『話しかけてくんじゃねー!』あのちゃんが歌舞伎町でホストとけんか?学生時代の衝撃エピソードも!

公開: 更新: テレ東プラス

木曜深夜1時30分からは、「あのちゃんの電電電波♪」を放送!

記事画像
あのちゃんMCの深夜番組始動! 飼い猫“ササキ(声:霜降り明星粗品)”とタッグを組んでゲストの素顔を掘り下げる予測不能の音楽トークバラエティだ。

記事画像
4月20日(木)の放送は、シンガーソングライター・asmiが登場。人生にまつわるどんな質問にも答える「電電人生ゲーム」で、2人が初出しエピソードを放出した。

ゲストのasmiは、代表曲「PAKU」のTikTok再生数が31億回以上を突破! アニメ「ポケットモンスター」新シリーズのOP曲を歌うなど、いま若者に大人気のミュージシャンだ。あのちゃんとは初対面だが、ポケモン好き同士、ポケモントークで盛り上がる。
asmiはポケモンのシェイミが好きだそうで、あのちゃんもシェイミのペンダントを持っていたとのこと。

記事画像
「電電人生ゲーム」をしながらトークを進めることになり、「初めての東京ライブ」についての話題に。あのちゃんが初めてちゃんとライブをしたのは、東京・歌舞伎町にある「新宿MARS」。当時は東京に住んでいなかったため、キャリーバッグを持って移動するのがつらく、泣きながら歌舞伎町を歩いていると、「なんで泣いてるの?」とホストに絡まれたとか。
しかしあのちゃんは…

記事画像
とコメント。「話しかけてくんじゃねー!(笑)」と返したそうで、ホストも「めっちゃメンヘラじゃん!」と驚いていたとか。さらに番組では、asmiの初東京ライブの映像もオンエアした。

続いてルーレットが止まった質問は「人生最大の失恋。どうなる?」。asmiは「私、ずっと引きずって、ずっと泣いちゃう。電車に乗っていてもふと思い出して、“わー待って”と泣いちゃう!」となんとも可愛らしいコメントを。
1回だけ大失恋を経験したことがあるとのことで、それから曲を作り始め、今でもその失恋体験を元に曲を書くとか。「1回の失恋で10曲はできる」と告白した。
ちなみにあのちゃんは、恋愛しにくい体質だそうで、失恋の経験もないとのこと。

次にコマが止まったのは、「人生で一番怒られた。何をした?」。
あのちゃんは「中学生の時、1回クラスを占領というか。全部の机をバーンってどかして…。荒らしに荒らしまくって、窓ガラスも割っちゃって、見てる野次馬たちに『見てんじゃねぇ!』って…」と、ここでも衝撃の過去を激白。あまりの騒ぎに学校中の教師が集まってきてしまい、「今でも思い出せるぐらい激おこ」だったそうだ。

ササキのサポートもあり、無事に初回を完走したあのちゃんは、最後に「これ、今まで1回も話してないことばっか話すことになるね。初出しばっか(笑)」と感想を。その他番組では、asmiとあのちゃんの恋愛観が浮き彫りになる一幕も!

PICK UP