藤森慎吾が恋愛事情をぶっちゃけ?小田井涼平は独身時代の㊙恋愛エピソードも!

公開: 更新: テレ東プラス

2月3日(金)深夜0時52分からは、ドラマ25「全力で、愛していいかな?」がスタート!恋に臆病になり、"好き"が分からなくなっていた千世(桜庭)と、包容力抜群で優しすぎるイケオジ・瀬尾(竹財)が織りなす、大人同士の不器用な年の差うぶきゅんラブストーリーをおくる。

zenryokuai_kaiken_20230203_02_01.jpg
「テレ東プラス」では、桜庭ななみ竹財輝之助小田井涼平藤森慎吾岩岡徹Da-iCE)、渡邉理佐が登壇したオンライン記者会見をリポート。終始笑いとユーモアに満ちあふれ、現場のチームワークの良さが垣間見られる会見となった。

今回、恋愛ドラマ初挑戦となる桜庭は、「キスシーンがめっちゃキュンとしました!(竹財と)2人のシーンは毎回ドキドキします」と本音を告白。すると竹財も「僕も一生懸命ですよ!以前から桜庭さんの作品を拝見していますが、とても素敵な女性だなと。だけど現場では、マネージャーさんとキャッキャはしゃいでいて少女なので、そのギャップにドキドキしました」と笑顔でコメントした。

千世の後輩を演じる渡邉は、自身の役柄について「千世の背中を押す役どころ。旦那さんに声を荒げて怒鳴るシーンがあって、普段の私とは違った一面が見られるので、楽しみにしてください」と役の見どころを。
共演者の意外な一面について聞かれた岩岡は、「桜庭さんはクールビューティーなイメージだったけど、現場から帰る時に車に乗っていたら、遠くから全力で手を振ってくれた。それだけで僕もマネージャーもキュンキュンして、男ってチョロいなって(笑)」と撮影時の貴重なエピソードを明かした。

タイトルにちなんで、「全力で愛したいのは、どんな人?」という質問も。瀬尾の良き理解者・夢路役をコミカルに演じる小田井が、「例えばスウェーデン人とのハーフで、映画のコメンテーターをやっている方で......」と答えると、「いや、それLiLiCo!」と全力でツッこみを(笑)。
さらに小田井が「でも、本当に全力で愛したいのは(妻の)LiLiCo。お付き合いし始めの頃、仕事で悩んでいた彼女が泣きながら電話をしてきたことがあったんです。"これは何かあったな"と思った僕は(LiLiCoの)家に駆けつけて、ギュッと抱きしめて、何も言わずにそれだけで帰った。"全力で愛するとこんなことができるんだ"って、自分でもビックリしました」と、とっておきの秘話を明かすと、共演者たちから「カッコいい!」との声が飛び交った。

進行役の狩野恵里アナウンサーに、「恋愛の達人、藤森さんはどうですか?」と振られた藤森は、「達人じゃないから!今は一人なの!独身生活に終止符を打ってくれる方を全力で探しています。家で話をしていて、よく笑ってくれる方が好きだったな...」とぶっちゃける一幕も。

最後に桜庭は、「本当にチームワークが良くて明るい現場でした。それが映像にも出ていると思いますし、それぞれのキャラクターが面白いので、そこも楽しんでいただきたいです。恋に躊躇している大人の方に、一歩踏み出す勇気を与えるような作品になっているので、ぜひご覧ください」と視聴者に向けたメッセージを送り、会見を締めくくった。

(取材・文/みやざわあさみ)

【第1話あらすじ】

zenryokuai_kaiken_20230203_02.jpg
建設会社に勤める篁千世(桜庭ななみ)は、ひょんなことからランチを一緒に食べるようになった"ひる友"のイケオジ・瀬尾一愛(竹財輝之助)から突然告白される。長年恋愛を遠ざけてきた千世は戸惑い、逃げるようにその場を後にする。それから、いつも一緒にランチをしていたお店に瀬尾が突然来なくなってしまう。会わない間に、瀬尾と過ごす時間が自分にとってかけがえのない大切なものだったと痛感した千世。久しぶりに再会した二人はお試しで付き合うことになるが...いきなりホテルへ!?

PICK UP