「もしも自分がデスゲームに参加したら...」伊野尾慧が出した意外な答え:ダ・カーポしませんか?

公開: 更新: テレ東プラス

dacapo_20230115_01.jpg
1月16日(月)夜11時6分からは、秋元康が企画・原作・脚本を務める完全オリジナルドラマ「ダ・カーポしませんか?」がスタート!
金も運もなく、生きていくことができない状況に陥った8人の男女...そんな彼らの前に現れた謎の男・二宮(武田鉄矢)。彼らの共通点は多重債務者であることだった。
事業の失敗、ギャンブル、慰謝料..."運の悪い"彼らが集められたのは、休業中のとあるホテル。人生の一発逆転をかけ生きるチャンスを与えられた彼らが挑むのは、金と命をかけた"くじ引き"。一体誰が何のために...。ゲームを主宰する"ミスターX"の狙いとは?

武田鉄矢、伊野尾慧 (Hey! Say! JUMP)、マキタスポーツ迫田孝也平田敦子小林涼子長谷川百々花杉本哲太観月ありさと、豪華キャスト9名が集結! 登場人物は全員くせ者で、秋元が仕掛けるまったく先が読めないスリリングな展開に期待大だ。

「テレ東プラス」は、人生の一発逆転をかけてデスゲームに挑む真澄太一役の伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)にインタビュー。物語の展開が見えない中での役作りや、運に対する考え方など、話を聞いた。

太一は"運が悪い人"。それが今後どう変わっていくのか...楽しみです

――ワケありな登場人物たちが、金と命をかけたデスゲームを行う刺激的なドラマ。最初に企画を聞いた時の感想を教えてください。

「率直に、『ドラマでデスゲームができるなんて、うれしい!』と思いました。だって、なかなかプライベートでやることはないですから(笑)。演技の世界ならではの遊び...非常に楽しみですし、いい経験になると思っています」

――秋元康さんの脚本を読んで、いかがでしたか?

「すごくキャッチーなんですよ。秋元さんはドラマの脚本だけでなく、作詞やバラエティー番組の作家など、さまざまなジャンルで活躍されている方なので、ドラマの見せ方も単調ではなく、素晴らしいと感じました。視聴者を引き込ませようとするフックの部分が強い印象があります。
そして今回は、秋元さんのオリジナル脚本ということもあり、先がまったく読めなくて...。死ぬのか死なないのかはもちろんですが、どのようなデスゲームが展開されるのか、全てにおいて気になることばかり。ちなみに僕らも、先々の台本をもらっているわけではないので、視聴者の皆さんと同じように、めちゃくちゃ先が気になります。ワクワクしながら、同じ目線で楽しみたいです」

――先が見えない中、真澄太一という役をどのように演じようと考えていますか?

「これが難しくて...。これまで演じた役は、原作があったり、事前に結末を教えていただいたりしていたので、キャラクターを作りやすかったのですが、今回は、太一の背景以外、未知の部分が多いんですよね。本当はどういう人物なのか、今後どうなっていくのか、分からないことがかなりあるんですよ。役作りという部分では難しいことが多いです。ただその分、役にとらわれすぎず、自由に演じているかもしれません。
お金や生死が関わってくるので、感情の振れ幅はかなり激しい役。これまで見せたことがない表情をお見せできるのではないかと」

――脚本に書かれていない"感情"の部分は、自分で考えて演じることが多いのでしょうか。

「そうですね。でもこれは僕だけでなく、出演者の皆さんも同じことなので。キャラクターによって喜び方が違いますし、狂喜乱舞するなど、面白いと思いますよ。感情が揺れ動くシーンではかなり声が出るので、ヤバい撮影現場だと思います(笑)。共演者の皆さんと、楽しみながら作っていきたいです」

――現場の雰囲気は?

「世代はバラバラですが、和気あいあいとしています。この間、武田鉄矢さんが映画『七人の侍』(1954年)のお話をしてくださったのですが、作品を知っている人や知らない人、タイトルだけは聞いたことある人など、本当にさまざまでした。どんな話でも、年齢のグラデーションで反応が違うのが楽しいです。
今のところ、現場で話題になるのは、やっぱり物語の今後なんですよね。次は誰がどういう死に方をするのか、最後は誰が残るのか...予想合戦を繰り広げています」

PICK UP