合言葉は「撮影大好き!」レズビアンの元恋人による復讐愛憎劇、現場は和気藹々

公開: 更新: テレ東プラス

テレ東初の“レズビアン”を主役にしたドラマ「チェイサーゲームW パワハラ上司は私の元カノ」(毎週月曜深夜2時35分)。W主演を務める菅井友香さん(元櫻坂 46)、中村ゆりかさんにインタビュー【後編】。

合言葉は「撮影大好き!」レズビアンの元恋人による復讐愛憎劇、現場は和気藹々
前編】では、第1話で話題となったシャンパンを頭からかけられるシーンについての裏話を!

【動画】頭からシャンパン…レズビアン元恋人同士の復讐の始まり

合言葉は「撮影大好き!」


合言葉は「撮影大好き!」レズビアンの元恋人による復讐愛憎劇、現場は和気藹々
――撮影現場への潜入取材をさせていただいた時(※撮影現場レポ記事は後日公開)、みなさんで「撮影大好き!」と現場を盛り上げていらっしゃいましたね。

中村「山口(将幸)監督の先導で、現場を盛り上げてくださって。誰かが『撮影大好き!』と言ったら、共演者のみんなが『撮影大好き!』と続けるのがお決まりでした」

菅井「やまびこみたいに(笑)。撮影はハードだったのですが、私たちよりも早く現場に入ってくださっているスタッフの方々が、明るく、疲れを見せず、掛け声で奮い立たせてくださったので助けられました。グループ時代から私が口にしていた『がんばりき!』と言ってくださる方もいて、私も『撮影がんばりき!』と返したりもしていました(笑)」

――撮影中、菅井さんは夢の中でも「撮影大好き!」と言われていたとか。

菅井「そうだったかもしれません(笑)。寝ても覚めても撮影していて、『撮影大好き!』と、ずっと頭の中で言っていましたので」

中村「混同しちゃうよね(笑)」

合言葉は「撮影大好き!」レズビアンの元恋人による復讐愛憎劇、現場は和気藹々
――中村さんのInstagram(@ yurikanakamura_official)のストーリーに、娘役の月ちゃんとの動画をアップされていましたね。

中村「お月ちゃんのキュルキュルっとした笑顔と、かわいらしい存在感に癒やされ、励まされていました。現場のスタッフさんも、ゆっかーも癒やされて」

菅井「ホント、かわいかったです」

中村「素敵な親子に見えたらなと思って。お月ちゃんはお芝居も上手でしたし、休憩時間には一緒に遊んだり、写真を撮り合ったりしていました。撮影が終わるのが寂しかったですね」

2人は笑いのツボが同じ


――初共演のお2人ですが、すぐに打ち解けましたか?

中村「最初は緊張しましたが、今ではベストパートナーみたいな感じですね(笑)」

菅井「以前、怖い女性を演じられていた作品を観ていたので最初はドキドキしていましたが、初めてお会いした時、ほんわかと『よろしくね~』とおっしゃってくださって、私が勝手に抱いていたイメージとすごくギャップを感じました(笑)。そこからは撮影現場でも、よく一緒に笑っていました。お互いツボが同じで、一度ツボにハマると笑いが止まらなくなってしまうんです(笑)。我ながらいいコンビだなと思います」

――撮影中に一番笑いが止まらなくなった出来事は?

中村「いつも素敵な映像を撮ってくださるカメラマンさんが、撮影中、台に乗っていることを忘れてしまったのか横に移動してカタって落ちてしまわれて…“あれ、カメラマンさんがいなくなった?”って」

菅井「驚いたのと、お怪我がなくて安心したのと、シリアスなシーンの撮影だったので笑っちゃいけないという空気感も含めて、私たちだけ笑いが止まらなくなっちゃって(笑)」

――カメラマンさんも、お2人が笑ってくださって気も楽になったのではないでしょうか(笑)。お話をうかがっていてもいいご関係なことが伝わってきますが、2人の間で“敬語は使わず、タメ口で話そう”という提案は中村さんの方からされたとか。

中村「タメ口で話した方が、コミュニケーションも楽になるし、距離も縮まると思って」

菅井「芸歴は私の方が後輩で、歳は私の方が上で、どうしようかと思っていたので、そう言ってもらえてありがたかったです」

中村「ゆっかーには、いつも引っ張ってもらっています。役柄と同じでリーダー気質なところがあって、常に周りを見ていて、ちゃんと確認しながら行動しているところが、ゆっかーの魅力だなと思います」

菅井「うれしいです。グループで活動してきたから、それが自然なのかもしれないですね。W主演という立場なので、“みなさん楽しんでいるかな”とか考えていました」

――菅井さん演じる樹はプロジェクトのリーダーに抜擢されます。櫻坂46のキャプテンを務めていた菅井さんならではのチームのまとめ方はありますか?

菅井「正解は見つからなかったんですが、私が気をつけていたのは、ひとりひとりと話し、コミュニケーションを取る時間を作ることと、みんなが楽しんで出来る環境作りです。大勢でいると、どうしても小さなことでもストレスが溜まってしまうこともあるので、その中で、いかにして楽しめる瞬間を作れるか、ひとりひとりにやりがいを作れるか、ということは考えていました」

――中村さんは、数々の作品に出演されてきましたが、ドラマや映画は大勢の人々が関わる究極のチーム作業だと思います。お仕事をされる上で心がけていることはありますか?

中村「どの現場でも勉強させてもらって、思い出もたくさんあります。みんながひとつになるちょっとしたきっかけがあると、現場に行く楽しみになって、“この作品のために、熱くなって頑張ろう!”という意気込みにもつながります。些細なことでもいいので、楽しみなことや、一体感が生まれるようなことが、互いに出来るとうれしいなと思っています」

【プロフィール】
菅井友香(すがい・ゆうか)
1995年11月29日生まれ。東京都出身。欅坂46、櫻坂46の元メンバーで初代キャプテンを務め、2022年11月卒業。俳優としては、舞台「飛龍伝2020」(2020年)で初主演を務め、つかこうへい復活祭2023「新・幕末純情伝」(2023年)、明治座創業150周年記念「赤ひげ」(2023年)などに出演。馬術の経験を活かし、中央競馬中継番組「KEIBA BEAT」(関西テレビ)総合司会を担当。

中村ゆりか(なかむら・ゆりか)
1997年3月4日生まれ。神奈川県出身。
2022年11月16日、配信限定シングル「浮ついたHeart」をリリースし、音楽活動を開始
「部長と社畜の恋はもどかしい」

(取材・文/佐藤ろまん)

PICK UP