三吉彩花×森山未來×松本まりか×森山直太朗 豪華旅好き芸能人が主演!ドラマ「地球の歩き方」

公開: 更新: テレ東プラス

テレビ大阪は1月13日から毎週土曜深夜24時55分~ 真夜中ドラマ「地球の歩き方」を放送します。

本作は「海外旅行のバイブル」的な存在として長年愛されてきたシリーズ「地球の歩き方」とコラボレーションしたドラマであることは既報のとおりですが、本作にふさわしい豪華旅好き芸能人 主演の4名を解禁いたします!

三吉彩花 森山未來 松本まりか 森山直太朗が各国を取材!

記事画像
地球の歩き方in韓国「名物オモニ特集 ソウル~チェジュ島」編で韓国を旅するのは、これまで韓国旅行した回数は50回以上、Amazon prime videoの日韓共同製作映画「ナックルガール」の主演を務めたことでも話題となった三吉彩花。普段は食やファッションなどを目当てに韓国に訪れる三吉が取材するのは、韓国のオモニ=お母さんたち。知り合いのオモニや現地のコーディネーターから情報を得ながら、普段の旅行とは違う目的で韓国を旅します。

地球の歩き方inタイ「現代アートの震源地を特集 バンコク~チェンライ~プーケット」編でタイを旅するのは、俳優、そしてさまざまな表現活動を行い、地元神戸でアートプロジェクトのキュレーターやアート配信番組のMCを務めるなどアートに造詣が深い森山未來。そんな森山未來が、タイの街に息づくグラフィティアートや部族に伝わる原始的なアート、「タイランド・ビエンナーレ」作品など、タイの現代アーティストたちと交流しながら、凄まじい勢いで盛り上がりを見せているタイのアートシーンに迫ります。

地球の歩き方inサイパン「七色の海と精霊特集 サイパン島~マニャガハ島~テニアン島」編でサイパンを旅するのは、20年以上前写真集の撮影で6回サイパンに訪れていた松本まりか。今回のロケ地がサイパンとなったことに対して松本自身は複雑な感情を抱いていますが、今の自分にサイパンはどう映るのか興味があるといいます。今回、美しい海と精霊をキーワードに再びサイパンに訪れます。

地球の歩き方inニュージーランド「キャンピングカーで巡るマオリの聖地特集 オークランド~レインガ岬」編を旅するのは、森山直太朗。キャンピングカー好きの森山直太朗が、現地で見つけた”旅のお供”を運転し先住民族マオリの聖地を巡ります。ニュージーランドの雄大な自然の中に森山直太朗の歌声が響きわたり、彼の持つ独特な楽曲の世界観とマオリの文化が起こした化学反応で生まれるのは特集だけではなく…。
4者4様の旅物語をお楽しみに。

コメント


■三吉彩花(韓国「名物オモニ特集 ソウル~チェジュ島」1月13日、20日、27日放送)

記事画像
学生生活を終えてから本屋に行く機会が減ってしまったため原案の「地球の歩き方」は”はじめまして”の存在でしたが、今回オファーをいただいて大好きな韓国に行くことができるのでとても嬉しかったです。
2023年は仕事も含めて11回は韓国に訪れましたが、ソウルはエンタメやトレンドなどとても勢いのある場所で、いつ行っても新しい発見や刺激をもらえますし、顔なじみの人たちから安心感をもらえる点も魅力だと思います。
普段は食とファッションと美容を軸に旅行プランを立てますが、本作ではいつもと違うアプローチをするので、私自身もいろいろ学びながら知らなかった韓国に出会えることや新しい発見ができることを楽しみにしています。
今はSNSなどでいろいろな韓国の情報をキャッチできますが、今回の物語は人の温かみに触れたり、地元ならではの雰囲気を味わえたりする内容になると思います。普段とは違う私も見ることができると思うのでぜひご覧ください。

<プロフィール>
2010年、雑誌「Seventeen」専属モデルに抜擢。同誌卒業後も「25ansウェディング」カバーガールなど数々の雑誌モデルを務める。2012年には映画「グッモーエビアン!」にて「第67回毎日映画コンクールスポニチグランプリ」新人賞受賞。2013年には映画「旅立ちの島唄~十五の春~」にて「第35回ヨコハマ映画祭」最優秀新人賞受賞。2019年「ダンスウィズミー」、2020年「犬鳴村」「Daughters」「十二単衣を着た悪魔」、近年ではNetflix「今際の国のアリス Season1,2」など、話題作に多数出演。また2021年には映画監督に初挑戦し、短編映画製作プロジェクト「MIRRORLIAR FILMS」にて「inside you」を手掛ける。現在、「Tiffany&Co.」のジャパンアンバサダー、「SK-Ⅱ」アンバサダー、海外ブランドのショー出演、また中華圏でのCM出演やSNS活動を行い、日本のみならず、世界でも活躍している。2023年11月2日より、主演を務めた日韓共同製作映画「ナックルガール」がAmazon prime videoにて配信中。

■森山未來(タイ「現代アートの震源地を特集 バンコク~チェンライ~プーケット」編 2月3日、10日、17日放送)

