ノーブラ&ノーパンで学校へ...貧乏グラドルが学校でのイジメを告白:じっくり聞いタロウ

公開: 更新: テレ東プラス

「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時放送)12月22日(木)の放送は「実家が貧乏vs実家が金持ちSP」。グラビアアイドルが、貧乏すぎてイジメられたドブ色の小中学校時代を大暴露!

「貧乏だから臭い」と言われ...

グラビアアイドルの高橋凜は、小学生の時に両親が離婚。住む家はあったものの、父親が養育費を払ってくれなかったため、2人の子供を育てるため母親は身を粉にして働いたが貧乏生活を余儀なくされることに。

学校では酷いイジメに遭っていたという。地元・新潟は雨が多く、部屋干しの洗濯物は乾きにくい。生乾き臭が気になっても洗い直すと二重にお金がかかってしまうため、そのまま着て学校に行くと、周りから「貧乏だから臭い」と言われるように。陰口を避けるため、お弁当はトイレで食べていたそう。

部活はテニス部とバスケ部に入っていたが道具がないため近所の子からかき集めて参加。遠征時には近所の人の車に乗せてもらっていたが、「あそこの家の子は母子家庭だから関わっちゃダメ」と言われてしまったことも。

その後も高橋へのイジメは加速。中でも一番酷かったのは、鬼ごっこに誘われ靴を履くと、べチャッと何かが潰れる感触が。靴の中を見ると、嫌がらせで入れられていた毛虫が潰れていたという。

高校進学後は家計を助けるためアルバイトを掛け持ち。母親がパン店でバイトし生命保険会社で働く中、彼女もパン店、チケットセンター、ファミレス2店、ラーメン店と5つのバイトを。パン店では、売れ残ったパンを持ち帰って食事の足しにしていたそう。

jikkuri_20221224_02.jpg
そんな高橋は、空腹を満たすために究極の技にたどり着く。「ティッシュを細かくちぎって水に濡らしキュッと握るとお寿司みたいになるんですよ」という高橋に、スタジオから悲鳴が。食感と甘さを味わうだけで飲み込みはしなかったとのこと。

さらに、高校時代には家に泥棒が入り、下着を全部盗まれるという悲劇が! 母親に新しいものを買ってと言えない高橋は、バイト代で買えるようになるまでの3ヵ月間、ノーブラ&ノーパンで学校へ。バイトも同様だったが幸い冬で厚着だったのでバレずに済んだとか。

その他、元お笑いコンビ「弾丸ジャッキー」のテキサスこと武田明神が、借金地獄に転落したクズすぎる生活、貧乏すぎて切なくなる子ども時代を大暴露!

PICK UP