「iCON Z」第二章 プロが選ぶ現時点でのランキング発表!武者修行に向け厳しい意見も:Dreamer Z

公開: 更新: テレ東プラス

dreamer_z_20230204_01.jpg【配信終了:2023年2月26日(日)】

Z世代のスターを発掘する「~夢のオーディションバラエティー~Dreamer Z」(毎週日曜夜9時放送)。1月29日(日)の放送は、LDH史上最大規模のオーディション「iCON Z~Dreams For Children~」男性部門 第二章、本番さながらに挑む武者修行直前チェック!

ボーカルとダンスのバランスが課題

「iCON Z」第二章は、ファンからの様々な応援をポイントに換算し、合計100万ポイントを獲得すれば合格。ポイントを獲得する方法のひとつ「武者修行」の直前チェックでは、オリジナル課題曲に加え、LDHの先輩アーティストのカバー曲、さらに曲の合間にはMCも入れ込み、プロデューサー陣や音楽関係者の前で本番さながらのステージングを披露する。

dreamer_z_20230204_02.jpg
敗者復活組7人で結成された平均年齢が最も若いグループ「KID PHENOMENON」。課題曲「C'mon」は全員が歌って踊るパーティーチューンだが、中間チェックではダンスに注力するあまり、表情管理やボーカルが疎かに。クリエイティブ・コーディネーターのNAOTO(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS)から、パフォーマンス中の余裕のなさを指摘されていた。

課題に取り組むため、7人はあえて少し力を抜き余裕感を出して踊ってみるが、今度は大事にしてきたメリハリが消えてしまう。

dreamer_z_20230204_03.jpg
課題はそれだけではない。ボーカルの山本光汰(15歳)は、ファルセット(裏声)で歌うサビパートを、激しく踊りながら歌うことに苦戦。「歌うので精一杯くらいの楽曲なので、バランスがつかみ切れてなかった」と光汰。ボーカルとダンスのバランスを見直すが、振付をどの程度まで減らせば良いのか......"歌って踊る"というグループのコンセプトを守るため、試行錯誤する。

dreamer_z_20230204_04.jpg
こうして迎えた武者修行直前チェック。サビの激しい部分は、光汰の振付は簡単なものに変更し、歌うことを重視して臨んだ。

終始ノリノリだったSHOKICHI(男性部門プロデューサー)は、「リズムの取り方とか、前回もったりしていたけど、しっかりハマっていたのでノリやすくなりました」と高評価。

一方、踊りの分量を調節したことについて、NAOTOは「前回よりも歌が聴きやすくなったから、いいアプローチ」と評価しつつ、「(踊りを)どこを入れてどこを入れないか、もうちょっと研究してもいいかな。前回は踊りに集中して、今回は歌に集中していたから、いい感じに間の塩梅が取れるといいかな」と。今度はダンスに物足りなさが残り、さらなるブラッシュアップが求められた。

dreamer_z_20230204_05.jpg
LDHアーティストのカバー曲は、メンバー同士で話し合い、全員一致でBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEの「PASION」に決定。メンバー全員が歌って踊り、観客を煽って盛り上げるパワフルなナンバーだ。リーダーの夫松健介(19歳)は「ガツガツ踊るとか、ガッツリ盛り上げにかかるのが、今までの僕たちになかったと思って」と選曲のポイントを。

遠藤翼空(18歳)は「他のグループから突出していくには、全員がマイクを持って、マイクパフォーマンスもダンスもすることを意識していかなければならない」と、他のグループとの差別化を意識した。

しかも、振付は自分たちでオリジナルなものを考えることに。ダンスの振付には定評がある健介を中心に、"自分たちらしさ"を盛り込んだ振付けを制作。

dreamer_z_20230204_06.jpg
テーマは"男の色気"。2番Aメロ部分のセクシーなダンスパートの振付を任されたのは、第一章でもセクシー表現なで一目置かれていた川口蒼真(16歳)と佐藤峻乃介(16歳)。2人は「行き過ぎていいのかな」(蒼真)、「やり過ぎやり過ぎ」(峻乃介)と、10代の自分たちならではの男の色気を模索。どこまで振り切るのか、匙加減も難しい。試行錯誤の末に、どんなセクシーパートを仕上げたのか?

dreamer_z_20230204_09.jpg
直前チェックでは、NAOTOは鈴木瑠偉(15歳)と蒼真のダンス力が上がったこと、峻乃介と岡尾琥珀(17歳)について「すごく表情がアーティストで、"俺が表現する"という感じが伝わってきた」と評価し、「リハーサルでやっている時よりも、みんなの表現力っていうのをすごく感じました」とコメント。

HIRO(総合プロデューサー)も着実な進化を認め、「武者修行をこのままできたら、終わった頃にはまた更に上のステージにいけてるかなと。長いようで短い期間なので、後悔しないように、このままもっと速いスピードで成長できるように頑張って」と期待を寄せた。

直前チェックで披露したパフォーマンスは「ネットもテレ東」でチェック!

現時点でのランキング発表

dreamer_z_20230204_07.jpg
4人組ボーカルグループ「WOLF HOWL HARMONY」は、課題曲「LOVE RED」と、カバー曲「HIGH WAY」(BALLISTIK BOYZ)にオリジナリティを盛り込んで披露。ところが、SHOKICHIから「選曲も含めて、どうなんですかね」と厳しい意見が...。武者修行10日前に楽曲変更!?思わぬ波乱の展開に!

dreamer_z_20230204_08.jpg
そして、現時点でのグループランキングを発表。結果は...「ネットもテレ東」で!


次回は、いよいよ武者修行スタート! 密着第一弾をお届けするとともに、21人の候補生がスタジオに集結し、ポイントの途中経過を発表!

3組のSNSもチェック!

KID PHENOMENON
Twitter:@_KID_PHENOMENON
Instagram:@kid_phenomenon
TikTok:@kid_phenomenon

THE JET BOY BANGERZ
Twitter:@tjbb_
Instagram:@the_jet_boy_bangerz
TikTok:@the_jet_boy_bangerz

WOLF HOWL HARMONY
Twitter:@WOLFHOWLHARMONY
Instagram:@wolf_howl_harmony
TikTok:@wolf_howl_harmony

PICK UP