総額○○万円超え!中から札束も!貨幣コレクターの開かずの金庫

公開: 更新: テレ東プラス

金曜夜8時からは、ゲストに秋山ゆずき丸山桂里奈を迎えて「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロSP」【開かずの金庫2連発&遠距離通学&ディズニー秘蔵映像】を放送。

「テレ東プラス」では、2022年12月30日(金)に放送された番組の中から、「開かずの金庫を開けろ!」の内容をプレイバックします。

tokoro_20230119_01.jpg
リポーターのやす子がやって来たのは、青森県西津軽郡鰺ヶ沢町。金庫を開けてほしいのは、沖田登代子さん。亡くなった父・浩直さんが使っていた金庫が、開かずの状態とのこと。
金庫があるのは、母・忍さんの生家。忍さんは13人兄弟で、1階に7部屋、2階に4部屋ある大きな家で暮らしていましたが、90歳と高齢になり、今は登代子さんと一緒に福岡で暮らしています。

浩直さんについて「私にとっては一番素敵な人ですよ!」と話す忍さんに、思わず照れるやす子。鯵ヶ沢町で教師をしていた浩直さんは、警察署の事務員として働いていた忍さんに一目惚れし、結婚。夫婦として60年連れ添い、浩直さんは6年前に他界しました。
40年も貨幣や切手を集めていたという浩直さん。コレクションの一部を見せてもらうと、1998年に収集用として特別に作られたプルーフ貨幣、昭和30年頃まで発行されていた未使用の1円札、昭和18年の50銭札などが残されていました。しかし、40年も集め続けた割には数が少ない気もしますが...。

「家事で一回焼けましたので」と忍さん。実は、沖田さんの家は26年前に火事で全焼、その際に浩直さんのコレクションの一部が焼失しまったそう。しかし、火に飲まれながらも金庫は無事で、中身も残っている可能性が。
登代子さんは、叔母から「お父さんはすごく高価な切手を集めてたよ」と聞いたことがあるそうで、期待が高まります!

tokoro_20230119_02.jpg
こちらが、火事に耐えた開かずの金庫。高さ127cmと巨大で、浩直さんがコレクションしていた貨幣や切手などを保管するために使っていたそう。やす子が触ってみると、手にススが。鍵は火事の際に紛失してしまい、26年ほど開けられていません。

開錠に挑むのは、どんな金庫も開ける無敵の鍵職人・玉置恭一。玉置によると、現代の金庫と同じ仕組みのため、セキュリティ度は高く、難易度MAX! 全焼でも耐えられるくらいの耐火性能があるものの、熱が伝わってしまうと、紙類は燃えてしまっている可能性が。

どうか残っていてほしいという祈りを込めて、開錠作戦スタート!
金庫は鍵とダイヤルで開ける仕組みで、ダイヤルの組み合わせは100万通り! 亡くなった浩直さんにまた会えるような気持ちで、忍さんは身を乗り出して見守ります。
すると玉置は、難易度MAXのダイヤルをわずか15分で攻略し、数十秒で開錠成功!

tokoro_20230119_03.jpg
開けてみると、中身がぎっしり! 3つの棚と引き出しが1つあり、一番上の棚には、「白神山地」が日本で初めて世界自然遺産に登録された際の記念貨幣セットが5つ。封筒の中には青森県の名所の絵ハガキや、旅行好きだった浩直さんがよく読んでいた「奥の細道」の絵ハガキが入っていました。

tokoro_20230119_04.jpg
そして、浩直さんがファンだったジャイアンツのサイン色紙には、長嶋茂雄さんや王貞治さんの名前も!

続いて真ん中の棚には、記念切手を年ごとにまとめたファイルが。浩直さんが几帳面な性格だったことが伺えます。
真ん中と下の棚に置かれていたファイルには、全て切手が納められており、その量なんと30年分! これには忍さんも「見覚えはあるけど、まさかこんなに集めているとは思いませんでした」と驚きます。

tokoro_20230119_05.jpg
黒いファイルの中には、1964年の東京オリンピックの記念切手や、札幌・冬季オリンピックの記念切手などが。この他にも切手がたくさん保管されており、その数なんと約2万2000枚! 約136万円にも及ぶ貴重な切手が出てきました。

tokoro_20230119_06.jpg
いよいよ最後の引き出しを開けてみると、ソウルオリンピックのキーホルダーや、令和の時代では珍しいテレホンカードの数々が。中には、100歳の双子として大ブームとなった"きんさんぎんさん"のテレホンカードも入っていました。

さらに、15年分の貨幣セットと、昭和天皇御在位60年の記念貨幣、長野・冬季オリンピックの記念硬貨、内閣制度百年を記念した500円硬貨、議会開設百年を記念した5000円硬貨など、その数335枚、約14万円分の記念貨幣が。

tokoro_20230119_07.jpg
他にも、昭和60年頃まで発行されていた千円札が31枚新札で保管されていました。金庫の中に残されていたものを全て調べると、2万3000点を超える切手や貨幣など、合計約155万円分! 今後は浩直さんの形見として、現在忍さんたちが暮らしている福岡の自宅で保管するそう。
「よくこんなに集めたものだなと思って、ただただびっくりしました」と忍さん。浩直さんの人柄が偲ばれる、感動の金庫開錠でした!

金曜夜8時からは、ゲストに秋山ゆずき、丸山桂里奈を迎えて「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロSP」【開かずの金庫2連発&遠距離通学&ディズニー秘蔵映像】を放送。

★越後の武家屋敷&300年続いた豪商の金庫を連続開錠

★20歳女子学生の遠距離通学に密着

★祝40周年!東京ディズニーランド開園当時の貴重映像&今役立つ情報も連発!

どうぞお楽しみに!

PICK UP