記事画像
海外での仕事が常態化する以前の20代前半。年に一回は必ずひとりで海外旅行に出かけることを自分に課していた。北米(迷子)、南米(宿泊のトラブル)、西ヨーロッパ(迷子&宿泊のトラブル)、中東(体調不良)、アジア(ぼったくり)、毎度あらゆることが起こった。
いつだって「地球の歩き方」は旅の道標であり、さまざまなトラブルに遭遇して心身ともに不安になる中、手放すことができないものだった。
そんなお守りのような書籍に今回関われることは、この上ない喜びだ。
楽しんでいただければ幸い。

<プロフィール>
1984年、兵庫県生まれ。5歳から様々なジャンルのダンスを学び、15歳で本格的に舞台デビュー。「関係値から立ち上がる身体的表現」を求めて、領域横断的に国内外で活動を展開している。近年の活動として、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(19)、パフォーマンス「FORMULA」(22、企画構成・演出・出演)、アートイベント「KOBE Re: Public Art Project」(23/キュレーション)、映画『シン・仮面ライダー』(23)、『山女』(23)、『iai』(24年公開予定)『大いなる不在』(24年公開予定)など。2022年4月より神戸市にArtist in Residence KOBE(AiRK)を設立し、運営に携わる。ポスト舞踏派。■松本まりか(サイパン「七色の海と精霊特集 サイパン島~マニャガハ島~テニアン島」編 2月24日、3月2日、9日放送)

記事画像
15歳の初海外から6回連続撮影で訪れたサイパン。
私自身、その時の少し苦い思い出と共にサイパンがあります。
その複雑な思い出を吐露していくうちに、スタッフさんは私の行き先はサイパン以外ないんじゃないかと。

正直戸惑いました。

みなさんはサイパンにどんなイメージをお持ちですか?
最盛期には年間約45万人を超える日本人が訪れていたそうです。
しかしコロナ中は0人、今年はたったの約7000人。

日本に最も近い南国といわれる魅力的なはずのサイパンに、いったい何が起きたのでしょう?

それとも私たちが変わったのでしょうか?

だとしたらまずは知るべきだし、すべきことが私たちにある気がして。
それを探る旅だと思っています。

旅好きドキュメンタリー好きの私にとっては脚本も結末の決まっていないこのドラマは最高にエキサイティング。
何か起こるかもしれないし起こらないかもしれない。
みなさんにとっても見たことない異色なドラマになるのではないでしょうか。お楽しみにっ!

<プロフィール>
2000 年NHKドラマ「六番目の小夜子」でデビュー。2018 年のテレビ朝日「ホリデイラブ」で注目を集め、2021 年 WOWOW「向こうの果て」で初主演を務める。その後フジテレビ「最高のオバハン 中島ハルコ」「教場II」と立て続けに出演 し、その後も Paravi「東京、愛だの、恋だの」、ABC テレビ「それでも愛を誓いますか?」と連続で主演を務め、最近では「どうす る家康」「家政婦のミタゾノ」「トクメイ!警視庁特別会計係」などに出演する。映画は「夜、鳥たちが啼く」、「耳をすませば」、「湖の女たち」(2024 年初夏公開)など多数出演。

■森山直太朗(ニュージーランド「キャンピングカーで巡るマオリの聖地特集 オークランド~レインガ岬」編 3月16日、23日、30日放送)

記事画像
時折考えるのです。一体全体、何の為に歌を歌ったり、舞台を駆け回っているんだろう?と。答えのない問いかけは答えのない世界へと毎夜僕を連れ出します。
そんな自分に願ってもない誘いが舞い込んできました。キャンパーバンに乗ってニュージーランドの先住民族マオリの聖地を巡る旅。その名も「地球の歩き方」。カラフルな本を片手に「歌うこと」や「表現すること」のルーツに触れながら、本当の自分に帰る珍道中。

嘘も誠も残さず食えよ。土曜深夜のお楽しみ、みんなでこっそり旅に出よう。

<プロフィール>
1976年4月23日東京都生まれ、フォークシンガー。
2002年10月ミニ・アルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』でメジャーデビュー以来、独自の世界観を持つ楽曲と唯一無二の歌声が幅広い世代から支持を受け、定期的なリリースとライブ活動を展開し続けている。
近年は俳優としても活動の幅を広げ、NHK土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』、NHK 連続テレビ小説『エール』などに出演し、その演技力が評価された。
2022年3月に20周年オリジナルアルバム『素晴らしい世界』をリリース。
同年6月から“全国一〇〇本ツアー”と銘打ち、一年半に渡り実施した20thアニバーサリーツアー『素晴らしい世界』<前篇><中篇><後篇>は、一旦2023年10月に無事幕を下ろしたが、現在は新たに本ツアーの<番外篇>が実施中。
直近では、2024年3月16日に『素晴らしい世界』<番外篇>in両国国技館公演を控えている。
2023年1月には、自身初となる弾き語りベストアルバム『原画I』『原画II』を、また3月には全国公開の映画『ロストケア』の主題歌となる『さもありなん』をリリース。
同年10月からは、NHK総合テレビで放送される安野モヨコ原作のアニメ『オチビサン』の主題歌(楽曲『ロマンティーク』)を担当し、2024年1月31日に配信リリースすると共に、同年2月28日には、本作品のアナログ盤リリースを予定している。

