「日本は寛容な国…」女装愛好家・キャンディさんが語る家族との関係、難病との闘い

公開: 更新: テレ東プラス

「コスプレ」や「LGBTQ+」という言葉がなかった頃から、女装愛好家として活動しているキャンディ・H・ミルキィさん。70歳になったキャンディさんは、いくつもの試練や病と闘いながらも、YouTubeチャンネル「キャンディびんぼう」を配信し続けている。

記事画像
前編では、そんなキャンディさんの人生に迫ったが、後編では、近況や難病との闘い、ここ数年で叫ばれるようになった「多様性を認め合う社会」についてどう思うのか…話を聞いた。

【動画】イケメンたちが女装? もしもこんな喫茶店があったら…?

日本は寛容な国…


――日本でもLGBTQ+という言葉が浸透し、多様性を認める時代になりました。

「一口にLGBTQ+といっても、海外では何十種類にも分けられていて、それでも分けきれないのが実情。私も自分では、どのジャンルにも当てはまらないと思っていますし、それだけ人間って多様的ということなんですよ。だからその中で、差別なんて絶対にあってはならないのです。
『LGBT法案』についても、いろいろと騒がれていますが、いくら穴だらけの法律でも、ないよりはいいと思いますよ。ゼロからの一歩はものすごくエネルギーがいるので、大きな一歩です。

日本は昔から、歌舞伎や大衆演劇があり、長いこと女形ありきの文化が栄えている。宗教上、女装はダメという国は多いけど、それに比べたら、日本人って寛容ですよね。私がこんなフリフリのドレスを着て街を歩いたって、石を投げられないもん(笑)。みんな、“面白い!”と個性を認めてくれるんだから、この国は本当にありがたい」記事画像
――キャンディさんならではの視点で、世の中に伝えたいことはありますか?

「一時期、“政治家になってやる!”という野望がありました。経済や社会の問題は一切やらないけど、子どもたちが健やかに育つために、人間教育の根本的なことを提案したいなと思ったんです。本気で考えたんだけど、何せ難病を患っているので、“肺がもたないな…”と思い直して、あきらめました」

――こうしてお話ししているとものすごくお元気に見えますが、キャンディさんは難病の認定を受けたんですよね。酸素ボンベもここに…。

「そうなんです。特発性間質性肺炎という指定難病の認定を受けました。間質性肺炎は、歳を重ねるとなりやすいみたいなんだけど、特発性は厄介なんです。今も息絶え絶えでしょ? 治癒しない病気で、発病して4年目に入ったんだけど、慢性型は、平均寿命が5年といわれているので、人生の着地点が見えてしまいました」

――痛風や脳梗塞にもなったとのことで、くれぐれも無理せず、お身体だけは大事になさってくださいね。

画像ギャラリー

PICK UP