<動画>加藤清史郎を直撃!家族秘話、阪神タイガースへの熱い思い語る

公開: 更新: テレ東プラス

 

「福士くん、渉ははまり役だわ! 毎回あっという間にエンディング」「渉、カイ、天音のチーム感がすごくいい!」SNSで早くも話題! 金曜夜8時からは、ドラマ8「弁護士ソドム」を放送中!

「ソドム」とは旧約聖書に登場する街の名前で、「退廃」や「悪徳」の象徴とされる言葉。周りから「ソドム」と呼ばれる型破りな詐欺師専門弁護士・小田切渉(福士蒼汰)は、弱者を食い物にする詐欺師の味方をし、裁判で勝たせる“悪徳弁護士”。
しかし、詐欺師を専門に弁護するという人道にもとるような仕事を選ぶ渉には、ある目的があった…。ただの法廷モノでは終わらない、スリリングなリーガルサスペンスだ。

<動画>加藤清史郎を直撃!家族秘話、阪神タイガースへの熱い思い語る

「テレ東プラス」は、渉の幼なじみで仲間でもある、天才ハッカー・八雲カイを演じる加藤清史郎を直撃取材した!

僕が連続ドラマに出ている時は、家族みんなが集まった時に見るという習慣があります


――カイは、ネイルやファッションが奇抜で独特ですね。今までにない清史郎さんの姿を見ることができて、楽しいです。

「ありがとうございます! 毎回衣装が可愛くて、服を好きな人が見たら、それだけでも楽しめると思います。衣装さんが、帽子と眼鏡を何種類か用意してくださっているので、毎朝『どれにしようかな?』とスタジオで悩むのも楽しくて…。プライベートでも、友達とおしゃれをして出かける時、ファッションを考える時間がとても楽しいので、その感覚を毎朝現場で味わうことができて幸せです(笑)」

記事画像
――5月5日に放送された第2話では、渉とカイの過去も明らかになりました。

「そうですね。渉を支えるキャラクターとして、カイをどういう風に演じるのかということを、常に意識しています。大好きな渉からも『強くなれ!』と言われているので、仲間としても強くならないといけないなって。少しずつ成長していく姿も見せていけたらいいなと思います」

――現場での福士さんと清史郎さんとの関係性も、渉とカイのような感じですか?

「僕が言うのも大変おこがましいのですが、福士さんは、ものすごくお兄さん気質がある方です。ドラマでは、カイが憧れた人物は渉で、仲良くなったきっかけをくれたのも渉という設定です。そういうところはある意味、福士さんと僕の関係性とリンクしているような気がしますし、兄と弟みたいな雰囲気も、ちょっとあるかもしれません。福士さんって、ものすごくクールなイメージがあると思うんですけど、何でも気さくにいろんな話をしてくださる素敵な座長です」

――作品の魅力をどこに感じましたか?

「渉を見ればわかる通り、表裏一体ということを表している作品だなと思います。
謎も多いですし、渉の行動から、ずっと追い求めて情熱を燃やして行動することの素晴らしさみたいなものも伝わるのではないかと。シンプルな弁護士ものは、それはそれで楽しめますが、この作品は、それに加えて伏線が回収される面白さが常にある。
さらに、渉、カイ、天音のアジトのシーンは、ほっこりする瞬間もあるので、単純に楽しんでいただけたらいいなと思います。家族でご飯を食べながら見ていただきたいですし、僕も家族と夕飯を食べながら見たいです」

<動画>加藤清史郎を直撃!家族秘話、阪神タイガースへの熱い思い語る
――清史郎さんは、妹さん、弟さんがいる5人家族ですよね。今作のように、家族で清史郎さんの作品をご覧になる機会もあるのでしょうか?

「はい。家族揃った時は、リビングでよく見ます。でも、だいたいそういう時、僕はテレビを背にして座ることが多いので、ほとんど見られないんですよ(笑)。
妹や弟にテレビを見せてあげたいという気持ちもありますし、誰かしらそこに座らなきゃいけないから(笑)。
でも最近は、妹弟も大きくなって、部活動だサークルだっていろいろやり始めているので、家族みんなが揃う機会が少なくなって寂しいです。その分、久しぶりにみんなが揃った時は、わいわいと賑やかにテレビを見ながら過ごすのが楽しいですね。
今回のように、僕が連続ドラマに出ている時は、週のうちのどこかの曜日で家族みんなが集まった時に見るという習慣があります」

――そういう時はうれしいですか? それとも恥ずかしい?

「うれしいですね! 家族みんなに見守られているんだなと感じます」

――本当にステキなご家族ですね。ここで少しプライベートのお話も…。清史郎さんの中で、毎日楽しみにしていることがあれば教えてください。

「東海オンエアさんのYouTubeと阪神タイガースの試合結果でしょうか。東海オンエアさんはもうバイブルというか、僕の人生は、東海オンエアさんのYouTube、Mr.Childrenさんの音楽と阪神タイガースで成り立っていると言っても過言ではないです(笑)。
毎日必ず野球の速報と、東海オンエアさんのYouTubeをチェックしています」

――今お話にも出ましたが、清史郎さんは大の阪神タイガースファン。今更かもしれませんが、最後にぜひ「WBC」の感想をお願いします!

「ここで語っていいんですか?(笑) 日本戦はもちろん全部見ました。メンバーが発表された時、“これは世界狙えるかも!”と驚きましたし、試合中はスターまみれで、“ランナー1,3塁でこの人きちゃうの?”みたいなワクワクが止まらなかったです。毎試合、誰が先発で出てくるのかも楽しみでしたし、夢を見させていただきました。
中でも感動したのは、ラストの大谷選手VSトラウト選手のシーン。2019年のWBCで、ダルビッシュ投手が最後にスライダーを投げて優勝していますが、今回の大谷選手のスライダーと球の軌道がほぼ一緒。それを知った時は、“うわー!”っとなりましたし、とにかくしびれました。
あとはやっぱり、源田選手の代わりに出場した中野選手が結果を残して見せつけてくれたこと。タイガースファンとしては誇りです!
そして、今年の僕の推しは、何と言っても木浪聖也選手です。今年の活躍に期待したい! 僕、キャンプが好きでよく行くんですけど、“木浪0”と書いてあるイスが、キャンプの時の僕の相棒になっています。頑張ってください、木浪選手!」

――清史郎さんの熱い思いが、「テレ東プラス」から木浪選手に届くことを祈ります(笑)。楽しいお話の数々をありがとうございました!

<動画>加藤清史郎を直撃!家族秘話、阪神タイガースへの熱い思い語るメイク:入江美雪希、スタイリスト:山田 莉樹

【加藤清史郎 プロフィール】
2001年8月4日生まれ。神奈川県出身。2002年に俳優デビュー。大河ドラマ「天地人」、「相棒」、「ドラゴン桜」、「競争の番人」、主演映画「忍たま乱太郎」、舞台「レ・ミゼラブル」など多数出演。イギリス留学を経て、俳優として精力的に活動している。

【第3話 あらすじ】

記事画像
病院に潜入捜査!? 医療詐欺ドクターを弁護する渉(福士蒼汰)。訴訟を望む患者家族と、なぜかドクターに味方する患者。そんな中、渉は失踪した父(勝村政信)の行方を掴む。

(撮影/uffoy 取材・文/蓮池由美子)

PICK UP