「ニトリ」&「ダイソー」のアイデア一発商品!ある毛布が”人をダメにする”と話題

公開: 更新: テレ東プラス

金曜夜9時からは、ゲストに足立梨花を迎えて、「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」【老舗醤油蔵の開かずの金庫&母を思い感動の遠距離通学】を放送。

「テレ東プラス」では、12月2日に放送された番組の中から、「クイズ!アイデア一発ヒット商品」の内容をプレイバックします。

紹介するのは、全国に752店舗展開する、家具インテリア業界ナンバーワンの「ニトリ」。高さが変えられてダイニングテーブルにもなるコタツや、汚れがつきにくいソファーなど、あったら嬉しいアイデア家具も人気。まさに「お、ねだん以上。」な使い勝手抜群の生活雑貨を取り揃えています。

tokoro_20221206_01.jpg
アイデア一発でヒットしたのは、今年9月に発売した、とある毛布。発売直後からSNSで「人をダメにする毛布」と話題になり、1カ月で1万枚以上売れたそう。いったい毛布にどんな工夫をしたのでしょうか?

tokoro_20221206_02.jpg
その工夫とは、毛布に2つの穴を開けること。この穴に腕を通せば、寝ながらスマホを操作ができます。商品名はそのまま「スマホ毛布」。普通の毛布はスマホを操作すると肩が出て寒くなってしまいますが、これなら首元まで毛布がかかるため寒くありません。
デスクワークでも大活躍! 腕を通せば、ポカポカの状態で作業できると大好評です。

続いては、全国に4000店舗以上展開する100円ショップ「ダイソー」。雑巾にある工夫をしたことで、超画期的だと評判に! 大掃除でも大活躍間違いなしの工夫とは?

tokoro_20221206_03.jpg
ヒットしたのは、「8面使えるマイクロファイバーダスター」。雑巾を本のように4枚重ねて、8面使えるようにした商品です。
普通の雑巾は汚れる度に洗うので、寒い冬は特に大変ですが、これなら汚れた面をめくって拭けば良いため、洗いに行く手間が省けます。
さらに、濡らした面と乾いた面を分ければ、水拭きとから拭きをこれ1つで済ますことができ、お掃除が超楽チンに!

お次は、どこでも使える電動の薄型足元ヒーターなど、アイデア満載のオリジナル生活用品を販売している「ドウシシャ」から。家庭用の照明にある機能を付けたところ、40万台以上売り上げるヒット商品に!

tokoro_20221206_04.jpg
その工夫とは、サーキュレーター機能。「CIRCULIGHT(サーキュライト)」は、7段階の風量調節ができ、360度の首振り機能がついた優れもの。部屋の上にたまった暖かい空気を循環させ、体感温度を3度も高めることができ、電気代の節約に。冬の部屋干しも早く乾かせて大助かり!

tokoro_20221206_05.jpg
最後は、おしゃれに野菜が切れるカッターや、最後まで使い切れるチューブしぼりなど、海外のおもしろキッチン用品を扱う「ユーロキッチンかさい」。ある工夫をしたこちらの商品が、面倒な家事に革命を起こしたそう。

tokoro_20221206_07.jpg
実はこちら、マグネットで容器を挟んで内側の汚れを落とすゴムブラシ。口が狭くて手が届きにくい容器を、楽々洗えるアイテムなのです。これさえあれば、どんな形のガラス製品も隅々まできれいにできると大好評!

以上、「クイズ!アイデア一発ヒット商品」でした!


金曜夜9時からは、ゲストに足立梨花を迎えて、「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」【老舗醤油蔵の開かずの金庫&母を思い感動の遠距離通学】を放送。

▼開かずの金庫を開けろ
村上水軍ゆかりの香川県小豆島で江戸から続く老舗醤油店に眠る開かずの金庫&船箪笥!中から現金&秘宝ザクザク

▼驚きの遠距離通学
東京・西葛西から驚異的な遠距離通学をする爽やか男子学生に密着!睡眠4時間でも叶えたい...母に捧げる夢とは?

▼年末需要で大人気の珍自販機
冬の定番ご当地グルメ&20万円の高級品も

どうぞお楽しみに!

PICK UP