◆オープニングテーマはTempalay「今世紀最大の夢」に決定!
4人の旅の始まりを盛り上げるオープニングテーマはTempalayの書き下ろしの新曲「今世紀最大の夢」に決定‼
オリエンタルな雰囲気あふれるイントロは、聞いた瞬間から私たちをここではないどこか別の国へ連れ出してくれるかのよう。そして心地よいゆったりとしたリズムは異国の海を眺めながら船の上で揺られているようで、どことなく感じさせるせつないメロディは旅行中にふと訪れる郷愁も感じさせます。原案の「地球の歩き方」を愛読しているというメンバーの小原綾斗が書き上げた幻想的な歌詞の世界もご注目。ドラマとともに「今世紀最大の夢」をチェックしてください。

■Tempalay

記事画像
「かわいい子には旅をさせよ」と言いますが、決してレジャー的な意味合いではありません。ではどうゆう意味なのかと言いますと、そんなもん自分で調べてください。

それではみなさま良い旅を

小原綾斗(Tempalay)

<プロフィール>
自由奔放にシーンを行き来する新世代バンド”Tempalay”。
15年9月にリリースした限定デビューEP「Instant Hawaii」は瞬く間に完売。16年1月に1stアルバム「from JAPAN」、17年2月に新作EP「5曲」を発売。17年夏にGAPとのコラボ曲「革命前夜」を収録した2ndアルバム「from JAPAN 2」をリリース。18年夏、AAAMYYY(Cho&Syn)が正式メンバーに加わり、新体制後にリリースしたミニアルバム「なんて素晴らしき世界」が各方面から高い評価を得る。19年6月、怒涛の時代をTempalayという新しい音楽の形で表現した3rdアルバム「21世紀より愛をこめて」をリリース。20年2月に配信シングル「大東京万博」、12月にはワーナーミュージック/unBORDEより、メジャーリリース第一弾となる配信シングル「EDEN」をリリース。21年3月には、前作から約1年9か月ぶりとなる4thアルバム「ゴーストアルバム」をリリースし、9月には初めてのシングルCD「あびばのんのん」をリリース。22年には、まさかの8cmCD2枚組の両A面シングル「Q/憑依さん」、そしてインディーズ時代の楽曲をアップデートしたリボーンアルバム「from JAPAN 3」をリリースした。2023年11月3日より主題歌「Superman」を提供したオリジナルドラマ「EVOL(イーヴォー)~しょぼ能力で、正義を滅ぼせ。~」がDMM TVで独占配信中。
結成10周年を迎える2024年10月、銀河系のどこかでワンマンライブ「惑星X」を開催する。

◆30秒トレーラー解禁!
放送に先駆けて本作の世界観を凝縮したスペシャルトレーラーを大公開!
TVer番組視聴ページ:(12月19日(火)正午解禁)
Television Osaka テレビ大阪YouTubeチャンネル:(12月19日(火)正午解禁)

≪番組内容≫
「地球の歩き方」編集部から、特集ページを作ってほしいと依頼を受け、現地へと旅立つ4人の芸能人ライター。
一度は行ってみたかった場所、以前通った場所など興味・関心の赴くままに現地スポットを自らの足で巡り、新たなグルメや景色、名所、人々に出会い、写真に刻んでいく。
そして、芸能人ライターはその国の新たな魅力を発見し、オリジナル特集ページを完成させる。トラブルあり、出会いあり・・・
「地球の歩き方」には情報だけではない、ライターたちの生の旅の体験が書かれているのだったーー。

≪番組概要≫
【番組名】 真夜中ドラマ「地球の歩き方」
【放送日時】 2024年1月13日(土)スタート
【放送局】 テレビ大阪:毎週土曜深夜24時55分~1時25分
BSテレ東(BS⑦ch)/BSテレ東4K(4K⑦ch):毎週土曜深夜24時~24時30分
【配信】 ・Leminoにて1週間独占先行配信
(2024年1月6日(土)配信開始)
・広告付き無料配信サービス「TVer」にて見逃し配信
【出演】 三吉彩花 森山未來 松本まりか 森山直太朗(出演順)
【原案】 「地球の歩き方」(株式会社地球の歩き方)
【監督】 菅井祐介 永岩祐介
【構成】 竹村武司
【オープニングテーマ】 Tempalay「今世紀最大の夢」(unBORDE/Warner Music Japan)
【プロデューサー】 高柳亮博 石田雄作 石川竜輝
【プロデュース】 岡本宏毅
【話数】 30分×12話
【制作】 テレビ大阪/テレコムスタッフ
【製作著作】 ドラマ「地球の歩き方」製作委員会
番組HP】 
TVer視聴ページ】 
公式X(Twitter)】 
公式Instagram】 
公式TikTok】 
【公式ハッシュタグ】 #地球の歩き方 #ドラマ地球の歩き方

PICK UP