「33歳まで待たなきゃいけないんですか!?」テレ東・池谷アナ“モヤさま愛”暴走

公開: 更新: テレ東プラス

伊集院光&佐久間宣行の勝手にテレ東批評」(毎週土曜午前11時3分放送)。芸能界イチの“テレ東フリーク”伊集院光と、テレビ東京を退社した人気プロデューサー佐久間宣行が、テレ東の番組を好き勝手に語り合う新感覚トークバラエティ。1月27日(土)放送は未公開スペシャル。気になる発言をピックアップして紹介!

【動画】蔵出し未公開特集!池谷アナの問題発言特集も!?

「モヤさま」愛を勝手に語る池谷アナ


今回は、オンエアにも配信オリジナルエピソードにも入り切らなかった未公開トーク集ということで、「相当危険なヤツ出る可能性があるよね」(伊集院)、「池谷が報道の人に怒られた話とか」(佐久間)、「怖い、ホントに!」(池谷実悠アナウンサー)と戦々恐々の3人。トーク危険度はMAX!?

記事画像
2023年11月18日放送には、ゲストにさまぁ〜ず(大竹一樹、三村マサカズ)が登場。大好きな「モヤモヤさまぁ〜ず2」(毎週土曜午前11時30分放送)のアシスタントになりたい池谷アナが、さまぁ〜ずに猛アピール! 2代目アシスタントの狩野恵理アナウンサーに憧れていたという池谷は…

池谷「『モヤさま』の狩野さん観てて、狩野さんみたいなアナウンサーもいるんだって」

三村「あんなに人気のなかったアナウンサーが人気出ちゃうんだ、みたいな。あのギャップが良かった?」

記事画像
大竹「ランキングの600位ぐらいだったよね。それが3位!すげぇ人気出てね」

好きなアナウンサーランキングで圏外だった狩野が、「モヤさま」アシスタントになると3位に急浮上! 池谷も希望していたものの、同期の田中瞳アナウンサーが4代目アシスタントに。

伊集院「でもさ、池谷『キーッ』ってなっちゃうかもしれないけど、観てる視聴者側としたら、それこそ田中さんと三村さんのコンビネーションとかいいよね」

三村「いやホント、勘がいい…ね、あの子は…」

と、三村たちが田中のことを褒めようとするのだが…

記事画像
伊集院「何で怯えてるの?(笑)」

佐久間「池谷の目を気にしちゃって…褒めんのちょっと(笑)」

記事画像
三村「ホントはもっと褒めたいけど言えねぇじゃねぇか! 変な感じになるんだよ(笑)」

一同爆笑ここで、どんなアナウンサーが「モヤさま」アシスタントに向いているかの話題に。

佐久間「僕らもわかんないんですよ。なんで大江(初代アシスタント・大江麻里子キャスター)が選ばれたのかもわかんない。たぶん大江って、昔この『モヤさま』が始まる前って、バラエティ嫌で泣いてましたもんね」

大竹「(バラエティが)得意かっていわれたら得意じゃないもん、だから面白いというか」

記事画像
伊集院「池谷さん、そこですよ。バラエティ苦手って言っとかないと」

佐久間「スタッフってあまのじゃくだから、合わないものを合わせようとするわけじゃん。大江の後に狩野みたいな。大江はバラエティが苦手だったからさまぁ〜ずさんと、みたいな」

複雑な表情を浮かべる池谷を見て…

記事画像
佐久間「そんな目をバッキバキにさせて(笑)」

三村「でも、田中を長期政権にしたいなって思っちゃってるんだけど、大丈夫? 33歳とかでも大丈夫かな?(笑)」

池谷「私33まで待たなきゃいけないんですか!?」

大竹「他に新しい子も入ってくる中でね」

池谷「産後かもしれないです」

伊集院「もう落ち着いたアナウンサー像になってる時に、急に呼ばれるっていう(笑)」

ここで「最後にひとアピールして」(伊集院)とアドバイスが。

池谷「もう私、入社5年目になりまして。いろんな報道もやり、スポーツもやり、バラエティもやり、経験は十分積ませていただきました。今後10年、この後10年…」

…まで話したところで、「それではまたお会いしましょう、さようなら〜」(伊集院)、「ありがとうございました」(佐久間)と番組終了の挨拶。池谷は「終わってないよ!(笑)」と叫ぶのだった。

この他、当番組の影響で「池谷アナが読むニュースが頭に入ってこなくなった」という視聴者からの投稿や、「スターは水を飲まない理論」などのトークも。「ネットもテレ東」では、最新回に加え、配信オリジナルエピソードも公開中!

PICK UP