【無料配信】玉木宏演じるシングルファーザーが、絶対権力・検察に立ち向かう!

公開: 更新: テレ東プラス

玉木宏主演。ドラマ8「ジャンヌの裁き」(毎週金曜夜8時)。圧倒的≪強者≫である検察に、≪弱者≫である一般人の寄せ集め=検察審査会メンバーがジャンヌ・ダルクが革命を起こしたように立ち向かい、事件に隠された巨悪の存在に迫っていく痛快なエンタメ司法ドラマ!

記事画像
【動画】クジでヒーローに選ばれました!

 

第1話を振り返り


記事画像
少女漫画家さんぷう・みなみ。本名・越前剛太郎(玉木宏)。世間的には女性と思われているが実はシングルファーザーだ。そんな剛太郎に検察審査員任命の通知書が届く。検察審査員は検察の不起訴を審議するのが役割で、そのメンバーは日本国民からランダムに選ばれた11人。〆切が迫る剛太郎は辞退を申し出るも裁判所は却下。しかも編集者に「さっさと終わらせる」と説明しているのを弁護士の近藤ふみ(桜井ユキ)に聞かれ、「さっさと終わらせるようなものではない!」と叱責されてしまう。

記事画像
集められた11人は個性的な上、一様に早く終わらせたいという空気を放っていた。さらに反感を買ったばかりのふみが現れ、剛太郎は居たたまれない…。審議するのは、大学生風の男性に因縁をつけた泥酔状態の会社員が、殴り返された拍子に頭を強く打ち死亡した事件。大半が「不起訴相当」とするが、やがて“さっさと終わらせる”わけにはいかない裏事情が浮かび上がる。

記事画像
【公式X(Twitter)】@tx_dorama8
【公式Instagram】@tx_dorama8
【公式TikTok】@tx_dorama8

 

PICK UP