永尾まりやが裸身を開放!「大きい岩の上で脱ぐのは、“野生”な感じがしました」

公開: 更新: テレ東プラス

AKB48 卒業後は、グラビア活動や女優、モデルなど、多方面で活躍中の永尾まりやが、20 代最後の写真集「Capricious」を出版。

南の島の青い空と海…豊かな自然の中で一糸纏わぬ裸身を開放。ベッドルームやバスルームなどでもこれまでにない脱ぎっぷりとリラックスした表情を見せている。
「きれいな姿を見てほしくて、露出が増えすぎちゃいました」と語るとおり、自身5冊目となる本作は、過去最大の衝撃作だ。

「テレ東プラス」は、永尾まりやを直撃。写真集の秘話からハマっているゴルフまで…話を聞いた。

【動画】永尾まりやが出演する「アップグレードゴルフ」

永尾まりや(撮影/田中健児)

“お尻もいい感じに写っているな”と思います


――5冊目の写真集「Capricious」の話が来た時の感想からお聞かせください。

「とても嬉しかったです。ただ、これまでの写真集でいろいろやらせていただいていたので、“今度はどうしよう”という気持ちも大きかったです。5冊目は海外で撮影したいと思っていたので、希望を叶えていただけて嬉しかったですね。キラキラしていたAKB48時代よりも可愛く撮れた気がしていて、ものすごく満足しています」

――発売日は11月14日でしたが、この日付を選んだ理由を教えてください。

「特別な記念日を考えた時、AKB48メンバーとしてのデビュー日だなと思って、この日にしました。もう14年前のことなので、“自分があのステージに立っていたんだ”と考えると不思議な気持ちになります。
初めてのお仕事は握手会でしたが、もちろん握手会なんてしたことがなかったし、私はアイドルファンでもなかったので、とにかく未知の世界でした。自分のところに来てくれる方がいるのかどうか…不安が大きかったです。実際はまずまず来てくれたのですが、握手券を買って私のところに来てくださるって、不思議な気持ちでしたね。

握手会の後に控えている“お披露目公演”でうまく踊れるかという不安も大きかったので、ネガティブな気持ちが強かったと思います。同期の中ではダンスで居残り組に入っていて、同じ居残り組だったぱるる(島崎遥香)と『ついていけないよね、ヤバくない? 辞めよっか(笑)』と話していた時もありましたが、お披露目公演でいざステージに立ったら、思ったよりも声援をいただけたので、すぐ“私たち、イケるな”ってなりました(笑)。ファンの方の声援がなかったら、すぐに辞めちゃっていたと思います。それまでの“どうしよう、大丈夫かな...”という不安な気持ちが、ファンの皆さんの声援によって自信につながって“まだ続けられるかも”という気持ちに変わったことは、ものすごく印象に残っています」

――写真集のタイトルは「Capricious」ですが、今回のテーマと内容を教えてください。

「タイトルは“気まぐれ”という意味です。候補を出してもらった中から、一番自分らしいなと思ったのでこれを選びました。自分のグラビアをたまに見るんですけど、“本当に気ままだな〜自由にできてるな〜”と思うので、私にぴったりな言葉だなと思います。

今回の写真集は、“これが自分”って感じです。いつもはテーマに沿うんですけど、今回は何も飾らず、偽りなく普段の自分が出せたかなと。『永尾まりやって本当はどんな子?』と聞かれたら、『この写真集を見たらわかるよ』っていう内容になりました。
ファースト写真集に近い内容なので、比べると成長した姿が見られるかなと思います。
一応、編集さんからは、ふらっとバックパッカーとして旅に来て、夜の街で出会ってしまった人と旅のアバンチュールを楽しむというストーリーだと伝えられました(笑)」――ご自身のアイデアが生かされている部分は?

「自然が好きなので、自然の中できれいに撮ってもらいたいというのがありました。山で裸になることって、普段の生活では経験しないじゃないですか(笑)。撮影でしかできない幻想的な感じは、開放感があって気持ち良かったです。大きい岩の上で脱ぐのは、野生な感じがしました」

――お気に入りのカットは?

