柏木由紀、AKB48卒業の理由は「『二人組を組んで』ってなったら私が余るな」

公開: 更新: テレ東プラス

あちこちオードリー」(毎週水曜夜11時6分)11月29日(水)の放送は、「卒業・結婚で環境が変わっている3人」EXIT(りんたろー。、兼近大樹)、柏木由紀AKB48)が来店。柏木がAKB48からの卒業を決めた理由とは?

【動画】柏木由紀、AKB48卒業の理由は二人組論!?

AKB48卒業を決めたリアルな思い


現在32歳、国民的アイドルAKB48に中心メンバーとして17年間在籍し、「人生の半分以上AKB」という柏木が、ついに来春卒業。

2年くらい前から「そろそろさすがに」と思いはじめていたものの、なかなかきっかけが見つからなかったという。そんな中、今年はじめ、ふと「AKB48の柏木由紀じゃない人生、歩まなくて大丈夫?」という心境になり、卒業を決断。アイドルとしてやりきった感もあり、後輩ばかりになったグループに対し「自分が抜けることで、やっと後輩も伸び伸びできるんじゃないか」との思いもあったと本音も。

3期生としてAKB48に加入した柏木は、現在、グループ内でダントツの年上。17年続けた理由は、「居心地もいいし、楽しい」からだったというが、今や一番近い後輩でも約10期分離れており、楽屋でみんな仲良くしてくれてはいるが…

記事画像
「『二人組を組んで』ってなったら私が余るな…」と口にした柏木に、一同爆笑! 卒業を決めたのは“二人組論”だった⁉

さらに、AKB48の楽曲「Generation Change」には「上を変えなくちゃ ずっと今のままだろ」というフレーズなど“世代交代させろ!”とのメッセージを感じ、後輩と歌っている時に、「え、私やん!」と思ってしまったと告白。このエピソードには、若林も「シビれる話持ってきてくれるね」と。

峯岸みなみと“港区”に出入りしたことも


柏木のプライべートは謎だが…実は、峯岸みなみとともに“港区”に出入りしていた時期も。柏木は「その頃、最高」と、当時を振り返る。

中学3年生からアイドルとして活動し、「ずっと黒髪で、好きな食べ物は“イチゴです”」と清純派で通してきたという柏木。自身が20歳になった頃、毎日の忙しさを打ち消すように、仲良しの峯岸と港区に出入りするように。

記事画像
「当時は浴びるように飲んでました」と明かす柏木。峯岸とカラオケに行き、二人だけなのにシャンパンを空けたり、とりあえず机の周りを走り回ったりと、奇行に走ったことも⁉

卒業後に目指す道は、バラエティ番組で頑張り「ひな壇2列目の端にいても違和感がない人」と、細く長く活躍できる立ち位置とのこと。また、グラビアの仕事も続けていきたいものの、「自分からやりたいなは、良くないな」と。「自分から『グラビアやりたいです』って子のグラビア見て、興奮します?」とぶっちゃける柏木に…

記事画像
「興奮させるつもりで出てくださっているという。そういう目で見ていいっていうお達しがあったっていうことですね」と興奮する兼近に、若林は「ものスゴい童貞いるな」と苦笑!?

その他、柏木のことを一番輝かせてくれる大物MC、実は悔いが残っている「AKB48選抜総選挙」、りんたろー。との共通の趣味“美容”などについての話も。「ネットもテレ東」で!

 

PICK UP