ムードメーカーは西村拓哉。井上瑞稀「いろんな人の壁を取っ払ってくれて、チームの空気を作ってくれた」:「なれの果ての僕ら」記者会見

公開: 更新: テレ東プラス

火曜深夜24時30分放送! ドラマチューズ!「なれの果ての僕ら」の記者会見が行われ、主人公・ネズを演じる
井上瑞稀HiHi Jets/ジャニーズJr.)をはじめ、犬飼貴丈大原櫻子
矢花黎(7 MEN 侍/ジャニーズJr.)、大原優乃
西村拓哉(Lil かんさい/関西ジャニーズJr.)、ラランドニシダ・コウキが出席した。

同窓会で集まった四ノ塚小学校元6年2組の仲良しクラスメートが、首謀者・夢崎みきお(犬飼)の“人の善性を試す実験”によって52時間監禁され、極限状態の中で変貌する“人間の狂気”が描かれるサスペンス。

すでに撮影は終了しており、この会見がリアル同窓会状態となったが、内容的にもスケジュール的にも厳しい撮影を乗り越えただけに、チームワークはバッチリ! 終始和やかな会見となった。

主人公・真田透役(愛称:ネズ)を演じる井上の合図で「なれ果てトーク、スタート!」とタイトルコールがあり、MCをタカポン役のニシダが担当。元クラスメート役を演じるキャストたちがざっくばらんなトークを展開した。

第1話を見た感想を「衝撃の連続で、まさかまさかの出来事がジェットコースターのように襲いかかってきます。体感しているような錯覚に陥る作品になっていると思います」と話す井上だが、なぜか犬飼の方をチラチラ。
「“何言ってるの!?”みたいな顔で見てくるんですよ~」と訴える井上に、「そんなことないです。感心してたんです!」と返す犬飼(笑)。そんな犬飼は、「実際に映像になってみないとわからないことってたくさんあって…。1話を答え合わせのように見ました。重厚感のある映像が原作とも合っているなと感じました」と感想を。桐嶋未来役の大原櫻子は、「後半は重いシーンばかりなので、1話でみんなの笑顔が見られたのがすごく懐かしく感じました」とコメントした。

犬飼に「監督に決めすぎって言われてましたよね」とバラされたのはニシダ。「そうなんです。3枚目の役なのに2枚目の演技をして怒られました(笑)」と明かし、会場を沸かせた。
「(自分の)撮影は2日間だけだった」というニシダは、「人がどんどん死んでいく物語だけど、後半の現場の雰囲気はどうでした? 暗くなったりしないの?」と質問を。
雨宮鈴子役の大原優乃は、「最初からみんなで作っていくんだって雰囲気をすごく感じていました。人数が多い分、自分の動きが誰かに影響することが多かったので、みんなに助けられて支え合えた印象があります」とコメント。
「人は減っていっても仲の良さは濃くなった気がして、盛り下がりはしなかったです」と井上。

現場でのムードメーカーは黒田大輝役の西村だったそうで、「いろんな人の壁を取っ払ってくれて、チームの空気を作ってくれた」と井上。
最大の褒め言葉を贈られた西村は、「僕が演じる黒田くんはおとなしい子で、僕の“1日にしゃべりたい量”がセリフだけじゃ足りなかったんです! だからカット後に、文字数を稼いでました」と明かし、笑いに昇華させた。

さらに「セリフが多かったのにNGを出さなかった」と称賛された犬飼は、「僕、台本もらってないですからね。だからドラマなのかなんなのか、自分がどこにいるかわからなかった。ノリとバイブスで乗り切りました」と語り、会場は大爆笑に。

「衝撃を受けた芝居やシーンは?」という質問に、大原櫻子は「誰とは言えないけど、ワイヤーを使ったドラマではなかなか見られないアクションシーンがあります」、水野カイト役の矢花は「長谷部役の佐久本宝くんのお芝居です。すごく短い言葉を発しただけでその場の空気を作っていて、“プロってすごいな”と感動した一瞬でした。連続ドラマ初出演の僕にとっては、社会科見学のような現場でした」とコメントした。

最後は主演の井上が、「それぞれキャラクターに感情移入できる、とても個性が光る作品になっていると思います。目を背けたくなってしまう瞬間もありますが、それ以上に人の根底にある感情が入り混じって、人間味のある美しいドラマになってると思います。1話を見たら、間違いなくドはまりするので、楽しみにしていただけたら!」とドラマの見どころをしっかり語り、会見を締めくくった。

(取材・文/伏見香織)

PICK UP