シャキシャキの食感がクセになる!花まで食べられる地元野菜「アスパラ菜」でつくる本格パスタ

公開: 更新: テレ東プラス

ニッポンの「リアルなご飯」にスポットをあて、「あなたのご飯見せてください」を合言葉にリポーターが旅を敢行する「昼めし旅」(毎週月~金曜 昼12時00分)。その土地ならではのお昼ご飯や人気店、魅力的なご飯を紹介します。

記事画像
12月20日(水)は、群馬県藤岡市で昼めし旅。藤岡市は、鍋物にピッタリの下仁田ネギなどを生産する、農業がたいへん盛んな街。昼夜の寒暖差が大きいため、他にも大根やブロッコリーなどおいしい野菜がたくさん採れるそうです。そんな藤岡市を、元AKB48の大家志津香さんがアポなしご飯調査します。

【動画】今すぐマネしたくなるレシピが満載!人気店の意外なまかないも

煮込むこと8時間!上州和牛でつくるビーフシチュー


大家さんがまず訪れたのは、「道の駅 ららん藤岡」。農産物の直売所や飲食店、遊園地まである、大きな道の駅です。急なお願いにもかかわらず対応してくれたのは、「欧風食堂BANDE MURE<ばんでみゅ~る>」のシェフ・浅見祐介さん。地元・群馬の食材を使ったメニューが人気の洋食店です。

一番人気は、群馬県のブランド牛、「上州和牛」のスネ肉と肩バラ肉を、秘伝のデミグラスソースで8時間ほど煮込んだ、トロットロのビーフシチュー!

記事画像
極上のビーフシチューを堪能したところで、例のお願いを…。

「あなたのご飯、見せてくださ~い」!

交渉成立! まかないを見せていただきます。

記事画像
まずはオリーブオイルを引いたフライパンで、刻んだニンニク、地元産のタマネギとベーコンを炒めます。軽く塩コショウして味を調えたら、そこに加えるのが群馬県でよく食べられる「アスパラ菜」。クセがなく、ほんのり甘みのある菜花で、茎と葉、さらには花も食べられるのだとか。その名のとおり、アスパラガスに似た食感が魅力だそうで、軽く茹でたものを加えます。

ソースができたところでスパゲッティと和えます。バターを加えて混ぜたら、仕上げに粉チーズとアスパラ菜の花、オリーブオイルをかけます。

記事画像
こちらが本日の「BADE MURE」のまかない。

アスパラ菜を使ったトマトパスタに、トマトがたっぷり入った特製カレードリアという、洋食店ならではのメニュー。従業員の皆さん、揃って召し上がるそうです。「思った以上にシャキシャキしてますね!音とともに爽やかな味」と、ご相伴にあずかった大家さんも舌鼓!

これからも皆さんで力を合わせ、お店をますます盛り立てていってくださいね!お忙しいところ快諾していただいてありがとうございました。

ホットプレートで豪快につくる焼きそば


引き続き藤岡市の道の駅で、アポなしご飯調査!

大家さんが道行く人に声をかけて断られてしまったそのとき、なんと最初にまかないを見せてくれた洋食店の方が、ご飯を見せてくれる方を見つけてくれました。さっそくご紹介いただいた方のご自宅へ。「欧風食堂 BADE MURE」の従業員、小林夕子さんです。ご家族は夫の和夫さんとお子さんが3人で、とっても賑やかなご家庭とのこと。

さっそく訪問して、念のため例のお願いを…

「あなたのご飯、見せてくださ~い」!

交渉成立! この日は夕食のあとに娘さんのダンス教室があるため、サッと手早くつくるとのこと。

まずは、夕子さんのご両親が育てたというジャガイモ、タマネギを切って茹でます。さらに和夫さんのご実家でつくっているという自家製味噌を溶かし、味噌汁の出来上がり!

ちょうど和夫さんが帰ってきたところで、この日のメイン、焼きそばをつくります。レンジでチンしてほぐした麺を、ホットプレートへ。麺は少し焼き目を付けるくらいにするとおいしいと夕子さん。

記事画像
モヤシやピーマン、ニンジンなどたっぷりの野菜を入れたら、別で炒めて火をしっかり通した豚肉を肉汁ごと入れます。ソースをかけるのは末っ子・稜さんの役目! あっという間に焼きそばの出来上がり!

さらに、稜さんの保育園で採れたという立派なサツマイモを、しばらく水にさらしてからレンジでチンした、ホックホクの「ふかし芋」も食卓に並びます。

記事画像
こちらが小林さん家の本日の晩ご飯。どれもご家族の愛情がたっぷりこもった料理でおいしそうですね! これからも、ますます元気に仲良く楽しい毎日をお過ごしください! 小林家の皆さん、お忙しいところどうもありがとうございました!

PICK UP