M-1王者 ウエストランド井口、みなみかわの言葉に心折れる:ゴッドタン

公開: 更新: テレ東プラス

1月7日(土)放送の「ゴッドタン」は、「マジ歌選手権マジ未公開SP」&「みなみかわの相談相手オーディション」。実は、「M-1」王者もオーディションを受けていた!

M-1王者も追い詰められる

所属する松竹芸能破壊計画を企てるアナーキー芸人・みなみかわが、悩みを受け止めてくれる相談相手を見つけようという「みなみかわの相談相手オーディション」。気が合いそうな後輩として迎えたのは、後に「M-1グランプリ2022」王者となるウエストランド井口浩之

godtongue_20230110_02.jpg
井口いわく「昔からお世話になっている先輩」だというが、みなみかわは渋い顔。みなみかわにとって、井口は面白いイメージはあるものの「相談相手ではない」とバッサリ。さらに「生き方がダサい」と強烈な一言を。「ツイート、服装、顔、全てダサい」と、救いようのないダサさ!?

井口は「芸人なんだから、かっこいいことしてもしょうがない」と反論するが、みなみかわは「ツラツラと文字だけ埋めるよなと思って。時間を文字だけで埋めがち」と意に介さず。

そこで井口が仕掛ける。「売れるとかどうでもいい」「松竹諸共沈んでいく」とめちゃくちゃなことをやっている芸風とは違い、実は「どの先輩より売れる努力をしてるんですよ」とみなみかわの本当の姿を暴露。

godtongue_20230110_03.jpg
しかし、劇団ひとりが「むしろお前は何の努力をしてきたんだ?」とみなみかわに加勢する。戸惑う井口に、みなみかわは「時間あげるから文字埋めろよ。お前なりに仕掛けようとしたんやろ」と追い打ちをかけ、「失敗したな」とニヤリ。

巻き返したい井口は、みなみかわの奥さんが、井口が所属する事務所の社長・太田光代に憧れていることをあげ反撃しようとするも、口ごもってしまい...ついに心が折れる。

みなみかわは、「何が言いたいの? ボケたいのか、毒舌でいきたいのか、俺のこと丸め込みたいのか、決めてこいよボケェ!」と怒声を浴び、ここぞとばかりに"できる風"を装いたい井口を攻める。

当然、相談相手として不成立! もう一度チャンスを与えてもらえた井口だったが...!?

godtongue_20230110_04.jpg
この他、「マジ歌選手権マジ未公開」シーンも、"ヒム子"(日村勇紀バナナマン)のアップデートギャグや、東京03に密着した「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK)でカットされたセリフ、飯塚悟志(東京03)から「マジ世間話じゃねえか!」とツッコミが入った審査員紹介パート、秋山竜次ロバート)の時事ネタタトゥー、さらには出演者の緊張の舞台裏など、盛りだくさん。

次回の「ゴッドタン」は、「劇団ひとりpresents 泣ける下ネタをやりたい選手権」。ゾフィー、ラブレターズとのコラボで、MC陣が渾身の下ネタ演技に挑戦!

PICK UP