トレそのものが好きで、楽しくなっているというのが大きいです。
筋トレを楽しむコツは、趣味としてとにかくハマること。何かメリットがあると続けやすいですよね。
筋肉があると今よりちょっとモテるかもしれないし、宴会で腹筋を見せればウケるかもしれない。営業職の人なら、筋肉のおかげで顔を覚えてもらいやすいかもしれない。そういう実益を得た時に、さらに筋トレが楽しくなります。“人生を楽しもう!”という姿勢が、何よりボディメイクに必要なことなのかもしれません」

コアラ
【コアラ小嵐 プロフィール】
お笑いグループ・超新塾や筋肉集団・マッチョ29を経て、現在はフリーの筋トレYouTuberとして活動中。筋肉や健康の情報を発信しつつ、ボディビルなどの大会に出場している。
公式YouTubeチャンネル

(取材・文/みやざわあさみ)

PICK UP