「流木に跨っている写真です。この景色と色味が海外での撮影でしか出せないなっていう感じで、すごく好きでした。あと私、こういうもの(流木)に跨るのが得意なんですよ(笑)。この流木はツルツルしていて、触り心地が良かったです。お尻もいい感じに写っているなと思います」

永尾まりや
――いよいよ2024年は30代を迎えます。今の心境はいかがですか?

「ちょっと前までは30歳になりたくなかったんですけど、今はもう“早く30歳になりたいな”と覚悟が決まりました(笑)。“素敵な30歳になりたい”という前向きな気持ちで、歳に見合った女性になりたいと思っています」

――30代は、“キャリアの転換期”とも言われます。

「本当にそう感じます。なかなか難しいとは思いますが、これからは、同性の方に支持されるような存在になっていくのが目標です。そのためには、今まで何もやってこなかったので、美容や運動なども努力していきたいです」

――永尾さんは、テレビ東京のドラマにもたくさん出演していて、俳優としても活躍しています。お芝居の魅力をどこに感じていますか?

「今までは、けっこう強い役やお嬢様のような役が多くて、どちらかというと、自分とはまったく違う役が演じることが多かったんです。それはそれで、“違う自分になれて楽しい”という感覚がありますが、いつか等身大というか、自分の素に近いような役も演じてみたいです」

――今後挑戦したいジャンルや役は?

「30歳になるので、お母さん役を演じてみたいですね。お母さん役にも、ちょっと苦労しているなど、背景がいろいろあると思うんです。と言っている自分も、演じる姿がどうなるのか、まったく想像がつかないんですけど…(笑)。他にも、本格的なラブストーリーや、30代のリアルなドラマ、今時の悩みを持つ女性の役などにチャレンジしたいです」

――「アップグレードゴルフ」(毎週日曜午前10時30分)にも出演されています。

「はい! ありがとうございます。番組のロケは、毎回とてもためになっています。人生で初めてハマったスポーツがゴルフで、こんなにハマったのは初めてというくらい…。番組に出演するようになり、プロの方にしっかり教えていただけるのが、なかなか貴重な機会だなと感じていて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです(笑)」

――腕前は上がりましたか?

「そうですね。“最初の頃より上手くなってるね”と、ごくたまに言っていただきます」

――永尾さんにとって、ゴルフの魅力は?

「とにかく自然が好きなので、まず、ゴルフ場の景色を見るだけで、心が晴れ晴れします。気分転換になりますし、一緒にラウンドした皆さんとの仲も深まる、とてもいいスポーツですよね。大人の方とも会話できるようになりましたし、ゴルフを始めて、自分自身も、いろいろなことが変わったように思います。
ゴルフ好きな方に“ゴルフをやっています!”と言うと、ものすごく喜ばれるのもすごいなと(笑)。話の種にもなりますし、好きなものが一緒だと大きな輪が生まれるというか。
友達の輪も広がりましたし、何と言っても、早起きが得意になりました(笑)。たくさん歩くので、健康面でもいいと思います」

――最後に2024年の抱負をお願いします。

「今初めて“もう2024年なんだ”と気づきましたが(笑)、個人的には、これまでたくさんグラビア活動をしてきたので、今度は自分がグラビアをプロデュースしてみたいです。撮影する側にまわってみたいですね。30代に入るので、大人の女性として、今までやったことがないようなジャンルにも挑戦したいです」

永尾まりや

【永尾まりや プロフィール】
1994 年 3 月 10 日生まれ。神奈川県出身。’16 年に AKB48 を卒業し、モデルや女優として各方面で活躍中。特技は器械体操。現在は『アップグレードゴルフ』(テレビ東京系)にレギュラー出演中。
最新情報は公式 X(@mariyagiii310)、公式 Instagram(@mariyagi_san)にて

【書誌情報】
■タイトル:永尾まりや写真集『Capricious』
■発売日:2023 年 11 月 14 日 ■判型:A4 版 / 118P
■定価:2970 円(10%税込) ■ISBN:978-4065340301
■発行:講談社 ■撮影:菊地泰久

PICK UP