【アメリカポルノ業界】の裏側を大暴露!グラドルから大転身…ギャラ事情も告白:じっくり聞いタロウ

公開: 更新: テレ東プラス

さらに、アメリカの男性向け雑誌「ペントハウス」で、日本人初となる見開きヌード写真のオファーが! 雑誌と契約した女性は、ポルノスターというより、モデルの頂点というカテゴリーに入るそうで、これを機に、まりかはアメリカでの永住権を取得。トップポルノスターの仲間入りを果たす。

そんなまりかが「アメリカポルノ業界の裏側」を告白!
日本では、女優と男優が付き合うのは御法度だが、アメリカではフリーで、彼女にもアメリカ人男優の彼氏がいるそう。また、アメリカは契約事情が厳しく、まりかがよく契約している「キング.com」というメーカーは、細かい部分まで含め、契約が終わるまで4時間かるそう。

気になるギャラ事情は…? 日本では“1本いくら”とういうのが基本だが、アメリカでは1シーンごとのオファーになるそうで、ドラマ・キス・性行為シーンなど、1つずつ契約を交わすという。

記事画像
ちなみに、彼女のMAX月収は1000万円単位。アメリカでは日本語がウケるためで、意識してあえぎ声などに日本語を入れることもあるいう。

 

画像ギャラリー

PICK UP