老害大御所から怪しい勧誘まで…ロバート秋山がキャラおろしを伝授

公開: 更新: テレ東プラス

ゴッドタン」(毎週土曜深夜1時50分)1月13日(土)放送は、「キャラおろしワークショップ」。秋山竜次ロバート)先生の指導のもと、橋本直銀シャリ)、伊藤俊介オズワルド)、おぎやはぎが“キャラおろし”に挑戦する…はずが、それぞれの相方も巻き添えに?

【動画】ロバート秋山の怪しい勧誘キャラ

キャラおろしの先生・秋山登場


記事画像
キャラがないせいで、イジられもせず、前にも出られない“平場苦手”芸人に、秋山がキャラを伝授。キャラおろしの先生として登場した秋山は、「前橋の方で、地元の音楽を大事に、地産地消にも音楽をということで、Syndicateというライブハウスをやっています」と、すでにしっかりキャラおろし済み。

キャラをおろすことにより 「とんでもなく楽になる。どんな質問来ようが、そいつで答えてもいいし、そいつがスベったらそいつのせい」と利点を力説する先生の言葉に、キャラなし芸人たちも次第にやる気に。まず、橋本の悩みは、素が出てしまいお笑いで返せなくなる「恋愛トークをする番組が苦手」。秋山先生は「素で挑むから難しいんでしょうね。キャラ入ってしまえば恥ずかしさの1ミリもない」と、なんでも下ネタで返す「老害大御所キャラ」をオススメ。

記事画像
架空のトーク番組に「老害大御所キャラ」で登場した橋本は、「キレイなお姉ちゃんいるね~」とそれっぽく振る舞おうとするものの、どうしても照れが出てしまい失格。秋山先生から「キャラに照れるな!」と叱責されてしまう。

記事画像
そこで秋山先生がお手本を見せることに。まずは「オイオイ!いい匂いすんじゃねえか、オイ!」と大きな声で賑やかに登場。下ネタを口にし、誰も笑わないのに自分で大笑いしたり、「親父さんによろしく言っとけよ」と知り合いのカメラマンを見つけてイジじるなど、やりたい放題。でも不思議に嫌な気がしないのは、大御所だからこそ。

記事画像
失格を言い渡された橋本だったが、「失格と言われてほっとしている自分がいます」と安堵の表情。すると矛先は他に向かい、伊藤も「老害大御所キャラ」に挑戦させられることに。焦る伊藤だったが、とんでもなくおりてきた!?

記事画像
この他、生放送の急なふりが苦手だと言う伊藤が「思春期中学生キャラ」に挑戦するが、思春期というより、おじさんキャラに!? さらに、付き添い人として油断していた鰻和弘(銀シャリ)と畠中悠(オズワルド)だったが、急遽「気持ち悪いくらいいい人キャラ」に挑戦することに。そこに、秋山先生の怪しい勧誘キャラ降臨!?

ネットもテレ東」でチェック!

PICK UP