復元納棺師の全貌「血や体液、臭いを止めないと、家族が会った時にトラウマになる…」地上波では流せなかった“恐るべき能力”も公開!

公開: 更新: テレ東プラス

動画配信サービス「Paravi」では、「絶恐映像 日本で一番コワい夜」を好評配信中!
テレビ東京公式YouTubeで、軒並み100万回再生をたたき出す看板企画「職業シリーズ」をベースに新撮を加えた<最強の最恐体験>をお届けします。

「テレ東プラス」は、特別に「#3異能の復元納棺師の告白!初公開、異世界との対話術!座敷童を激撮!?」の内容を紹介します。

記事画像
全国に3000人以上といわれる納棺師。笹原留似子さんは、その中でも数少ない“復元納棺師”で、これまで担当した遺体の数は2万体以上。東日本大震災では、ボランティアで300体以上の遺体の復元を行った。

記事画像
見せてくれたのは、遺体の復元に使うさまざまな道具。損傷した部位の肌を仕上げる筆や、顔の土台を戻す道具、血や体液を止める薬も。そこには、「血や体液、臭いを完全に止めないと、家族が会った時にトラウマになる。五感で感じる部分は全部安心に変える」という笹原さんの思いが込められている。

そんな笹原さんには“ある特別な能力”があった。遺体に触れると、亡くなった方が枕元に現れて会話できたり、体験したビジョンを見せてもらえたりすることがあるという。
その内容は驚くほど正確で、死者しか知らない情報を得ることができるため、警察から捜査協力を依頼されることも。【再現VTRより】

記事画像
ハンドルの操作ミスによる衝突事故で、運転席で亡くなった若い男性の納棺を担当した笹原さん。遺族は悲しみに暮れ、親友も「なんで死んじまったんだよ!」と涙を流した。しかし…

記事画像
その夜、亡くなった男性が笹原さんの枕元に現れ、「許せない…。事故の時、運転席にいたのは俺じゃない。俺は助手席にいたんだ!」と訴えた。そして目の前に現れたのは、事故現場の映像。亡くなった時のビジョンのようで、男性は確かに助手席で息絶えている。そして運転席にいたのは…

記事画像
なんと、あの時泣いていた親友! 彼は事故の後、助手席から運転席へと男性を移していたのだ。笹原さんはこのことを警察に連絡。親友は逮捕され、事件は無事に解決した。

記事画像
笹原さんは直接遺体に触れなくても、2本のろうそくを使って、亡くなった人とコミュニケーションが取れるという。
2本立てる意味は「亡くなった人が一人ぼっちでいることはまずない。生きている人と一緒で、必ず誰かにお世話になって存在している」とのことで、向かって右側が亡くなった人、左側は亡くなった人のご先祖様だそう。
亡くなった方の写真と、好きだった食べ物を揃えれば準備完了。ある呪文を唱えてから柏手を打つと、その場が浄化され、亡くなった本人が来てくれるという。

本人が来ていれば、話しかけた時に右側のろうそくの火が大きく揺れる、普通ではない燃え方をするなど、何かしらの反応が。質問はYESかNOで答えられるものにし、「YESだったら火を揺らす、NOだったら火を動かさないで」とお願いする。

記事画像
この方法で、大事な人を失った方々の悲しみを解消してきた笹原さん。そこで番組は、「東日本大震災で亡くなった母と話したい」という女性の協力を得て、実際の様子を撮影させてもらうことに。
風が起きないようドアや窓を閉め、空調を切った空間で、母の写真と好きだった食べ物を供える。そして柏手を3回たたき、いよいよ亡くなった母と会話するが…

記事画像
果たして、ろうそくの火は反応するのか!?

記事画像
この他、#1では「現役鉄道員の告白!現場検証ロケがついに実現」をお届け。死期が近づいた人に会うと“黒い影”が見えるという現役鉄道員の氷川さんが、ロケに初参戦。
全国一自殺者が多い踏切で、周囲に漂う異様な気配を察知。これまでメディアで語ることがなかった恐怖体験に触れる!

#2「井上咲楽が関西最恐住職と巡る~関東絶恐ツアー~」では、井上咲楽が全国からいわく付きの因縁物が集まる「蓮久寺」の住職と恐怖スポットを巡る"絶恐ツアー"へ。心霊写真の投稿が相次ぐ電話ボックス、関東最恐のバス停…夜な夜な霊が目撃される現場へ出向き、井上の身に異変が!?


記事画像

PICK UP