「田舎に泊まろう!」神回を先取り! IKKOは牛フンの山で...?杉浦太陽は台風直撃、スザンヌはへべれけ!?

公開: 更新: テレ東プラス

いよいよ今夜、伝説の神回が蘇る! 12月18日(日)夜6時55分からは、『田舎に泊まろう!今明かすガチロケ伝説スペシャル』(BSテレ東)を放送!

ある日突然、有名人が「今晩泊めて下さい」とやってくる! 予測不能な笑いと感動で人気を博した伝説のガチロケ番組「田舎に泊まろう!」。しかしその裏には、『放送されなかった爆笑壮絶ハプニング』と『制作スタッフに対する出演者の恨み節』がギュッと詰まっていた!
あれから10数年...「全部バラす」と被害者タレント3人(IKKO杉浦太陽スザンヌ)が大集合! 恨みつらみに感動話、全てをぶっちゃける!

inaka_20221218_01.jpg
もちろん、当時の映像をノーカットで放送。さらに恩人家族との感動再会も実現!
令和ではありえない(?)神回に爆笑、そしてラストはホロリとさせられる...抱腹絶倒でハートフルな2時間だ。※IKKO、杉浦太陽、スザンヌの爆笑座談会はこちら

「テレ東プラス」では、特別に先取りで、神回の見どころをピックアップしてお届けする。

【IKKO(当時46歳) 岩手県遠野市の旅...牛フンの山に?スッピンのまま放浪?】
2008年6月、IKKOがスタッフに放り出されたのは民話の里・岩手県遠野市。
自然あふれる景色に「田舎の空気、気持ちいい」と深呼吸。でも足元は牛フンの山で...!?

inaka_20221218_02.jpg
旅の目的は、遠野市のソウルフード「バケツ焼きジンギスカン」をどこかの家庭でごちそうになること。目についた家を訪ねるが、そのたびに断られ続け...。
そんな中、ようやく家に招き入れてくれたのは一人暮らしのおばあちゃん。でもシャイな性格でなかなか会話も続かず...。

inaka_20221218_03.jpg
当時の映像を見て「痩せてるわよねぇ~。どんだけ~まぼろし~!(笑)」と感想を漏らしたIKKO。「ディレクターから"好きにやってください!"って、ロケは本当に放置プレイだった」と爆笑する。
しかし、お別れのシーンを観終わった後は「この人との縁だけは忘れずにいたい...。忘れがたき人」と号泣。あれから14年...おばあちゃんは今、どうしているのか?

inaka_20221218_04.jpg
【杉浦太陽(当時26歳) 高知県仁淀川町の旅...台風襲来!お泊まり交渉大連敗!?】
2007年9月、杉浦がスタッフに放り出されたのは清流の里・高知県の仁淀川町。
旅の目的は、"仁淀ブルー"と称される清流沿いで暮らす人々と楽しく交流すること。ところがロケの日はなんと台風が襲来。

inaka_20221218_05.jpg
台風対策で扉を閉め切った家々でのお泊まり交渉は当然失敗続き。もはやここまでかと思った矢先、ようやく家に入れてくれたのは、元刑務官で今はリタイア生活を送るご主人のご家族だった...。

inaka_20221218_06.jpg
番組のオープニングで「いいんですか? ロケのことを暴露しちゃって...。家族にも話しちゃだめって言われてたんですけど(笑)」と話し、爆笑をさらった杉浦。台風の実況中継のような過酷ロケになってしまったが、今だからこそ明かせる"超危険"な裏話とは?

【スザンヌ(当時22歳) 青森県十和田市の旅...夜酒朝酒!飲んべえがバレた!?】
2009年4月、スザンヌがスタッフに放り出されたのはまだ雪深い青森県の十和田市。
旅の目的は青森県のご当地調味料「源たれ」を使った家庭料理をごちそうになること。
なかなかごちそうしてくれる家庭は見つからなかったが、やっと温かく招き入れてくれたのは夫68歳・妻66歳のご夫婦。ご主人は無類のお酒好きで、出会った途端にスザンヌと酒を酌み交わし始めた。でもまだ日も沈んでない夕方で...。

inaka_20221218_07.jpg

inaka_20221218_08.jpg
ロケが過酷だと知らずに臨んだスザンヌは、「マネージャーさんへの信頼を失った(笑)」と感想を。番組スタッフの"ある要望"が原因で「(お泊まり交渉の)最後はぶすくれた表情になってしまった...(笑)」と話すが、果たして、そこにあったディレクターの真意とは?

この他、「スタッフはどこに宿泊しているの?」「ロケハンはしている?」「お泊まりが決まらなかったら、何時までロケさせられるの?」など、「田舎に泊まろう!」の真実が次々と明らかになる!

12月18日(日)夜6時55分からは、『田舎に泊まろう!今明かすガチロケ伝説スペシャル』(BSテレ東)を放送! どうぞお楽しみに!

PICK UP