装飾に3000万!?伝説の”デコトラ”500台が大集結!ド派手な年越し目前、待っていた衝撃の結末:YOUは何しに日本へ?

公開: 更新: テレ東プラス

日本を訪れる外国人たちを空港で勝手に出迎え、アポなしインタビュー! そのまま密着取材を行う「YOUは何しに日本へ?」(月曜夜6時25分~)。今回のテーマは「キラッキラでギラッギラ!?満天の一番星YOU SP!」。キラキラと眩しいYOUだらけの95分で、はたしてどんな面白YOUに出会えるのか?

you_20230130_01.jpg
入国規制緩和で多くのYOUが来日。しかし空港で声を掛けるには限界が...ということで、逃したYOUを街でつかまえ、ガチ直撃する「空港で撮り逃したYOU~!」

(撮影日:2022年12月17日)
原宿で声を掛けたのは、オーストラリアから来た親子3人組。ママのクレーさんによると、「『デコトラ』の年越しイベントが大晦日にあって、それに行くのよ。全国からたくさんのデコトラが集結する超ド派手なイベントらしいの!」と、デコトラ目的での来日らしい。「装飾が好きなの。トラックごとに運転手の個性を表現していて素晴らしいわ。とっても興味深いアートだわ」と、関心が高い。

you_20230130_02.jpg
デコトラの始まりは、魚を運ぶトラックが車体のサビを防ぐためにステンレス加工を施したこと。1960年頃は、それこそステンレス板を取り付けただけだったが、60年代後半には、ドライバーが車体に思い思いの文字を書くようになった。1970年代には煌めくランプが搭載され、デザインが派手に。1975年には菅原文太主演の映画『トラック野郎 爆走一番星』が大ヒットし、ブームが到来。1980年代以降は"トラック野郎"人口も増え、ド派手になっていった。

自由なデコトラに興味津々、と目を輝かせるクレーさん。一緒に年越しに行きたいと伝えると、後日メールで快諾してもらえたので密着決定!

you_20230130_03.jpg
大晦日に合流すると、イベント会場は埼玉なので車を借りたという。クレーさんのパートナーの男性の運転で、駄菓子ゲーム博物館、年越し蕎麦、昭和レトロ公園...など、子どもが喜ぶ観光地をひと巡りし、いよいよ目的の現場へ。会場にはすでにキラキラのデコトラがずら~りと並び、賑わっている。クレーさんたちは、「これが走っていたらUFOに見えそう。本当にキレイで素晴らしいわ」とテンション爆上げだ。

この『哥麿会カウントダウン』は、埼玉県美里町で開催される日本最大規模のトラック年越しイベント。実は災害地域への募金を募るチャリティーでもあり、この日のために全国から伝説的なデコトラが集結するのだ。その数、なんと500台!

you_20230130_04.jpg
すると、イベントの会長を務める田島さんに声を掛けられた。YOUのために、会場を案内してくれるという。愛車にも特別に乗せてくれることになり、高級リビングのような運転席に入ったクレーさんは大感激。

you_20230130_05.jpg
他にもお目当てがあるという。それは、"GUCCIのデコトラ"だというが...。ひときわ個性的な車体の前に立ち、「これが見たかったの!」と声をあげたのは、『あむ姫』。2016年にハイブランドのGUCCIのCMにまで使われた、超レアなデコトラだ。改装費はなんと300万円! 中を見たいというクレーさんのために、またもや田島さんがひと肌脱いでくれた。特別に運転席に乗せてもらい、畳やふすま、まさかの神棚などが装飾された和テイストに、またまた大感激。

you_20230130_06.jpg
さらに「一番星ですか?」と、クレーさんのパートナーが興奮したのが、あの映画『トラック野郎』で菅原文太さんが乗ったデコトラ。撮影で使用されたものを引き取り、映画と同じ形に修復したもので、完コピの改装費用は約3,000万円!!車内は全体を赤でまとめた洋風のリビングテイストで、クレーさんの感想は「留守の家にお邪魔しているみたい」。

周りでは、デコトラを改造した特設ステージで、「みちのくのコウちゃん」こと鴻巣功一さんらの歌謡ショーも行われている。お祭り屋台の出店もあり、りんご飴や肉まん、哥麿会の公式グッズ(ステッカー、うちわ等)に子どもたちも大喜びだ。

you_20230130_07.jpg
午後10時30分、イベントの目玉・ド派手な年越しカウントダウンまであとわずかとなった。田島さんが「カウントダウンの時に一斉にデコトラの電気をつけるの」と教えてくれたので、絶景までワクワクしながら待機だ。午後11時30分、トラックがクラクションを鳴らし始め、会場のボルテージは最高潮に。

そんなクライマックスのさなか、衝撃の出来事が起こった。なんと、クレーさんたちが「帰るわ」と言い出したのだ!ええ、何で今帰るの!?「子どもたちが寒いみたい。私も楽しんだからもういいや」という。担当Dは「かっかっかっ...」と、言葉も失ってしまったが、ここで密着は終了。「各々の個性がトラックにあって、興味深いアートだったわ。全てが見たことのないもので興奮したわ」と大満足し、年越し前に去っていった(笑)。

you_20230130_08.jpg
ちなみに一家が見なかったカウントダウンは、花火も上がってキラキラで盛大だった!

PICK UP