ノブコブ吉村「養殖だよね」“破天荒キャラ”“合コンキャラ”は作られたものだった:あちこちオードリー

公開: 更新: テレ東プラス

あちこちオードリー」(毎週水曜夜11時6分放送)3月29日(水)の放送は、「同期だけど芸風真逆の2人」吉村崇(平成ノブシコブシ)と、又吉直樹(ピース)が来店。吉村のキャラは作られたものだった!?

破天荒・吉村崇誕生の瞬間


オードリー、吉村、又吉は2000年デビューの同期。吉村と又吉は年齢も同じで、NSC(吉本興業の養成所)の東京5期生、フジテレビゴールデンのコント番組「ピカルの定理」でも共演した、いわば盟友の2人。

今でこそ明るい盛り上げキャラの吉村だが、2人が出会った頃は「吉村くんも僕みたいな感じだった。暗いやつの1番と2番」と又吉。これにはオードリーも驚愕!

暗かった吉村が“破天荒キャラ”になったきっかけは? 誕生の瞬間を又吉が目撃していた!

芸歴1年目、2組はオールナイトのクラブイベントに出演。ネタが終わった後、みんなが踊りまくっているのを見て、又吉は「怖くて、こういうとこ来られへんな」と思っていたところ、同じタイプだと思っていた吉村が急に舞台に上がって踊り出した。すると、フロアは大盛り上がり!

記事画像
又吉は、「その日、吉村崇になった」と振り返る。

吉村が今のキャラになったのには理由があった。NSC時代は“自分はセンス芸人”だと思っていたが、“本当のセンス”又吉と出会ったことで、「ここで張り合ったら勝てないんだろうな」と痛感。クラブイベントでの行動で盛り上がったことで、“俺こっちかも”と感じ、振り切ったのだという。

吉村の“合コンキャラ”についても、「ある時からキャラを変えていった」と又吉。元々、小さな芽があったところに、「それをめちゃくちゃ水あげて育てた」と作られたキャラであることを暴露!

吉村は「そこで初めて先輩に評価されたんです」と、仕事がない時に合コンキャラやヤンチャな部分で認められたことで、そこを時間をかけて育ててきたと告白。吉村のことを“屋久杉のパリピ”と天然ものだと思っていた若林は、「まさかビニールハウス栽培だとは」とショックを隠しきれない。

記事画像
知られざる過去をバラされてしまった吉村は、頭を抱えながらも「養殖だよね」と認めるのだった。

どうなる!?吉村キングダム!


同期で同い年で、ネタを作る側だった2人。又吉は吉村の面白さに一目置いているものの、吉村は又吉が評価されていることに嫉妬もあったという。お笑いへの嫉妬なら理解できるものの…

記事画像
「僕が小説書いた時に嫉妬してたんですよ」と又吉。吉村は、自分では本を書きも読みもしないのに、「日本中がまったん(又吉)に注目していた時は、やっぱり嫉妬した」と。又吉だけでなく「星野源さんとかにも嫉妬しちゃうんですよ」と、全ての同世代に嫉妬してしまうことを明かし、一同爆笑!

嫉妬心の強い吉村は、若林が「IPPONグランプリ」(フジテレビ系)で優勝した時も、驚きの行動を!?

記事画像
また、芸能界の天下獲りを目指す吉村だが、投資失敗が大誤算! 吉村キングダム、どうなる!? 天下獲りのデッドラインは45歳で、この3年が勝負だという吉村に、今年45歳の若林が「同期だとぶっちゃけちゃうな…」と自らがたどり着いた結論を打ち明ける。天下獲りはチーム戦、「仕えてみないか、吉村に」と誘う吉村に、若林は…⁉ 気になる続きは、期間限定無料配信中の「ネットもテレ東」でチェック!

次回の放送は、ブラックマヨネーズ(小杉竜一、吉田敬)が来店。コンビ結成から「M-1グランプリ」優勝までの紆余曲折な経歴が明らかに! 吉田からの一言にオードリー感銘!

PICK UP