「にぃにも大好きだよ」兄弟の絆に涙...13歳で親元を離れ東京へ!LIL LEAGUE上京物語:Dreamer Z

公開: 更新: テレ東プラス

Z世代のスターを発掘する「~夢のオーディションバラエティー~Dreamer Z」(毎週日曜夜9時放送)。12月18日(日)は、2023年1月11日(水)にメジャーデビューするLIL LEAGUEの上京物語 Episode2を放送。

LIL LEAGUEは、メンバーの平均年齢15.6歳の中高生。全員が地方で家族と暮らしていたが、デビューに向け生まれ故郷を離れて東京で共同生活を送ることに。番組は上京前最後の1日に密着した。

「俺より辛いはずだから」母を支えた17歳

福岡県から上京する山田晃大、17歳。まずは母校の中学校を訪れ恩師たちに上京を報告。中学時代からアーティストになるのが夢で、早退することも多かったが、先生たちの理解と協力があったからこそ、夢への第一歩に繋がった。

一番怒られたという永井先生から「礼儀正しい部分もしっかりあるから、それで今までここにこられていると思う。東京でも頑張ってください」との激励を受け、晃大の気持ちも引き締まる。

dreamerz_20221224_02.jpg
自宅に戻って上京準備。両親と17年間暮らした家とも今日でお別れ。誰よりも晃大の夢を応援してくれていた祖母・京子さんは、昨年12月、晃大が「iCON Z」オーディションに挑戦している最中に亡くなった。晃大は、京子さんの写真に手を合わせ、上京を報告。

一人っ子の晃大。お母さんは、「東京行きたいって言いよったけど、まさか高校卒業する前に行くことになるとは思わないけん」と寂しさをにじませる。旅立つ息子への手紙には、「小さい頃から優しくて、それゆえに傷ついてしまうこともあったと思うけど、持ち前の明るさで周りをいつも楽しませてくれる子でしたね」「ただ前だけを見て頑張る晃大の姿にいろんなことを教えてもらいました」と、晃大との思い出がつまっている。

dreamerz_20221224_03.jpg
手紙には、京子さんが亡くなった時のことも。晃大もオーディションで精神的に辛い思いをしている中、「『俺よりお母さんが一番辛いはずだから』と泣きたいのを我慢してそばにいてくれて、葬儀では『ばぁば、お母さんのことは心配しないで、晃大がしっかり支えるから任せてね』と言ってくれて、いつの間にかたくましく育ってくれてうれしかったよ」と。晃大の目に涙があふれる。

dreamerz_20221224_04.jpg
晃大は「協力があったからこそグランプリをとれて、今いろんな活動をさせてもらっとうけん」と感謝。「次は俺が恩返しします」という晃大に、「あなたが元気でいてくれたら、それが恩返しなので」とお母さん。晃大の涙が止まらない。さまざまな思い出と感謝を胸に、いざ東京へ。

「にぃにのことが大好きです」兄弟の絆に涙

dreamerz_20221224_05.jpg
LIL LEAGUEの最年少13歳の難波碧空は、神奈川県横須賀市から上京。まずはダンスの恩師に挨拶へ。TSUN先生は、「iCON Z」ガールズグループ部門に参加していた角田空徠のお父さんで、番組MC・木梨憲武のライブでバックダンサーを務めたことも。「ダンスの楽しさを教えてくれたのが先生方。人生においての恩人です」という碧空に、嬉しそうな先生たち。TSUN先生によると、小学生の頃は打たれ弱く、教え方が難しかったそうだが、「テレビでも別人なくらいいい笑顔で踊ってるから、見ててこっちがうれしくなる」と。今では同級生や後輩が憧れる存在に成長した。

dreamerz_20221224_06.jpg
自宅に戻り、家族全員で最後の荷造り。3兄弟の長男として次男・碧月くんと三男・碧海くんの面倒も見てきた碧空は、弟たちにとっては頼れるお兄ちゃんだが、両親にとってはまだまだ幼い息子。「朝、ちゃんと自分で起きる」「夜更かししない。すぐ携帯いじくって寝るのが遅くなるから」「まずは自分で考えて決断できるように。分からない時はメンバーを頼って、さらにわからない時はマネージャーさんたちに頼って。パパたちは最後、本当に困った時だけ相談する。何かあったらすぐ電話とかダメだよ」と、愛情たっぷりの激励。碧空は、手で顔を覆って「はい、頑張ります」と答える。

お母さんからの手紙には、「小さい頃から不器用で、自分の気持ちをうまく伝えることができずに悩むこともよくありました」「最近は長男らしく家族のことを気にかけてくれるようになってきて、私もいつも頼りっぱなしでした」「楽しいことや辛い事たくさんあるだろうけど、碧空なら大丈夫!」と、碧空への信頼があふれる。

dreamerz_20221224_07.jpg
さらに、弟の碧月くんからも"にぃに"への手紙が。「にぃにがいなくなっても、碧海はおれにまかせて。かっこいいにぃにのことが大好きです」と、あふれる涙をこらえながら思いを伝える碧月くん。碧空は「碧海は任せた。にぃにも大好きだよ」とぎゅっと抱きしめた。

両親に「13年間育ててくれて、ありがとうございます」と感謝を伝えた碧空は、「帰ってくることは少なくなっちゃうかもしれないけど、大きくなってまた帰ってきます」と頼もしい言葉を残し、旅立った。


次回放送は2023年1月8日(日)。そして1月15日(日)の放送は「LIL LEAGUEデビューSP」! 岩城星那&中村竜大の上京物語、さらに...!?

PICK UP